妊娠中の便秘は肌荒れの原因にも!便秘解消方法

妊娠中は便秘に悩まされる方も多いです。妊娠中、ほとんどの方が便秘を経験すると言っても過言ではありません。

妊娠中の便秘は、体調が優れないのはもちろん、肌荒れの原因にもなりさらにテンションが下がってしまいまいますね。また、便秘がひどくなると痔になることもあるため、たかが便秘とは言っていられません。

市販の便秘薬は子宮を収縮させてしまうので妊娠中は使わない方が良いです。そうなるとどうして良いのかわからなくなりますね。

便秘はつらい便秘から開放され、体にもお肌にも嬉しいマタニティライフを送るため、便秘の原因と改善方法をご紹介しています。

 

妊娠中に便秘になる原因

妊娠するとホルモンバランスが変化や体調の変化で、便秘になりやすくなります。改善するためにはまず原因を知っておきたいですね。

 

1-2 ホルモンバランスの変化


妊娠すると黄体ホルモンが急激に増えます。この黄体ホルモンは、腸の動きを鈍くする性質をもっています。そのため、妊娠中は便秘になりやすくなります。

 

2-2 子宮が腸を圧迫


子宮が大きくなってくる妊娠中期頃から便秘に悩まされる方が多くなります。これは、子宮が大きくなると腸を圧迫してしまい、腸の動きが悪くなるからです。

硬い便は狭い圧迫された狭い空間を通ることができないため、どんどん便秘傾向になってしまいます。

 

3-2 水分不足


妊娠中は血液量が増え赤ちゃんへも水分を送っているため、体の水分が不足気味になります。しかし、実際に喉が渇くことは少ないため、意識的に水分を摂取しないと慢性的な水分不足の状態に陥っている場合が多いのです。

水分が不足すると便は固くなり、スムーズに腸を移動することができませんので、便秘傾向の体になってしまうのです。

 

妊娠中の便秘の改善方法

便秘を早く改善させようと思うと便秘薬を思い浮かべる方もいると思いますが、市販の下剤には子宮を収縮させる成分が含まれているものがあります。

そのため、妊娠中の便秘の改善には、食事や生活を変えていくことが大切になってきます。

 

point1-2 水分補給


妊娠中に慢性的に起こりがちな水分不足の状態を改善してあげましょう。

妊娠中に必要な水分量は1日2リットルと言われています。妊娠中は、意識的に水分補給をすることが重要です。

特に体が水分不足になる時間は、朝起きた時です。寝ている間も汗をかいており、飲食をしないので体は乾燥している状態です。朝起きたらコップ1杯の水を飲む習慣をつけるだけで、腸へも良い刺激になり便秘改善につながります。

最も吸収が良いのは常温の水です。寝る前に汲み置きしておき、朝すぐに飲めるようにしておくと良いですね。

 

point2-2 食物繊維で腸の動きを活性化


便秘の解消には食物繊維が大切です。
食物繊維には「水溶性食物繊維」と「非水溶性食物繊維」の2種があります。

水溶性食物繊維は、便を水分を含んだ状態にして腸の通りを良くする働きがあります。

イモ類、りんごなどの果物、キャベツ・大根、こんにゃく、海藻類、豆類に多く含まれています。
妊娠中は水分不足で便秘になっていることも多いですので、これらの食材を食事に取り入れて、腸をスムーズに通過できる状態を作りましょう。

非水溶性食物繊維は、腸の運動を盛んにする働きがあります。
ごぼう、大豆、穀類、きのこ類、かぼちゃ、サツマイモなどに多く含まれています。

便秘解消には、水溶性食物繊維と非水溶性食物繊維の割合が1:2が理想的と言われています。

日本人の主食「米」にも食物繊維が含まれています。米は、主食から食物繊維が取ることができるので、効率的です。最近ではパンを主食としているご家庭も多く、食物繊維の摂取量が少なくなっています。

パンを選ぶ時は全粒粉を使ったパンを選んだり、米にも麦や玄米を足してみると、無理せず食物繊維を摂ることができますね。ヘルシーなので健康にも、妊娠中の体重管理にもおすすめです。

 

point3-2 菌の力で腸の動きを活性化


乳酸菌やビフィズス菌が腸に多く存在する方には便秘の方は少ないそうです。腸の状態を良くするには、善玉菌を増やすことが大切です。

乳酸菌やビフィズス菌を摂取しやすいのが、ヨーグルトです。
乳酸菌は胃酸に弱いので、食後にデザートとして食べるのが効果的なようです。朝と夕方では、朝食べた方が効果があるという研究結果もありますので、朝食のデザートはヨーグルトで決まりですね。

腸には免疫力を高める免疫細胞がたくさんあります。善玉菌で腸を元気にしてあげることで、風邪などをひかない元気な体を作ることができるのです。

妊娠中はなかなか薬も飲みづらい時期なので、腸を元気にして免疫力を高めたいですね。

 

point4-2 適度に運動する


妊娠中は、大きなお腹やホルモンの影響で、腸の動きが悪くなっています。散歩など適度な運動をすることで腸の動きがよくなりますので、体を動かす時間を心がけましょう。

軽く腰を回すだけでも腸に良い刺激を与えることができます。妊娠中の腰痛予防にも良いので、軽く腰を回してみましょう。

回し過ぎはお腹の張りにもつながるので、注意しながら行いましょう。

 

point5-2 産婦人科で相談


①~③で改善が見られない場合は、産婦人科で便秘薬を処方してもらいましょう。

妊娠中は市販の便秘薬を使うことは危険ですが、産婦人科では妊婦さんでも安心して使える便秘薬を処方してくれます。

マグネシウム系の便秘薬は、妊婦さんも服用することができるので、産婦人科では主にマグネシウム系の便秘薬が処方されています。ツヤ肌先生さくらも「マグミット」という便秘薬を処方してもらっていました。

検診の時に、気軽に相談してみましょう。

 


ツヤ肌先生さくらのまとめ

妊娠中の便秘には市販の便秘薬は使うことができません。食物繊維の多い食事、水分補給、ヨーグルトなどの乳酸菌、軽い運動など生活を少しずつ見直していきましょう。

どうしても改善されない時には、気軽にお医者さんに相談してみて下さい。便秘で悩んでいる妊婦さんはとても多いので、全く恥ずかしくありませんよ。

妊娠中の便秘は辛いものです。便秘は肌荒れの原因にもなりますので、しっかり改善したいですね。

 

【 関連記事 】

緑色の右矢印 妊娠中はなぜ乾燥するの?原因を徹底解説