プモアを使ってみました!酵母と乳酸菌の効果を検証します

肌のガサガサって困りますよね。「手間がかかるケアは嫌だけど、キレイになりたい!「「でも、成分も確かなものを使いたい!」女性ならば誰でも感じることなのではないかと思います。

昔から酒蔵でお酒を造る杜氏の手はキレイだと言われますよね。高級化粧品の代表格とも言える「SK-Ⅱ」の中核を担う「ピテラ」も、酵母から生成される液体です。それくらいパワーを持っている酵母だけでなく、乳酸菌も配合された化粧品があると聞き早速試してみました。

プモアを使ってみました

プモア トライアルセット

公式サイトからプモアのトライアルセットを購入してみました。プモアは日本盛が作っている化粧品です。日本盛!日本酒を研究してきた会社ですね。まさに日本酒酵母のプロが作った化粧品ですので期待できますね

プモアは化粧水とクリームのシンプルケアです。

プモア 化粧水

化粧水のパッケージは、丸っこくて可愛いですね。

使用方法

一緒に入っていた冊子に使い方もしっかり載っていました。

プモア 化粧水の使用感

化粧水を手に取ると、乳白色の液体がでてきました。少しとろみがあって、化粧水と乳液の間くらいのテクスチャーです。成分を見てもしっかり酵母と乳酸菌が配合されています。

プモアの化粧水の成分

でも、日本酒を意識してクンクンと香りを嗅いでも、あまり日本酒の香りは感じませんでした。本当にほのかに「日本酒なのかなぁ・・・?」程度に感じるくらいです。日本酒の香りが苦手な方でも、抵抗なく使用できると思います。

プモア 化粧水の使用感

付けてみると、とろっとしているのに浸透がいいです。肌にすーっと入っているのが気持ちがいいです。500円玉大を一度につけても浸透しますが、2回くらいに分けるとさらに浸透が良くなります。浸透した後も、肌がしっとりしています。

プモア クリーム

化粧水の後には、クリームを使用します。

使用方法

使用量はパール大程です。

プモア クリームの使用感

手にとってみると、クリームとゲルの間くらいの硬さです。すくってみると、ツンっと角が立つくらいしっかりしているのに、伸ばすとスーっとなじんでいきました。香りは化粧水と異なり、フリーラルの香りがします。成分を見るとたくさんの植物オイルが配合されていました。

プモアのクリームの成分

プモアのクリームはアロマオイルの香りでリラックスしながら、酵母や乳酸菌が働いてくれるクリームのようです。

プモア クリームの使用感

テクスチャーはどちらかと言うと軽めなのですが、日中も乾燥を感じることはなく化粧ノリもよかったです

トライアルセットがなくなるまで1週間みっちり使ってみましたが、肌の調子はなかなか良いです。肌のキメが少し細かくなってきたような印象です。また、目尻の細かいシワやほうれい線が気になっていたのですが、肌の奥から弾力が出てきたような気がします。

使用感が良く、2ステップのケアなのでササッとスキンケアが完了するのに、1週間でこれだけの実力を見せるとは、「プモア」なかなかですね。欲を言えば、化粧水にも配合する植物エキスを増やしてもらったり、花水などを使用してもらえると化粧水の段階から香りも楽しめるのになぁと思いました

プモアのトライアルセットは1週間分で1,000円(税込)です。税込で1,000円キッカリというのは、なんだか嬉しかったです。1,000円以上の価値はバッチリ感じられたので、これはお得なお買い物でした。

同じ日本酒酵母のSK-Ⅱも使ったことがありますがお値段が全く違いますので、こういったお手頃価格で酵母の力を試せるのは嬉しいです。さすがその道のプロの仕事ですね。

まとめ

プモアは、肌が内側からピンと元気になってくる化粧品でした。酵母配合の化粧品が2ステップでお手軽に使えて、値段もここまで抑えてあるのは助かります日本酒酵母のことは酒屋に聞けですね。「餅は餅屋」だなぁと実感しました。

ただ、肌の乾燥がひどい場合には、使い方の使用方法だけではちょっと物足りなさを感じる事もあるかもしれません。乾燥肌が気になる方は最初は化粧水を数回にわけて付けると、肌のしっとり感が高まりますプモアは化粧品自体はとなかなか良いので、あなたの肌に合わせた「基本の使い方+α」で可能性の広がる化粧品だと思いました。

妹も一緒に購入したのですが、「肌がふっくらするから継続する」と言っていました。妹とは肌質も違うので姉妹で同じ化粧品を継続して使うとは思っていませんでしたが、プモアは肌質を選ばずに使いやすいのかもしれませんね。