バランシングゲルの使い方をご紹介!効果的な使い方は?

セラミドを始めとする保湿成分が配合されたラメラ構造のゲルで、保湿力に高い評価が集まるバランシングゲル。

使い方を工夫して、効果を高めたいですね。バランシングゲルの基本的な使い方と、さらに効果アップの使い方をご紹介しています。

 

バランシングゲルの基本的な使い方

 

バランシングゲルの冊子に書かれている基本的な使い方をご紹介します。

使い方

1-1 洗顔後、2~3プッシュ手にとって、肌にのせます。

2-1 顔全体に優しくなじませながらのばします。

3-1 特に乾燥が気になる部分には、重ねて使うと効果的です。

4-1 手のひらで顔全体を包み込むように、じっくりとなじませます。

5-1 ネックやデコルテんケアにもお使いいただけます。

 

< ポイント >

・ 肌をより深く潤すために、手のひらの温かさを利用して、じっくりとなじませて下さい。

・ 年齢の出やすい目元や口元、また毛穴、シミ、シワ、たるみなどが気になる部分には、たっぷりと使います。

 

バランシングゲルの効果アップの使い方

 

基本的な使い方がわかったところで、バランシングゲルをより効果的に使う方法をご紹介します。

point1-2 マッサージクリームとして利用する


バランシングゲルは、オールインワン特有のボロボロがでません。そして、コクがあり伸びの良いゲルが特徴です。

この特徴を活かして、マッサージクリームとして使用してみてください。ゲルをなじませている時に、優しくマッサージするだけでも効果アップです。毎日のケアに簡単にマッサージを取り入れることができるのは、バランシングゲルならではです

 

 

ポイント2 少量ずつ付ける


バランシングゲルはこってりしたゲルです。そのため基本の使い方のように2~3プッシュ一度に顔に付けると、ゲルの浸透に時間がかかります。

1プッシュずつ肌に浸透させることで、浸透力・保湿力がアップします

 

 

ポイント3 乳液として利用する


バランシングゲルはオールインワンゲルなので、これ1本でスキンケアは完結します。しかし、あえて乳液として使用します。

バランシングゲルは肌をバリアし、保湿してくれます。セラミドなどの保湿成分はたっぷり含まれているのですが、欠点は水分の浸透に時間がかかることだと思います。その欠点を補い、さらに肌の潤いをアップさせるには、バランシングゲルを付ける前に化粧水を付けるのが効果的です。

バランシングゲルは、肌に優しい成分で作られているので、化粧水も余計な成分が入っていない肌に優しい化粧水を使うと良いですね

保湿はバランシングゲルにおまかせで大丈夫なので、アベンヌウォーターなど肌の水分補給だけを考えた余分な成分が入っていない化粧品を使用すると、バランシングゲルの良さがより引き立ちます。

 


ツヤ肌先生さくらのまとめ

基本の使い方でも十分保湿効果が感じられるバランシングゲルですが、少し使い方にアレンジを加えるだけで、バランシングゲルの効果がアップします。

その日の肌の状態にあった使い方で、バランシングゲルの保湿効果を最大限肌に活かしましょう。