化粧品が合わない!?化粧品で肌荒れした原因は?

悩む女性

化粧品を使ってヒリヒリしたり赤みがでたり、肌がガサガサになったりと「肌荒れ」の症状を経験したことがある方は意外と多いものです。

敏感肌の方は化粧品が合わず、そのような状況をずっと繰り返して来ているかもしれません。

そのせいで、今の化粧品に満足している訳ではないけれど、他の化粧品に変えるもの怖いと思っているかもしれませんね。

どのような症状がでたら化粧品が合わないという事なのか、そしてその化粧品があなたの肌に合わなかった原因をしっかりと把握することで、本当にあなたの肌に合った化粧品を見つけやすくなります。

化粧品が合わない時の肌荒れの症状

肌荒れの気になる女性

化粧品が合わなかった時に出る症状は次のようなものがあります。

 

 

汗  ヒリヒリする、しみる


化粧品が肌に合っていない時に、最も感じやすいのがヒリヒリしたり、しみたりするものです。

小さな傷などが出来ていて化粧品がしみている場合もありますが、この症状がでたら要注意です。

化粧品を使用してすぐにヒリヒリする場合は、一旦使用を中止し数日後にもう1度試してみます

それでもヒリヒリする場合、残念ながらその化粧品はあなたの肌に負担となる成分が含まれている可能性が高いです。

ヒリヒリと一緒に赤みが出た場合には、即使用を中止しましょう。

 

汗  赤みが出る


化粧品を使用して赤みがでる場合、化粧品の成分が合っていない可能性が高いので使用を中止します。

この場合、使い続けても肌の状態は悪化することが多く、アレルギーの可能性もありますので、基本的にはもう使用を断念した方が良いと思います。

化粧品会社のお客様センターなどに相談してみるもの1つの方法です。化粧品に返金保証などがある場合には、対応してもらいましょう。

 

汗 かゆみが出る


かゆみが出る場合、2つの原因が考えられます。

1つは肌の乾燥によるもの。もう1つは成分が合わない事によるものです。

化粧水を重ねづけするなどして2~3日様子をみてもかゆみが治まらない場合、化粧品の使用を中止しましょう。

化粧品を中止してかゆみが良くなれば、化粧品が合わなかったという事ですね。

その化粧品に使用されている成分をメモしておきましょう。

 

汗 湿疹が出る


湿疹もアレルギー反応が出たときに多く起こる症状です。

化粧品を使ってすぐに湿疹がでた時には、化粧品をよく洗い流して化粧品の使用を中止します。

 

汗  肌がガサガサになる


化粧品が合わない時にはもちろんですが、化粧品の使用方法を誤っている場合にもよく起こる症状です。

化粧品は使用方法を間違うと、どんな良い化粧品でも効果が発揮されす肌がガサガサになることもあります。

他の症状が出なければ、使用方法を見直して1週間程様子をみます。

1週間して改善が見られなければ、化粧品の使用を中止しましょう。

 

汗 ニキビができる


ニキビは肌が乾燥しても、オイリーになり過ぎてもできます。

まずは、その化粧品でしっかり保湿ができているかチェックしてみましょう。

最初は調子が良かったのに化粧品を使用して1~2週間程したらニキビが出来た場合、ターンオーバーが整ってくると自然とニキビも治り肌がキレイになることもあります

一方、使用した翌日にニキビが多く出来ていた場合には、化粧品が合っていないと判断し使用を中止します。

 

これらの症状が出やすい方は、化粧品を使う前に二の腕の辺りでパッチテストをするようにしましょう。

化粧品が合わない原因は?

ピンクのチェックマーク  体質・体調


体質はもちろんの事、化粧品が合わなかった原因の1つは体調です。

生理前や生理中は肌がデリケートになったと感じる方は多いものです。生理の他にも妊娠・出産、更年期など、女性の肌の状態は一定ではありません。

この弱った肌の時に、体質に合いにくい成分を含む化粧品を使うと、普段は平気な化粧品であっても肌が刺激を感じて肌荒れの症状が出ることもあります。

また、体調を崩していて免疫力が落ちているときにも、同様のことが起こりやすいです。

 

ピンクのチェックマーク  成分


肌に合う化粧品、合わない化粧品は人によって違うものです。

アトピー肌や敏感肌で同じような症状が出ていたとしても、本当に合う成分は一人一人違います。

 

病院で処方されてる薬は対処療法なので、その症状を抑えるためのものです。

そのため、基本的に使用は一時的なものと考えられ、症状が同じならば同じ薬が処方されるかもしれません。

しかし、基礎化粧品は毎日のケアに使い、肌とじっくりと向き合っていくものです。肌そのものを強く・元気にしていくには基礎化粧品が重要です。

あなたの肌を本当に良い状態にするためには、他人の評価よりもあなたに合った化粧品を選ぶことが大切です。

 


ツヤ肌先生さくらのまとめ

化粧品が肌に合わないと思われる症状がでた場合には、一旦使用を中止しましょうそれから、体調の変化がなかったか、気になる成分が入っていないかチェックし、あなたの肌にその化粧品が合わなかった本当の理由を探りましょう。

 

最近の化粧品は返金保証の付いている化粧品も多いので、「合わない化粧品が多い」と感じている方は、返金保証付きの化粧品を選ぶもの1つの方法です。

返金保証付きの化粧品は、その化粧品に自信があるから返金保証をつけていますので、成分にもこだわった化粧品が多いです。

世の中には様々なコンセプトで作られた、たくさんの化粧品があります。

あなたの肌に合った化粧品もきっとあります。

まずは、「化粧品が合わない」という状況を繰り返さないためにも、どのような成分が配合された化粧品が合わなかったのか、自分自身の肌を分析してみるのが近道かもしれませんね。

 

>>成分から見直す!100%天然成分のオーガニック化粧品はこちら