メディプラスゲルとバランシングゲルを徹底比較

メディプラスゲルバランシングゲルは肌の潤いや保湿力が魅力で、口コミでも高評価でリピーターさんも多いオールインワンゲルです。

この2つのゲルの違い、そして妊娠中・産後の乾燥肌に効果があるのはどちらか、メディプラスゲルとバランシグゲルを徹底比較してみます。

 

メディプラスゲルバランシングゲル
 メディプラスゲルのボトル バランシングゲルのボトル
購入価格3,996円(税込)

1000円OFFキャンペーン

2,996円(税込)

5,250円(税込)
送料無料無料
定期購入価格5%OFF

3,796円(税込)

【初回】3,725円

【2回目以降】

15~25%OFF

 

容量180g150g
使用目安2~3プッシュ2~3プッシュ
1ヶ月のコスト約1,998円

初回 約1,448円

約2,625円

初回は約1,862円

商品のタイプオールインワンゲルオールインワンゲル
容器のタイプポンプタイプポンプタイプ
全成分68種類34種類
気になる成分1種類(カルボマー)3種類(カルボマー、ラウロイルラクチレートNa、フェノキシエタノール)
定期購入の間隔30日、40日、60日45日、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月
返金保障 30日間全額保証サンプルを使用して合わなかったら全額返金

(本品が未開封の場合に限り)

特記事項 初回9点サンプルセット付き初回5点サンプル付き

 

メディプラスゲルとバランシングゲルの違いを、ツヤ肌先生さくらの視点で詳しく見ていきたいと思います。

 

1-1 製造販売元を比較


メディプラスゲルとバランシングゲルは、製造販売元が同じです。製造販売元は「サティス製薬」という製薬会社です。

販売元は異なりますが、どちらもサティス製薬で作られている商品であることに気付き、サティス製薬について少し調べてみました。

サティス製薬は、天然植物エキスを使用して防腐剤の代わりにしたり、国産の植物を化粧品として利用する技術、安全性の高いゲルの研究に力を入れている化粧品製造会社で、ゲル化の技術に長けている製薬会社のようです。

肌への効果の評判は、高い技術が支えているのですね。

 

2-1  メディプラスゲルとバランシングゲルの成分を比較


メディプラスゲルとバランシングゲルは製造販売元は同じですが、重点をおいている箇所が違います。

メディプラスゲルは「肌に負担がなく良い成分を!」という考え方の商品です。カルボマー以外は全て肌に良い成分で構成されており、温泉水や天然成分をたくさん使用しています。保湿に優れたセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸なども配合されています。

バランシングゲルは、「肌に優しく天然セラミドとアミノ酸にこだわり」をもった商品です。3つの気になる成分カルボマー、ラウロイルラクチレートNa、フェノキシエタノールが配合されていますが、ひどい敏感肌の方でなければ安心して使えます。

 

3-1 メディプラスゲルとバランシングゲルの価格を比較


メディプラスゲルは180gで¥3,996円税込)、バランシングゲルは150gで¥5,250(税込)です。価格は、一目瞭然でメディプラスゲルがお得です。ちなみに、色々なサンプルが付いてくるのもメディプラスゲルです。

ただし定期購入で購入した場合については、初回のみバランシングゲルの方が安いです。ただ、返金保証の面では、メディプラスゲルが30日間返金保証に対して、バランシングゲルはサンプル使用のみの場合返金保証です。メディプラスゲルは、全て使い切っても返金してくれるそうなので、30日間じっくり試せる利点はありますね。

 

4-1 メディプラスゲルとバランシングゲルの一回の使用量を比較


メディプラスゲル、バランシングゲルともに1回の使用量は2~3プッシュです。

内容量はメディプラスゲルが180g、バランシングゲルが150gでともに約2ヶ月分です。基本的な使用量の違いはありませんが、バランシングゲルはコクがあるタイプのゲルなので、3プッシュでは多く感じる方もいるかもしれません。

 

5-1 メディプラスゲルとバランシングゲルの使用感を比較


メディプラスゲルは、ゲルで包まれながら浸透していく感じで保湿効果が長持ちします。一方、バランシングゲルは、コクのあるゲルでしっかり肌をバリアしてくれる感じです。

メディプラスゲルも肌に保湿のバリアをされている感じがしますが、バランシグゲルはクリームのような使用感で肌を守ってくれます。

両方ともベタつきはありませんが、クリームなどが好きでない方や夏の保湿には、バランシングゲルは少し重たいテクスチャーかもしれません。

肌の中に美容成分を浸透させる事に重点を置くならメディプラスゲルクリーム大好き・肌の表面も乾燥していてとにかく保湿したいという方にはバランシングゲルが良いかもしれません。

 

6 メディプラスゲルとバランシングゲル 赤ちゃんにも使えるの?


メディプラスゲルバランシングゲルは、肌へ優しい化粧品なので赤ちゃんへの使用も可能か気になるところですね。

 

メディプラスゲル

ホームページのQ&Aに、赤ちゃんに使用できるか質問と回答があがっていましたのでご紹介します。

紹介する女性

基本的にはご使用いただけますが、まずは腕の内側等でパッチテストを行って頂くことをおすすめします。
※ただし、乳幼児のお肌は大人の肌と比べて非常にデリケートである為、まず腕の内側で1日お試し頂いてからのご使用をお薦めします。

 

メディプラスゲルは成分としては赤ちゃんに使用しても大丈夫ということですね。皮膚の状態は個人差があるので、大人・赤ちゃんに関わらずパッチテストをした方が安心です。

ツヤ肌先生さくらの見解としては、成分を見てもメディプラスゲルは赤ちゃんに使用しても大丈夫だと思っています。実際にツヤ肌先生さくらの子供たちは、赤ちゃんの頃からメディプラスゲルを使っていますが問題は発生していません。

 

バランシングゲル

こちらはQ&Aにはあがっていませんでしたので、ツヤ肌先生さくらの見解をご紹介します。

バランシングゲルの香料、石油系界面活性剤、鉱物油、着色料などは不使用の肌に優しい化粧品です。ただ、フェノキシエタノールという防腐剤が含まれているため、敏感肌の心配がある赤ちゃんには刺激があるかもしれません

しかし、ドラッグストアで購入することができるベビー用のローションなどには、「メチルパラベン」が使用されていることも多いです。「フェノキシエタノール」は「メチルパラベン」に比べて安全性の高い防腐剤なので、「ドラッグストアで安価で購入できるもので良し!」と考えるならば、バランシングゲルの方が安全性が高いと思います。

 


souhyou

メディプラスゲルとバランシングゲルは・・・

 

● 製造販売元が同じ

● 返金期間はメディプラスゲルの方が長い

● 肌が潤っている感じが好きならメディプラスゲル

● 肌のバリア感はバランシングゲル

● ボロボロが出にくいのはバランシングゲル

● 肌に優しいのは赤ちゃんも使えるメディプラスゲル

 

 【メディプラスゲルとバランシングゲルはどっちがいい??

メディプラスゲルとバランシングゲルは、アプローチの仕方は異なるものの、両者とも保湿に優れたゲルだと感じました。しかし、成分、使用感、価格などからどちらか1つ選ぶのだったら、メディプラスゲルに軍配が上がると思います

メディプラスゲル唯一の気になる成分のカルボマーは、分子が大きい成分なので、体内に吸収されることはなく、洗えば落ちる成分ですので敏感肌で乾燥が気になる方や、成分の気になる妊娠中・授乳中も安心です。

参考になさってみて下さい。

>>メディプラスゲル公式サイトはこちら

 

  関連記事

 

ピンク矢印『メディプラスゲル』の効果!3ヶ月使ってみたレビュー

ピンク矢印バランシングゲルを徹底レビュー!40日間使ってみて感じた効果

ピンク矢印まぶたのくぼみは寝不足のせい?原因と対策を公開!

ピンク矢印保湿をするとリフトアップ効果もあるらしい!?

ピンク矢印保湿が面倒ならコレ!簡単しっかり保湿のコツ

ピンク矢印日焼け止め使用時の化粧直しの方法は?コレで簡単解決!