妊娠5ヶ月のとき頬にシミができました。日焼け止めだけでは不十分だった理由

さくら

こんにちは、さくらです。今回は妊娠5ヶ月の時から頬のシミに悩まれたシオリさんの体験談です。ある日突然シミが現れ、とてもびっくりしたそうです。日焼け止めは塗っていたはずなのに、シミができた意外な盲点がありました。実際にされたシミ予防も教えてくれましたので、ご参考にしてみてください。

私が妊娠中肌の変化を感じたのは妊娠5ヶ月目でした。5ヶ月になるまでは妊娠前と変わらない肌でしたが、妊娠5ヶ月目に頬にシミが2つできたのです。とても小さなシミでほくろと間違えたほどでしたがよくよく見てみるとそれはシミ。いつの間にできたんだろう・・・と不思議でならなかったことを覚えています。ジワジワシミができた感じではなく、ある日突然のようにシミが現れたからです。

外出時は日焼け止めを塗っていたけど…

妊娠5ヶ月目までお腹が目立たなかったこともあり、外出する機会が多かったこともシミと関係していそうですが、ホルモンバランスが崩れているんじゃないかと心配しましたね。お腹がせり出してきたら気ままに外出できないけど、お腹が目立たなくて妊娠前にはいていたパンツやスカートがはけたので毎日のように出かけていました。

外出時には日焼け止めを塗っていましたが、ガッチリ塗るというよりは何となく塗っている感じで、そこまで意識していませんでした。もっとしっとりと日焼け止めくらい使っていればシミはできなかったのかもしれません。2つのシミは出産するまで大きさが変わらず他の部分にシミができることもありませんでしたよ。出産して17年経つ今も当時できたシミがそのままの大きさで頬にあります。

妊娠中は汗っかきに!?日焼け止めだけでは不十分でした

シミ対策しなければいけないと外出するときは日傘を差すようにしました。紫外線カット効果のある日傘です。小さな折りたたみ式の日傘では肌を守り切れないと思ったので折りたたみ式ではない大きめの日傘を使用。妊娠中は汗っかきになり、日焼け止めを塗っても汗で崩れてしまうので日焼け止めはあまり意味がなかったように思います。

それからホルモンバランスを改善するために睡眠時間を長くしました。疲れていたり食事の後は特に眠くなりやすかったので、ソファや寝転べるところでよく眠りましたよ。もちろん夜は布団でしっかり眠りました。お腹が出てくると足がつったり、寝づらいこともありましたが、寝る前に水分を摂ってから寝るなどの対策をして、できるだけ良質な睡眠がとれるように心がけました。

朝、旦那が起きる前に朝食の支度をしていた私でしたが、旦那が寝ていていいよと言ってくれるようになったのでお言葉に甘えました。睡眠不足はお腹の子にも悪いですからね…。旦那の優しさが嬉しかったです。

外出するときは大きな日傘を差すことと毎日十分すぎるほど眠ることを出産まで続けましたが残念ながら頬のシミは残りました。シミが自然に消えることってほとんどないようですね・・・。妊娠が分かった時点でシミ対策を始めていればシミができなかったのかもしれません。

シミ消しに成功していない私が言うのも変ですが、その2つのシミ以外シミらしい物ができなかったのは、日傘を面倒くさがらず使ったことと睡眠時間を長くしたことの効果だと思っています。シミ予防のためにもお試しあれ。

 

さくら

いかがでしたか?妊娠中は汗っかきになることも多いので、日焼け止めを塗っても落ちてしまい、気づかないうちにシミができてしまうこともあります。妊娠中は日焼け止めをこまめに塗ったり、日傘を一緒に使ったりと、日焼けにはいつも以上に気をつけることが大切ですね。

睡眠不足や肌の乾燥もシミの原因になります。妊娠をきっかけにスキンケアを見直してみるのも良いかもしれません。

>>【安心成分】妊娠中・産後のスキンケアランキング