【産後の不規則な生活で老化した肌】を復活させた秘策をご紹介

2才の男の子の母をしているアヤです。私は2年前、32歳の時に出産しました。

出産した直後から1年間のあいだに私の肌は急激に衰えたと感じました。まず最初に気がついた衰えは、顔のほほのあたりの皮膚のたるみです。散々悩んだ産後の肌の衰えですが、いいアイテムに出会えたおかげで今は妊娠前の肌を復活させることができました。私の産後の肌ケアをご紹介します。

寝不足で疲れきった肌。あばあさんのようにガサガサの手足…

新生児の授乳で昼も夜もなく疲れ切った状態で過ごしていたため、いっきに顔のお肌の張りが失われました。鏡を見るたびにどんどん若々しさが失われているような気がして、気分まで滅入っていました。

それでも授乳は頻繁にしなければならなかったし、初めての育児で余裕がないこともあり顔の美容対策をするような精神的余裕が生まれませんでした。それでしばらくお手入れもせず放置したまま。

すると出産から半年後ほどたったころには手足の肌の老化にも気がつきました。手首のあたりと足首のあたりに深いシワが刻まれていたのです。原因はお風呂上りのスキンケアをやらなくなったこと。

私は出産するまではお風呂上りにはすぐにボディミルクを手足に塗っていました。しかし子供と一緒にお風呂に入るようになってからは子供が風邪をひかないようにと着替えなどのお世話を先にして、その後から慌てて自分が着替えをしていたのでゆっくりとボディクリームを塗ることもなかったのです。

よく見ると手足が乾燥して粉までふいているようなところもありました。そうして出産から1年もたったころ、お腹とお尻のあたりの皮膚までガサガサした状態になってしまいました。顔にも手足にも体にまでシワができ、とうとうこれは女性として情けないことになっているという自覚が芽生えました。

子供が1歳になって少し育児に慣れてきたこともあり、まずは親子で使えるジェルを購入しました。共用できるものならお手入れの時間が短縮できて便利です。

→子供と使っていた保湿ジェルはこれ【体験レビュー】

お風呂上りに子供と一緒に自分の体にもササっと同じものを塗ることでお肌の改善を目指しました。手足・お腹・お尻の粉がふいたようなカサカサ状態はあっという間に治りましたし、手首と足首のシワも徐々にですが薄くなっていきました。

顔もケアしたいという欲が!?話題の〇〇〇化粧品が肌が復活

体の肌が改善されてくるといよいよ顔のお手入れもやろうという気力がわいてきました。購入したのはどんな飲み物に入れても良い粉末のコラーゲンと、エイジングケアで話題の幹細胞の保湿クリームです。

実年齢よりもお肌がふけてしまっていると判断したため、エイジングケア重視の化粧品を選びました。3か月ほど続けたところ顔の張りが回復してシワが減り、見た目もかなり若々しさを取り戻しました。

産後すぐで肌の老化を感じつつもお手入れする気力がない方は無理にあれこれしなくてもいいと思います。お風呂上りや寝る前などに簡単に取り入れられそうなものからちょっとずつスタートしてみてください。

→産後の肌を救ってくれた幹細胞保湿ジェル【体験レビュー】

 

>>【安心成分】妊娠中・産後のスキンケアランキング