産後の乾燥肌対策!つるすべ肌を取り戻す3つのポイント|momhada

産後は前触れもなく突然乾燥肌になることがあります。赤ちゃんのお世話で忙しい中、肌まで乾燥してボロボロになってしまうと気持ちも滅入ってしまいますよね。出産の頑固な乾燥肌を、キレイなつるすべ肌に戻すためのポイントは3つです。今日から自宅でできることばかりなので、ぜひ生活の中に取り入れてみてください。

産後の乾燥肌を撃退!つるすべ肌を保つ3つのポイント

ホルモンバランスの変化を認識する

スキンケアする女性

女性の体は、妊娠・出産で体が大きく変化しています。妊娠前の女性の体は、プロゲステロンエストロゲンの2つのホルモンが入れ替わって、生理の周期などがきています。

しかし、妊娠するとプロゲステロン・エストロゲンはどちらも増加します。プロゲステロンは、胎盤を完成させて赤ちゃんを守るために働き、エストロゲン母乳の準備をしたり赤ちゃんを迎える準備をするのに働いています。大切な2つのホルモンですが、ママの体調の変化も引き起こしているのもプロゲステロンとエストロゲンです。

しかし、産後は今まで増え続けていたプロゲステロンとエストロゲンが急激に減少します。体のホルモンバランスが一気に変わることで、肌の変化、体調の変化、メンタル面の変化に影響を与えてしまうのです。

肌の状態がベストでないことを理解し、ストレスを減らす

産後のホルモンバランスの変化は避けられません。だからこそ、自分の体の変化を理解し、突然の肌の変化にストレスをためないことが大切ですね。肌の変化やイライラは受け入れがたいことです。しかし、今のママの体は新しい命を守ることに一生懸命な状態です。そんな自分の体を誇りに思ってあげて下さい。母は偉大ですね。

「乾燥肌は敵ではなく、自分の体が頑張っている証拠。フォローしてあげればOK!」と捉えましょう。これだけで、多少ストレスは少なくなるなるはずです。

「そんなことで乾燥肌は良くならないよ!」というお怒りの声も聞こえてきそうですが、肌の一番の敵はストレス。乾燥肌へのストレスの他にも、寝不足でのストレスもたまりやすい時期なので、いかにストレスを軽減していけるかが、この時期の美肌には重要です。ぜひ、自分の状態を肯定的に受け入れてあげましょう。その上で、しっかりフォローはしてあげたいですね。

短時間でしっかりスキンケアを行う

妊娠中は体調が優れないこともあり、産後は子育てに追われて自分のスキンケアの時間は確保しづらいものです。
高価な化粧品を使っていても、毎日継続してケアしていかなければ高い効果は望めません

私(さくら)も、産後の乾燥肌に悩み高級化粧品に助けを求めた時期もありました。でも、高級化粧品も丁寧に化粧水をコットンでパッティングしたり、クリームをしっかりなじませることで効果がでるんですよね。日々の疲れと慣れない育児でコットンでゆっくりパッティングをしている余裕がなく、良いものを使っても当然効果は薄いです。それが分かっているからこそ、丁寧なスキンケアができない自分に余計ストレスがたまっていました。

だからこそ、産後の忙しい時期は、無理をせずにスキンケアが短時間で可能で、継続することが負担にならない基礎化粧品を選ぶことが重要だと感じました。

最近は簡単ケアで継続が苦にならない、保湿に優れた商品がたくさんあります。毎日のケアを継続するからこそ、肌の状態が改善されていきます。化粧品を選ぶ時には、その化粧品でのケアが負担にならないかも選ぶ基準に加えてみてください

>>24時間うるおう!?肌に優しい高保湿ゲルを使ってみました

産後の乾燥肌でザラザラ肌になった時のケアは?

産後に乾燥肌が進んで肌がザラザラになってしまった…」そんな時は保水を重点的に行ってみてください。ザラザラ肌になると洗顔時にこすってしまうがちですが、ガサガサを悪化させないためには、まずは肌の潤いを取り戻すことが最優先です。肌を乾燥から守るために必要なのは、補水と保湿です。

まずは肌に補水

補水とは読んで字のごとく肌の水分を外側から補ってあげることです。化粧水を惜しみなくたっぷりとつけて、肌に水分を与えてあげましょう。高い化粧水を少量使うよりは、安い化粧水であってもたっぷりと使う方が効果が高いです。また、肌の乾燥が進みザラザラしている状態では肌が軽く炎症を起こしていたり、デリケートになっている可能性があります。そのため、使う化粧水は肌に負担の少ない化粧水を選ぶのも大切です。

アベンヌウォーターなど、防腐剤などを使っていない温泉水をつけておくのもいいですね。アベンヌウォーターはスプレータイプで霧のような細かいミスト状で出てくるので、肌への浸透もいいので私もよく使っています。赤ちゃんから全身に使えますし、手を触れずに付けられるので肌への負担が少なくなるのも気に入っています。

しっかり保湿でザラザラ肌を撃退

肌の奥にしっかりと水分を与えたら、水分が蒸発するのを防ぐために保湿を忘れないようにしましょう。お気に入りの乳液やクリームがあればそれで大丈夫です。

ベタつくが苦手な方は、高保湿ゲルなどを使うと肌の保湿と肌表面のサラサラ感を得ることができるので便利です。私が実際に使って良かった高保湿ゲルをご紹介していますので、ご参考にしてみてください。

>>ベタつかないのにしっとり続く!?高保湿ゲル体験談はこちら

クリームやゲルを使用量の1.5倍〜2倍くらいの量を手のひらで温めてから顔に優しく広げて、ラップを広げてパックをするのも効果的です。ラップの上からさらに蒸しタオルを顔の上に乗せるれば、保湿クリームやゲルの浸透をグッと高めることができます。*ラップで口や鼻を覆ってしまわないように注意しましょう。

家にあるものでできるケアなので、時間が取れる時にスペシャルケアとして取り入れてみてください。ザラザラ肌がしっとり柔らかくなるのを感じられます。翌朝の肌が楽しみになるケアです。

洗いすぎにも乾燥肌のもと!?

乾燥肌の方の多くが肌を洗い過ぎている傾向にあります。汚れを落とすことは大切ですが、ゴシゴシこすったり、高い温度のお湯で洗ったりするのは逆効果です。化粧品にはこだわるけれど、クレンジングや洗顔にはあまりこだわらない方も多いです。

クレンジングや洗顔は肌の負担になりやすいものです。意外とクレンジングを変えただけで、乾燥肌が改善されてという方も多いので驚きます。産後の忙しい時期だからこそ、簡単・スピーディー・肌に優しいを合言葉にクレンジングを探してみるのもおすすめです。

私はダブル洗顔不要のクレンジングゲルを使っています。ゲルなのでオイルクレンジングのように肌に刺激を与えないですし、温感パック効果もあるゲルなので、子供と一緒のお風呂でも30秒でクレンジングと洗顔とパックが完了します。探すと産後の時短美容に活躍するコスメがたくさんあるので、ぜひ気晴らしにコスメ探しをしてみてはいかがでしょうか。

私がいま使っているのは「メディプラス クレンジングゲル」というクレンジングゲルなのですが、ゲルのクレンジングはメイク落ちが悪い!という私の中での常識をくつがえしたクレンジングです。

>>W洗顔不要の温感パッククレンジングを使ってみました!←こちらで実際に使った使用感や口コミや評判をご紹介していますので、クレンジング選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

さくらのまとめ

乾燥肌は敵ではなくフォローすべきものです。今のあなたの体は赤ちゃんを育てることに精一杯で、肌の事は後回しになっている時期です。育児での寝不足も今だけの悩みです。乾燥肌はスキンケアでフォローすることができますので、「自分の体が頑張っている証拠」と肯定的に捉え、乾燥肌になってしまった事へのストレスは貯めないようにしましょう

ストレスはつるすべ肌の敵です!!

簡単スキンケアでも優秀な商品はたくさんあるので、継続できるケアを選ぶようにしてみてください。産後の乾燥肌はしっかりとした保湿を毎日してあげることで、改善がみられるようになります。乾燥知らずのつるすべ肌のママを目指していきましょう。

>>【安心成分】妊娠中・産後のスキンケアランキング

  関連記事

 

ピンク矢印産後の肌荒れ!ママのお肌にはこんなことが起きている

ピンク矢印出産で老けるは本当?出産老けの真相とは

ピンク矢印出産こそエイジングケアのタイミング

ピンク矢印産後のクマが治らない!!頑固なクマを改善する方法

ピンク矢印妊娠中・産後の肌のかゆみから解放

ピンク矢印産後の敏感肌はいつまで続くの?