乳児期の脂漏性湿疹に冷や汗…かさぶたがガサガサ
さくら

こんにちは、さくらです。今回は、赤ちゃんが生後1ヶ月の時に脂漏性湿疹ができて、アタフタしながらもキレイな肌に改善することができたハナさんの体験談です。

第一子が生後1か月を過ぎたあたり。両方の眉毛と髪の毛の生え際にカサカサしたかさぶたのようなものができはじめました。かさぶたといっても、怪我をしたわけではないのでもう「???」な状態でした。

お風呂でふやかすようにアドバイスされるも…

母や親戚からは「お風呂でふやかして取ってごらん」とアドバイスを受けたので、試してみるも全く取れず。そもそもお風呂に入ってもふやけない。それどころか、かさぶたは日に日にどんどん固くなり、より剥がれにくくなっていきました。もちろん毎日お風呂に入っていたのですが…。

私は車の免許もない上に、その当時、引っ越ししたばかりで病院などもよくわからなくて、病院に行くことができずにいました。ニコニコ笑うようになった可愛い子どもの顔にかさぶたがびっしりついているのを、「どうしたら良いのだろう」と不安と申し訳なさで見ている日が続きました。

病名が分からず不安な日々

育児雑誌にもこんな症状はのってないですし、私が持っている育児本にものっていませんでした。というか、のっていたのかもしれませんが、写真入りではなかったので、我が子の症状がこれだと断定できなかったというのが正しいと思います。原因を調べようにも症状の名前がわからず困り果てていると、夫が「これだ!」と嬉しそうにスマホを見せてきました。

そこには「脂漏性湿疹」という初めて聞く名前と、子どもと全く同じ症状の子どもの写真がありました。
どうやら夫は、名前がわからないので症状をキーワードで検索したそうで、なんと一発で脂漏性湿疹にたどり着いたとのことでした。この時は「なぜこんなに簡単なことに気付かなかったんだ」と2人で興奮しました(笑)

症状の名前も無事わかったので、さっそく対策について調べました。

オリーブオイルでふやかしたらキレイに

我が子のようにガチガチになるくらい固い場合は、ベビーオイルやオリーブオイルなど、乳児の肌にも良いオイルを入浴前に患部にしっかり塗りこんでから、お風呂に入って、充分ふやけたところでなでるようにガーゼで拭くというものでした。

そこで、ちょっと高いオリーブオイルを買って(高いオイルなら効果ありそうだし、残ったら料理にも使えるな、という安易な考えでした。笑)試してみると、面白いくらいポロポロ取れました。nただ、本当にガチガチだったので一回では取りきれず、肌に負担をかけないように2週間ほどかけてようやく取りきることができました。かさぶたが取れたところは、跡が残るようなこともなくとてもきれいな状態で、本当に安心しました。

もともと新生児期から保湿液で保湿はしていたのですが、眉毛や髪の生え際までしっかり塗ってはいませんでした。そして夏だったこともあり、クリームを塗るようなことはしていませんでしたが、これがそもそもの原因だったのだと思います。

赤ちゃんの肌はすぐに乾燥します。もっとしっかりと保湿をしてあげれば良かったと反省しました。生え際など隅から隅までちゃんと保湿してあげないと、うちの子のようにガチガチのかさぶた状態になってしまいますので、気をつけて欲しいと思います。

さくら

いかがでしたか?赤ちゃんの肌はデリケートなので、すぐに乾燥した部分が悪化してしまいます。かさぶたのようになると、見た目も気になるようになりますし、ママの精神的な不安も大きくなって行きますので、正しいケアをしてあげたいですね。

ちなみに私はアルガンオイル派です。オリーブオイルも良いのですが、アルガンオイルの方がビタミンEなどが豊富でオイルをつけた部分がさらにキレイになる気がします。あと、オイルの香りもオリーブオイルよりも気になりにくいので、オイルでのケアが初めての方はアルガンオイルから初めてみると使いやすいかもしれません。

赤ちゃん・子供と一緒に使える化粧品ランキング
  1. メディプラスゲル

    メディプラスゲル

    価格:
    2,996円(税込)
    容量:
    180g
    価格5.0
    使用感4
    効果4.5

    そこらのベビー用ローションよりも成分にこだわっている高保湿ゲルです。多くのベビークリームで使われているフェノキシエタノールも不使用。24時間潤う肌のために作られたゲルなので、乾燥しがちな赤ちゃんの肌もしっかり潤いが続きます。顔だけなら2ヶ月使えるので、1ヶ月あたり1,500円以下です。

    ゲルなのでお風呂上がりの赤ちゃんのは肌にも塗りやすく、30秒で顔からつま先まで全身の保湿が完了します。ポンプ式で使いやすく、洗面所においておけばママのスキンケアもパパッと完了です。

    管理人のレビュー

    成分にこだわった保湿クリームは値段も高い傾向にありますが、メディプラスゲルはこだわり成分なのに価格も安いので、全身惜しみなく使えるのもありがたいです。カサカサがひどい部分には、重ね付けすれば保湿効果アップ。肌の状態に合わせて使い方を変えられるので経済的です。

    わが家では新生児の頃からメディプラスゲルで赤ちゃんのスキンケアをしていますが、すべすべの赤ちゃん肌を維持しています。

    商品詳細を見る

  2. アトピスマイル

    アトピスマイル

    価格:
    2,500円(税抜)
    容量:
    25g
    価格3.5
    使用感4.0
    効果5.0

    厚生労働省から日本で唯一【皮膚水分保持能の改善】が認められ、認可されている「ライスパワーNo.11」配合した薬用クリームです。国産のお米が原料なので、薬とは違い安心して使えます。

    アトピーやアレルギーなど、肌が特にデリケートな方向けに開発せれたクリームなので、赤ちゃんの肌にも安心して使えます。

    管理人のレビュー

    本格的に肌の力を高めて行きたい方向けのクリームです。ママは化粧水を付けた後に乳液代わりに使うのがオススメです。赤ちゃんはお風呂上がりや顔を拭いた後に付けてあげれば、自然と肌がキレイになっていきます。

    赤ちゃんの全身に使うと、1本で2週間くらい使えます。顔のみなら1ヶ月くらい持つので、できれば特に気になる部分はアトピスマイル、他の部分はもう少し安価な保湿クリームなどでたっぷりケアするのがいいかもしれません。

    商品詳細を見る

  3. アロベビー

    アロベビー ミルキーローション

    価格:
    定期購入980円(税抜)送料無料
              通常購入2,300円(税抜)
    容量:
    150ml
    価格4.0
    使用感4.0
    効果3.5

    99%天然成分でできていて、フランスのオーガニック認証機関「エコサート認証」の本格派オーガニックミルクです。多くの雑誌でも特集されていて、楽天やamazonでもランキング1位に輝いているベビースキンケアの王道とも言える保湿剤です。

    管理人のレビュー

    残念ながらうちの子には合わなかったのですが、周囲のママ友には圧倒的な指示を得ている人気のオーガニックベビーミルクです。アロベビーのミルキーローションで赤ちゃんの肌トラブルが解決したと体験談多数。特にアレルギー体質でないお子さんには良い効果を聞くことの方がいいので、合わなかったうちの子が少数派なんだと思います。(私は心地よく使わせてもらっています。)

    ラベンダーの自然な香りが心地いいので、夜泣きのひどい赤ちゃんの情緒を安定させる効果も期待できます。毎日の育児に頑張るママのリラックスタイムにもオススメです。

    商品詳細を見る


>>【安心成分】妊娠中・産後のスキンケアランキング