美GENE(美ジーン)の成分は?全成分を詳しくご紹介!

美GENE

遺伝子レベルで肌質を検査して、合った化粧品を使えると話題の美GENE。

美GENEは公式サイトに成分についての具体的な記載がないため、どんな成分の化粧品が届くのか疑問に思っている方も多いのではないしょうか。

美GENE(美ジーン)は、遺伝子検査の結果によって最適な化粧水が送られてくるシステムなので、残念ながら美GENEの全ての化粧水の成分まではわからないのですが、ツヤ肌先生さくらの元に届いた化粧水の全成分をご紹介します。

たった1種類の化粧水の成分公開ではありますが、美GENEの化粧水への基本的な考え方を知ることはできると思います。

美ジーンの全成分はコレ!

ツヤ肌先生さくらの肌タイプは、「QJN」タイプという、肌のうるおいや柔軟性はあるけれど、極度の敏感肌という結果でした。

「QJN」タイプの全成分は・・・

美GENEの成分

水、DPG、グリセリン、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルアミド、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル、フラーレン、トレハロース、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、PVP、BG、アルギニン、クエン酸、フィチン酸、酸化銀

 

QJNタイプの全成分は、全部で14種類

意外と少ない成分で構成されていますね。

そして、化粧水にあまり見かけない成分の名前もあります。美GENEは化粧水の内容も今までの化粧水とちょっと違うようですね。ちょっとテンションが上がります。

もちろん公式サイトに書かれているように、肌に負担となるパラベン・フェノキシエタノール・エタノール・着色料・合成香料は無添加でした。

 

美ジーンの成分はどんなもの?全成分を検証

それぞれの成分の効果を詳しく見ていきます。

 

1 


化粧水の命である「精製水」です。精製水とは、水の中の不純物を取り除いた綺麗な水です。

 

2-1 DPG(ジプロピレングリコール)


高い保湿作用のある成分です。保湿剤としての他、使用感を良くするためにも使われます。

トウモロコシやリンゴからも作られます。

ただ、そのままのDPGは粘膜や肌に刺激を与える恐れがあるため、配合1.0%までの基準が設けられている成分でもあります。規定内ならば心配はないようですが、正直この成分だけはなぜ配合されているのか少々疑問を感じます。

 

3-1 グリセリン


保湿効果が高い天然成分です。抗アレルギー作用もあるので敏感肌やアトピー肌の方の保湿によく使われています。

 

④ピンク ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルアミド


別名「シンエイク」とも呼ばれているヘビの毒に入っている成分です。

もちろんヘビの毒をそのまま使っている訳ではありませんので安心して下さい。

筋収縮抑制作用があり、シワやたるみをケアする効果があります。

 

5-1 カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル


一番驚いたのはこの成分です。

通称「ナールスゲン」と呼ばれている成分で皮膚の伸縮性に欠かせないエラスチンを1.5倍に増やし、肌のコラーゲンを2~3倍に増やす効果があります。

まだまだ使っている化粧品は少ないのでテンションが上がりました。

 

6 フラーレン


ビタミンCの172倍の抗酸化力があり、エイジングケアで注目を浴びている成分です。

肌の活性酸素に効果を発揮し、とても低刺激なので、多くの美容皮膚クリニックでも使用されています。

エイジングケアでお馴染みのビタミンCやアスタキサンチン、コエンザイムQ10などの成分よりも、持続性があり安定性が高いのが特徴です。

抗酸化成分は紫外線に弱いのですが、フラーレンはその持続力で紫外線にも負けません。

まさに、エイジングケアの救世主的な存在ですね。

 

7 トレハロース


トレハロースは糖類の一種です。食品にもよく利用されています。高い保湿効果があり、肌を内側から守る効果もあります。

 

8 (エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10


使用感をよくするために使用されます。

保湿効果や肌のバリア性もあるので、皮膚の水分の蒸散を防ぐ効果もあります。

 

9 PVP(ポリビニルピロリドン)


合成ポリマーの1種ですが、安全性は高い成分です。

「フラーレン」は水に溶けにくいため化粧品に効果的に配合するため、フラーレンとセットで配合されていることが多いです。主な目的はフラーレン配合のためですが、PVP自体にも肌の保湿作用があります。

 

10 BG(ブチレングリコール)


BGは肌に刺激がなく、殺菌と保湿の効果を得られる物質です。

「フラーレン」を化粧水に溶けやすくするために使用されています。

 

11 アルギニン


アミノ酸の一種です。保湿効果や、肌の調子を整えてターンオーバーを正常にする効果があります。

 

12 クエン酸


血流を良くして肌あれを改善する効果や、肌を引き締める効果、古い角質を取り除きやすくするピーリング効果があります。

化粧水のPHを肌と同じ弱酸性に保つ効果や品質保持作用もあります。

手作り化粧品でもよく使用される成分です。

 

13 フィチン酸


植物由来の安全な抗酸化剤です。米ぬかや豆類に多く含まれており、古くから生活の中で利用されてきました。

フィチン酸には肌の活性酸素の元となる物質を排出する効果があり、肌の老化を防ぎます。また、肌の代謝を良くする効果、コラーゲンの生成を整える効果などもあります。

 

14 酸化銀


高い殺菌・消臭作用があります。化粧品には防腐剤として配合されています。

 

 


ツヤ肌先生さくらのまとめ

 

美GENEの成分は、なかなか興味深いと思います。

まだまだ多くの化粧品に使われていないような成分は価格も高くなりがちですが、美GENEは良いものは積極的に使う姿勢が見られました。

ただ、濃度はそう高くないと思いますので、効果がでるまでには時間がかかると思います。

2016年6月現在、美GENEの新規購入(モニターコース)は終了しています

面白い化粧水ではありましたが、継続する方が少なかったのかなぁと勝手に想像しています。

でも、もっと魅力的な成分の化粧品もありますので、あなたのベストが見つかるまで頑張っていきましょう。

>>使ってよかった!エイジングケアランキングはこちら

 

  関連記事

 

ピンク矢印肌荒れ回復には時間も必要!?回復時に気をつけたい失敗はコレ!

ピンク矢印グロースファクターって何?もはやエイジングケアの常識!?

ピンク矢印目元の老化を防ぐには?目元対策は早めのケアが肝心

ピンク矢印乾燥肌でも大丈夫!化粧のりを良くする対策

ピンク矢印敏感肌はシワ・シミの原因になる!敏感肌の方が気をつけたい行動

ピンク矢印ほうれい線は笑うとできるの??