産後の肌はくすみとシミが気になる!?私の対策はこれでした。

2児の母をしているアカリです。私は38歳で次男を出産しました。その3年前に長男を出産した時には感じなかったのですが、次男を出産して1か月くらい経った頃に肌の老化を感じるようになりました。

その症状は肌にくすみとシミが濃く目立つようになったことでした。私の産後のくすみとシミ対策をご紹介します。産後の肌の変化でお悩みのあなたのお役に立てれば幸いです。

夜泣きの寝不足とホルモンバランスの乱れが原因?

次男は夜泣きが多く、1時間おきに起こされる毎日でしたので睡眠時間がまとまってとることができないのも原因のひとつだと思います。また産後のホルモンバランスの崩れもあったと思います。

対策としては、まず赤ちゃんが眠った時に自分も横になって少しでも疲れをとるようにしました。

特効薬は睡眠!?それが難しかったのでサプリにすがりました

どんなに高い美容品も睡眠の効果にはかなわないとは思いますが、どうしても十分に睡眠をとることができなかったのでサプリも飲んでいました。

当時有名人も使っていて話題だったすっぽんのサプリです。すっぽんの栄養がつまっていて、美容にもよいという事でした。つるんとしたカプセル状で飲みやすかったので、毎日飲んでいました。

>>私が飲んでいた芸能人御用達のすっぽんサプリはコレです

シミも気になりましたので、これ以上シミを作らないように、外出する時は日焼け止めだけでも塗って、ツバの広い帽子をかぶるようにしました。特に公園などに行くと日陰のないところで何時間も過ごしたりするので、産後は紫外線を防ぐケアが重要です。

他にも授乳中という事もあり、カフェインが入っていない飲み物で、かつ肌に良さそうなものも探しました。よく飲んでいたのはローズヒップのハーブティーです。ローズヒップはビタミンも豊富ですし、鉄分も含まれているので、血行不良による肌のくすみにも効果があるのではと思い飲んでいました。

これらの対策で肌のくすみはよくなったような気がします。
一時は睡眠不足やホルモンの乱れで肌がくすんでいましたが、サプリやハーブティを飲むようになって、中から栄養を摂っているせいか顔色がよくなったように思います。産後しばらく睡眠時間は長くとれない日が続きましたが、ハーブティの飲むようになってリラックスする時間を持てたのはよかったです。

対策をしてもシミは消えなかった…やっぱり餅は餅屋でした

一度濃くなったシミの方ははあまり変わりません。しかし日焼け止めをこまめに塗るようにしていたので、日に焼けずに顔が全体的に白くなりました。子供がいると外に出る時間も長くなりますので、できるだけ紫外線対策はした方がよいです。

産後に肌のくすみなどの悩みが出る方も多いと思います。

産後すぐは自分の顔をじっくり見る暇もないので、ふと鏡に映った自分の顔が老化している気がして落ち込むこともありました。しかし、あきらめずにコツコツをサプリを飲んだり、生活にハーブティを取り入れたりして自分が元気に過ごせる方法を見つけるのが大切だと思います。

シミだけは、シミケアに特化している化粧品でケアするのがいいと感じました。私もサプリやハーブティーに加えてシミケア用の無添加化粧品を使うようにしたら、シミがだんだん薄くなってきました。

メディプラスゲルを実際に試す前に<b “>知っておきたいデメリットも包み隠さず暴露していますので、妊娠中のスキンケア選びの参考にして頂ければ嬉しいです。『たまひよ』などの雑誌でも話題のメディプラスゲルを徹底調査しました。「肌に優しいのに攻めている」という噂は本当か?7年使っているからわかるメリット・デメリットをご紹介しています。


>>【安心成分】妊娠中・産後のスキンケアランキング