シャボン玉石鹸は赤ちゃんの湿疹に効果がある?乳児湿疹に試してみました!

シャボン玉石鹸が赤ちゃんの湿疹に効果があるとSNSなどで話題になっています。赤ちゃんの肌はデリケートなので、とても湿疹ができやすく悪化もしやすいんですよね。

赤ちゃんの湿疹にシャボン玉石鹸が効果的なのか?実際に試してみました。ご参考になれば嬉しいです。

シャボン玉石鹸は赤ちゃんの湿疹に効果がある?

うちの子は生後1ヶ月頃から顔や首、まぶた、耳にも湿疹がたくさんでるようになりました。細かい湿疹がびっちりとできる感じです。

こちらは生後1ヶ月の写真なのですが、まぶたや目元にも湿疹ができてしまいました。かゆみもあるようで、よく引っ掻いてしまい、顔に傷もたくさんついていて見ていて痛々しかったです。

赤みを帯びて炎症もあるように見えたので小児科も受診してみましたが、肌を清潔にしてワセリンを処方され様子を見るように言われました。

お風呂上りと朝にワセリンを塗っていましたが、なかなか良くなる気配はありません。「何が悪いのだろう?やっぱりすテロイドの薬じゃないと治らないのかな?もう1度病院に行ってみようかな…」と悩む毎日でした。正直、この時は薬を塗ることだけしか頭にありませんでした

そんな中たまたま妹が家に遊びに来て話しているとアトピーの話になりました。自分が赤ちゃんの頃からアトピー肌のためスキンケアには詳しい妹。そんな妹に、「ベビーソープは何を使っているの?」と聞かれました。

えっ?普通のベビーソープだよ。でも肌のためにちゃんと保湿成分がたくさん入っているのを選んでるよ?」と答えると、「1度シャボン玉石鹸のベビーソープを使って見たら?アトピー肌にはあれが評判いいよ?」とすすめられました。

シャボン玉石鹸は知っていましたが老舗の自然は石鹸メーカーのイメージで、何というかオシャレな感じはないですよね。悪く言えば古臭いというか…。正直言って完全に眼中にありませんでしたし、大手ベビーグッズメーカーのベビーソープの方が安全性が高いのだと思っていました。

湿疹ができてからもベビーソープを変えるということはしていなかったので、早速シャボン玉石鹸のベビーソープを購入して使ってみました。

泡タイプのベビーソープを使ってみたのですが使ってみると泡はキメが細かくふわふわですし、何より泡切れがいいのに驚きました。

泡切れがいいとスピーディーに赤ちゃんの全身をキレイにできることに驚きました。洗うのが怖い赤ちゃんの顔も泡でクルクルと泡ってあげて、軽く絞ったガーゼで拭けばすぐに泡が落ちます。お風呂上りには小児科でもらったワセリンを塗りました。

赤ちゃんにシャボン玉石鹸を使い始めて3日後、湿疹の赤みが引いてきて湿疹の数もかなり減ってきました。見た目の痛々しさも軽減されひと安心。その後もシャボン玉石鹸を使っていましたが、10日間くらいで湿疹はキレイになりました

ベビーソープを変えただけで肌に大きな変化があるのは驚きました
与えることだけに気を取られがちですが、落とすケアの大切さ、石鹸の大切さというものを認識させられました。赤ちゃんの湿疹ができてしまった時こそ、石鹸を肌に優しいものに変えてみるといいと思います。

→ シャボン玉石けんの公式サイトはこちら

シャボン玉石鹸はなぜ赤ちゃんの湿疹によかったのか?

赤ちゃんの湿疹は、肌のバリア機能が未完成なことで起こります。お母さんのお腹の中で守られていた赤ちゃんの肌ですが、空気中という肌に刺激も多い世界に出てきたばかりなので、皮膚が未完成の状態。いま皮膚も環境の変化に適応しようと頑張っているところです。

赤ちゃんの湿疹の改善には、清潔を保つということは必要不可欠です。赤ちゃんの湿疹の直接的な原因となっている汗やよだれ、涙や汚れなどを肌に優しい石鹸で落とすのがキホンのキです。

「赤ちゃんは肌が弱いから、むやみに洗わない方がいいのでは?」という意見もありますが、赤洗わない方がよくなるに湿疹皮膚トラブルはありません。

シャボン玉石鹸には、余計な成分が含まれていませんでした。シャボン玉石鹸の成分は石けん素地のみ。実にシンプルです。

肌に優しい石鹸と言うと、ついつい保湿成分がたくさん入っている方がいいよね?考えがちですが、石鹸の役割は落とすこと
保湿成分があれもこれも入っていると、落とすという目的がおろそかになり保湿成分が汚れの上にフタをしてしまう可能性もあります。泡ギレが悪く肌に石けんカスが残り、肌の刺激になってしまうケースもあります。皮膚科で勧められるのもシンプルな石けんなのも初めて納得できました。

シャボン玉石けんには、石けん素地を作る段階で保湿に効果のある良質なアボガドオイルが配合されていますので洗い上がりもカサカサもありません。

シャボン玉石鹸は泡ギレがいいので流し残しが起こりにくく、赤ちゃんの肌に負担をかけません。だからこそ、最短で赤ちゃんの湿疹をケアすることができたのだと思います。

赤ちゃんに湿疹ができると、保湿しなきゃ!と保湿成分がたっぷりのベビーソープを選びたくなります。肌に優しいボディーソープを選ばなきゃ!とオーガニックのベビーソープを選びたくなります。でも、本当に赤ちゃんの肌のことを考え、早く湿疹をよくしてあげたいなら選ぶべきはシンプルなベビー石けんだっだんですね。いままで回り道して、やっと辿り着いた結論です。

シャボン玉石鹸は赤ちゃんのアトピーにもよかった!

シャボン玉石鹸は赤ちゃんのアトピーにも使いたい石鹸です。アトピー肌は特に外部刺激に弱いもの。アトピー性皮膚炎は皮膚のセラミドが十分に作られないことが原因の1つになっていることがわかっています。つまり、ボディーソープからの刺激もダイレクトに肌に伝わってしまうと言うことです。

市販のベビーソープでは刺激が大きすぎます

実際にシャボン玉石鹸ユーザーの中にはアトピーの方も多いです。

私の妹もアトピーなのですが、皮膚科ですすめられて昔からうちにはシャボン玉石鹸がありました。妹は物心ついてから自分で様々な石鹸を試してみていましたが、「結局イチバン良かったのは、母が用意していたシャボン玉石鹸だった!」と言っていました。

いまはシャボン玉石鹸からも泡タイプのベビーソープが出たので、妹も大喜びしていました。アトピーようのボディーソープもありますが、洗いあがりがカサカサするものが多いです。

赤ちゃんの肌は大人にくらべて保湿成分が流れやすく、カサカサになりやすいボディーソープは避けた方がいいと思います。かと言って、ベタベタするほどの保湿成分入りのボディーソープもよくありません。シャボン玉石鹸の泡切れの良さと自然なしっとり感はアトピー肌にも安心して使えます。

私は赤ちゃんが6ヶ月になるまでは、洗濯洗剤なども全部シャボン玉石鹸シリーズに変えました。お値段は普通の石鹸や洗剤よりもしますが、オーガニック製品よりは安いですし、何より肌に安心で実際にシリーズで使い始めてからは赤ちゃんの肌トラブルでは悩むことはなくなりました。

シャボン玉石鹸シリーズはドラッグストアではなかなか手に入らないものも多いのですが、公式サイトではお得なベビーセットが購入できるので、私も愛用しています。赤ちゃんの湿疹にお困りの方は、チェックしてみてください。

→ シャボン玉石けんのベビーセットの詳細はこちら(公式サイト)