子供と使える夏の保湿化粧品ランキング!【あせも肌も改善】

子供と使う夏の保湿化粧品選びのポイント

夏もエアコンを使っている室内は乾燥するので、肌の保湿は大切です。しかし、夏はやっぱりベタつきも気になりますし、重すぎる保湿剤は使いにくいですね。

特に子供は夏も肌の保湿をしておかないと、日中の汗が肌の刺激になっているので汗疹ができたり肌荒れがおきたりしやすいですが、ベタつく保湿剤は嫌がります。

子供と使う夏の保湿化粧品選びのポイントは3つです。

ベタつかず使いやすいコト
夏のダメージ肌を優しくケアできるコト
子供の肌に負担になる成分が入っていないコト

私が使ってきた様々な保湿化粧品の中で、3つのポイントを満たし、夏も子供が嫌がらずに使えて、保湿効果の高いと感じた物をランキングにしてみました。

赤ちゃん、子供と一緒に使える!夏のスキンケアランキング

第1位

メディプラスゲル

値段180g初回 2,996円(税込)
定期購入3,796円(5%oFF)
返金保証30日間全額返金保証
ランクインの理由ゲル状化粧品には珍しいパラベンだけでなく、フェノキシエタノールも不使用の化粧品ですので、赤ちゃんから使用できます。

ゲル状なので長時間保湿されますがベタつきません。62種類もの美容成分で、夏のダメージ肌をじわじわと改善してくれます。伸びがよくお顔だけでなくボディにも使えるので、子供のあせも対策やおむつかぶれにも効果的です。 

ポンプ式オールインワンなので、お風呂上がりに子供と一緒にパパッと簡単に保湿ケアをすることができるのが魅力です。ポンプ式は子供でも使いやすいようで、わが家の子供たちは入浴後に自分達でスキンケアをしています。

体験レビュー

ピンク矢印【写真あり】『メディプラスゲル』を敏感肌の子供と使ってみました!

ピンク矢印 メディプラスゲルの成分!本当に肌に良いか全成分を徹底検証

 

第2位

アロベビー ミルククリーム

値段150ml 通常購入2,300円(税抜)
定期購入定期購入980円(税抜)送料無料
返金保証 15日間返金保証
ランクインの理由雑誌でも人気の赤ちゃんから使えるオーガニック認証を受けたミルクローションです。乳液のようなサラッとしたテクスチャーなので、夏にも使いやすいです。

成分の安全性が高いのがオーガニックの特徴ですが、自然のものが原料なので、肌に合う合わないが別れやすいです。わが家では上の子2人の肌には合ったようで快適に使わせてもらいましたが、3人目の肌には合わなかったようで、逆に湿疹ができてしまいました。

どの保湿剤でも起こりうることですが、自然のものが原料のオーガニック保湿剤はこの辺りのことも頭に入れて使うのがいいと思います。

オーガニック保湿剤ならではの優しい香りに癒されます。アロマテラピー効果でリラックスもできますね。私の周囲のママさんにも子供の一緒に愛用している人が多い、高評価の保湿化粧品です。

体験レビュー

ピンク矢印アロベビーミルクローションの評価!乳児湿疹に使ってみました

 

第3位

みんなの肌潤糖

みんなの肌潤糖
値段お試しサイズ1,200円(税別)送料別
定期購入毎月お届け2,700円(税別)
返金保証 25日間全額返金保証
ランクインの理由保湿化粧品ではないのですが、肌の保湿にとてもよかったこちらがランクインです。アトピー肌のために開発された、肌のバリア力を回復させるための保湿剤なのですが、夏の乾燥肌やあせもにも効果を発揮してくれました。

風呂から上がる前に肌に軽く塗りこんで、さっと洗い流すタイプの保湿剤なのでべたつきもありません。

天然成分でできているので、赤ちゃんの肌にも安心。

アトピーっ子は姉妹品の「みんなの肌潤ろーしょん」と併用して使うとさらに効果が高まりますが、肌潤糖だけでも肌が変わってきますので、まずは肌潤糖から試してみるのが良いと思います。

全額返金保障が付いているので、はじめて試す時のリスクがないのも魅力です。

体験レビュー

ピンク矢印みんなの肌潤糖を子供と一緒に使ってみました!ありのままレビュー

赤ちゃんや子供のあせもにも保湿が大切

子供は汗っかきなのですぐに”あせも”ができてしまいますよね。私もお風呂に入るたびに目に入る、子供の背中のポツポツ赤い湿疹がかわいそうで仕方がありませんでした。

夏は体の保湿を忘れがちですが、あせも対策にも保湿は効果的です。

汗はただの水ではなく塩分なども含まれていますので、汗をかくだけで子供の肌には刺激になります。さらに汗をかいた状態で時間が立つと、汗をかいた部分には雑菌が繁殖してしまいます。つまり、夏は汗を多くかくので、冬以上に肌は刺激にさらされやすくなるのです。

そんは過酷な状態の肌を守るためには肌の保湿がかかせません。肌はもともと自分を守るためのバリア機能を持っています。このバリア機能はとても優れていて、ちょっとの刺激くらいには負けません。しかし、肌の内部が乾いている状態ではせっかくのバリア機能が低下してしまいます。

肌が全力でバリアできる体力をつけてあげるためには、保湿が必要不可欠です。特に赤ちゃんや子どもの肌はまだまだ未発達なので、保湿を十分にしてあげないと刺激から身を守ることができません。

夏の肌がベタつく季節こそ、冬以上に全身の保湿に気を配ってあげたいですね。

うちの娘は保湿をしたら湿疹ができにくくなりました

うちの娘はアレルギー持ちで肌が弱く、夏になると汗の刺激で膝のうらなどにボツボツした湿疹ができていました。かゆみも強く、寝ている間に搔きむしってしまうようで朝になると膝の裏と指の爪が血で真っ赤でした。

当然、毎年皮膚科通い。ステロイドのお薬を塗り続けては再発するという状態を続けていたのですが、冬だけでなく春先から保湿に力を入れるようにしてから、夏本番になっても湿疹ができにくくなってきました。

まだ、完全にできないという状態ではありませんが、湿疹の数も減って、かゆみもほとんどなくなってきたそうで、症状はかなり軽減されてきました。

うちの娘が今使っているのは、ランキング1位でご紹介したメディプラスです。ポンプ式なのでお風呂上がりに自分で簡単に使えるのがいいようで、皮膚科でもらう保湿剤を嫌がる娘も楽しんで使っています。

さらに追加で使っているのが、華密恋というカミツレ100%のオーガニック入浴剤なのですが、カミツレの保湿効果と抗炎症作用のおかげもあって、メディプラスゲルと合わせて使うと肌の調子がいいように感じています。

スキンケアと入浴剤というように、肌に合ったものを合わせて使うと相乗効果で肌の改善も早いです。何が合うかは人それぞれなので簡単に答えのでるものではありませんが、私は子供の肌を守るために、できるだけ簡単に続けられて、肌に負担のないものを選ぶようにしています。

まとめ

  • 夏こそ保湿が大切
  • 赤ちゃんや子供と一緒に使う保湿剤は成分もチェック
  • ベタつかなず使いやすいこと

夏の保湿剤は冬のようにただガッツリ保湿できればいいわけではなく、保湿はしっかりでも使用感もいい保湿化粧品を選びたいですね。肌に良くても使用感に不満を感じていては生活しにくいですし、心から幸せではありません。

子供は素直なので、使用感が気に入らないとスキンケア自体が嫌いになってしまうこともあります。さらにママと一緒に使える保湿剤を選ぶことで、同じものを使える安心感が子供に芽生え、自分かスキンケアを楽しむようになります。私もお風呂上がりに子供たちと保湿剤を塗り合いっこしたり、遊びながらスキンケアを楽しんでいます。

>>夏も家族で使いやすい高保湿ゲル!今なら1000円引き&2週間ミニボトルつきの詳細はこちら