【シャボン玉石けん】で洗顔しました!毛穴への効果を1ヶ月検証!!

シャボン玉石けんで洗顔するのがいい!!とSNS でも話題になっています。ちょっとのぞいてみると、

「毛穴もキレイになった!」

「アトピーだけど、皮膚科ですすめられたシャボン玉石けんで洗顔したら調子がいい」

「高い洗顔石けんよりシャボン玉石けんで洗顔する方が肌が潤う気がする」

などの投稿が目に入りました。

美容意識の高い人がひっそりと使っていたシャボン玉石けんが、数年前から話題沸騰のようです。シャボン玉石けんでの洗顔は肌にいいのか、そして本当に毛穴はキレイになるのか実際にシャボン玉石けんで洗顔して検証しました。

シャボン玉石けんで洗顔しました!1ヶ月で毛穴はどうなった?

シャボン玉石鹸を朝と夜の洗顔に使ってみました。夜はリキッドタイプのメイク落としを使った後にシャボン玉石鹸で洗顔しました。

シャボン玉石鹸には普通の浴用石鹸とベビーソープがあるのですが、私はベビーソープを使用しています。(理由はこの記事の下の方でご紹介していますので、ご興味があれば読み進めてみてください。)

鼻とほっぺの毛穴の汚れと開きが気になっていたのですが、毛穴の汚れが軽減して目立ちにくくなりました。

毛穴の開きが軽減してくるにつれ、メイク法も良くなりましたしメイクが落ちにくくなったように感じます。おかげで最近は夕方までメイク直しなしで過ごせています。

今回私はポンプ式のシャボン玉石鹸ベビーソープを洗顔用として使いました。泡はとってもきめが細かいです。一見密度が低いように見えますが顔につけるとしっかりと顔を包み込んでくれるので全く問題ありません。

きめ細かい泡は1番毛穴の目立つ鼻の毛穴にもしっかり入り込んでいく感じがします。洗い上がりは石鹸なのにしっとりして皮膚はツッパリません。でもしっかりと現れた感じはあります。石鹸なので使用感、洗浄力に不安もあったのですが使用感、洗浄力ともに◎です。

シャボン玉石鹸の毛穴回の効果は決して即効性のあるものではありませんでした。ピーリングのようにいちど使ったら目に見えて毛穴の汚れが落ちて見えるものでもありません。毛穴パックのように毛穴に詰まった角栓が見えるわけでもありません。そういったすぐに目に見える効果が欲しいならばシャボン玉石鹸で毛穴ケアをすることはおすすめしません。
ただ、シャボン玉石けんは、肌に負担なく毛穴の奥まで洗顔することができます。洗顔後は突っ張らないのに肌がすっきりしているのを感じました。
肌の力をアップさせ、毛穴が開いた状態を徐々に改善して根本的な毛穴ケアを望むのであればシャボン玉石鹸は良い石鹸だと思います。

シャボン玉石けんの浴用石けんとベビー石けんどちらが洗顔にいい?

シャボン玉石けんには、浴用石けんとベビー石けんがあります。

その違いはアボガドオイルの有無。

浴用石けんとベビー石けんの成分は、共に石けん素地のみです。
しかし、ベビー石けんは石けんの元である石けん素地を作る過程でアボガドオイルが配合されています。

アボガドオイルは保湿効果が高く、古くから美容に使われてきました。オーガニック化粧品の保湿成分としてもよく目にする成分です。

浴用石けんとベビー石けんの両方で洗顔をしてみましたが、洗顔後の肌のツッパリ感がないのは断然ベビー石けんでした。
もちろん浴用石けんも悪くはなかったのですが、良くも悪くも無添加石けんでした。

シャボン玉石けんのベビー石けんは、無添加石鹸とは思えない、肌のしっとりさなので、肌に優しい洗顔プラス肌の潤いを求めるならばベビー石けんがおすすめです。

シャボン玉石けんにはデメリットもありました

いいとこだらけのシャボン玉石けんに思えますが、実際に使ってみるとやっぱりデメリットもありした。

シャボン玉石けんの最大のデメリットは、溶けやすさ。

洗顔後にシャボン玉石けんを石鹸トレーに乗せてお風呂場に置いておきましたが、あっという間になくなってしまいました。

朝と夜の洗顔にしか使っていないのに、1ヶ月もちませんでした。

どうやらシャボン玉石けんは無添加だからか、溶けやすいようなんです。

石鹸トレーに置いたとしても、お風呂場は湿気が多いのでどうしても溶けやすくなります。
お風呂場で使った後は、洗面所まで持ってきてよく乾燥させる必要がありました。
ちょっと面倒ですが、衛生的でもありますし頑張りました。

でも、毎日使っているとやっぱり面倒…
そんなとき、シャボン玉石けんにはポンプタイプのベビー石けんがある事を発見しました!

実際に使ってみたところ、ポンプタイプのシャボン玉石けんは3ヶ月もちました。
お風呂場におきっぱなしでも、全く問題ありません!

ポンプタイプの泡って自分でネットを使って立てた泡よりもキメが粗い気がして避けてきたのですが、シャボン玉石けんのポンプタイプのベビー石けんはちょっと違いました。

確かに泡の弾力は固形石鹸に比べると柔らかめになりますが、泡のキメはポンプタイプの方が細かいです。
泡の柔らかさも、実際に洗顔してみると気になる程ではありません。
キメが細かい泡は、顔全体に広げて優しくクルクルするだけで、毛穴の奥まで入り込む感じがします。

すっきりするのに、しっとりするという不思議な感覚でした。

そして、何と言ってもラクでした。
洗顔時にポンプを押すだけなので、泡立てネットもいらないし、何より時短になります。
忙しい朝には嬉しいです。

ただ、ポンプタイプのベビー用のシャボン玉石けんは、固形に比べると値段も3倍です。

でも実際に3倍長持ちしますし、使い勝手とキメの細かさがプラスされるので、お得感からもポンプタイプがおすすめです。

値段が3倍!と言っても1000円以下ですしね。
1000円以下で3ヶ月使えるなんて、素晴らしい!

1度ベビー用のシャボン玉石けんでの洗顔を知ってしまうと、なかなか普通の洗顔フォームには戻れそうにありません。

 

ツヤ肌先生さくらのまとめ

シャボン玉石鹸での洗顔は、毛穴ケアにも効果を感じました。速攻性はありませんが、徐々に毛穴がきれいになっていきます。

使ったその日に毛穴をきれいにしたい方には向きません。

皮膚科の医師から勧められただけあって、シャボン玉石鹸は肌に負担がなくてよかったです。洗顔で肌がヒリヒリしやすい方や季節の変わり目に敏感肌になりやすい方には、シャボン玉石鹸での洗顔を試してみる価値があると思います。

シャボン玉石鹸は薬局でも購入できますが、地域によっては取り扱い店舗がとても少ないです。
関西地方ではドラッグストアでもシャボン玉石鹸を見ることがありますが、関東地方より東ではシャボン玉石鹸を薬局で見かける事はとんどありません。見かけてもベビーソープはさらにレアものです。

さくらの住む地域でもシャボン玉石鹸を薬局で見かけることがほとんどありません。そのため私は公式ページから購入しています。

楽天などのネットショップでもシャボン玉石鹸を購入できますが、送料等を含めると公式ページとほとんど値段が変わりませんでした。
そうなると安全性の高い公式ページの方が安心なので、私は公式ページを利用しています。友の会の会員になるとさらに割引が受けられるので、いちど使ってみてシャボン玉石鹸が気にいったら友の会に入るとお得です。

→シャボン玉石けんの詳細はこちら(公式ページ)