妊娠の肌荒れで性別がわかるジンクス!赤ちゃんは男の子?女の子?

お腹の赤ちゃんの性別は、やっぱり気になりますよね。
お腹の赤ちゃんは男の子だとニキビが多くなる
体毛が濃くなったりシミが増えたりしたらお腹の赤ちゃんは女の子
男の子を妊娠すると肌がきれいになる
などなど、妊娠と肌との関係の噂を聞いたことがあるかと思います。

実際に、妊娠中の肌荒れで赤ちゃんの性別を判断することは可能なのでしょうか?お肌の変化で赤ちゃんの性別がわかるのか、産婦人科の医師や助産師さんにも聞いて、噂の真相を探ってみました。

妊娠中の肌荒れジンクスで赤ちゃんの性別がわかるの?

妊娠 肌荒れ 性別

妊娠中に肌荒れが気になるのは男性ホルモンが増えている影響だから、お腹の赤ちゃんは男の子!と聞いたことがある方もいると思います。
それとは逆のパターンの噂話しもありますが、そもそも肌荒れとお腹の赤ちゃんの性別は関係があるものなのでしょうか?

医学的には根拠はない?

妊婦健診の時に産婦人科のお医者さんに伺ってみたところ、「医学的には赤ちゃんの性別の違いで体調に影響があることはない」そうです。そうはっきり言われてしまうと、なんだか悲しいですね。

妊娠中はホルモンバランスの変化で、どうしても肌荒れが起きやすい時期です。このホルモンバランスの変化の仕方で肌への影響が出ています。妊娠よって皮脂が多くなってしまった場合ニキビが増えやすくなりますし、メラニン色素を代謝しにくくなったらシミができやすくなったりすることも…。

稀に妊娠すると肌がきれいになったという方もいますが、これは肌をきれいにする女性ホルモンである、エストロゲンも多く増えた影響が良い方向に現れているのです。これらの症状は、妊娠ごとに変わることも多く、女の子2人なのに1人目と2人目で肌の状態が全く違うこともあります。

なぜ「肌荒れで性別がわかる」という噂があるの?

妊娠で肌荒れした時の性別

生まれてくる赤ちゃんが男の子か女の子かは1/2の確率です。
妊婦さんの半分が男の子と言われる症状、もう半分が女の子と言われる症状が出たとします。単純に確率で考えれば、男の子と言われる症状が出た妊婦さんの半分が男の子を出産、もう半分が女の子を出産することになります。

同じように、女の子と言われる症状が出た妊婦さんの半分が女の子を出産、もう半分が男の子を出産することになります。つまり、1/2は肌荒れ症状の噂通りの性別になるのです。

妊娠中の肌荒れ症状と性別
噂というのは、噂通りだったケースが一人歩きし始めることが多いようです。外れた場合はあまり話題になりません。これが、肌荒れで性別が分かるという噂が出てきた真相だと思います。

まだまだある赤ちゃんの性別予想のジンクス

お腹が突き出ると男の子

昔から、お腹が突き出るように大きくなると男の子、逆にお腹が丸みを帯びながら大きくなると女の子と言われます。妊娠中の芸能人のお腹の見て、マスコミが「きっと男の子だ!」なんて騒いでいたりもするので、お馴染みの性別予想ジンクスです。

長男を妊娠中に、フィリピンの方がわが家に遊びにきたのですが「お腹が前に出ているから男の子だ」と言われました。もしかしたら、アジアでは共通のジンクスなのかもしれませんね。

私の場合、第一子は絵に描いたような男の子腹で、生まれてきたのも『男の子』。第二子は長男の時と明らかに違う丸い形のお腹で、生まれてきたのも『女の子』。第三子は突き出てもないし丸くもない、言い方を変えればどちらとも取れるようなお腹で、生まれてきたのは『男の子』。今流行りの中性的な男の子に成長するのかと、ちょっとドキドキしています。

体毛が濃くなると男の子

体毛が濃くなると男の子で、薄くなると女の子というジンクスも有名です。お腹の赤ちゃんが男の子だとママの男性ホルモンも増えて体毛が濃くなる、逆に女の子だと女性ホルモンの効果でムダ毛が薄くなるらしいです。

私は元々が毛深いので、正直男の子でも女の子でも変化がありませんでした。ママ友の反応は「わかる〜」という意見と「えっ!逆だったけど…」という意見に別れました。妊娠中の体毛も何かしらの変化がある人が多いようですが、男の子だと毛深くなるとは言えないようですね。

中国式産み分け計算

中国に伝わる産み分け計算方法です。お母さんの誕生日と妊娠日から計算して、赤ちゃんの性別を予測します。産み分けのために計画的に使われる計算なのだそうですが、この計算からもお腹の赤ちゃんの性別予測ができます。

ネットで『中国式産み分け計算』と検索すれば、自動で計算してくれるサイトがたくさん出てきますので、一度試してみても面白いと思います。

我が家の場合、3人とも大当たりでした!正直びっくり、すごいな中国4000年の歴史。中国人なら99%の的中率、アジア人なら90%、アメリカ人なら85%の的中率らしいです。

甘いものを食べたくなると女の子

チョコレートや飴など甘いものを食べたくなると女の子、ポテトチップスなど塩辛いものが食べたくなったら男の子というのも有名なジンクスです。他にも、肉が食べたくなったら男の子、野菜や果物を食べたくなったら女の子という説もあります。

うちの場合、第一子(男の子)は食べ物全般にダメ、第二子(女の子)はいつでもなんでも食べたい食べづわり、第三子(男の子)は特につわりなしの通常生活でした。でも、長男の時はつわりで辛いのに無性にポテトチップスが食べたい時期がありました。
マックのポテトが食べたくなるという方も多いですが、私はコンソメパンチでした。

パソコンを使う時間が長いと女の子

これは第一子を妊娠した時に、職場の先輩ママに教えてもらったジンクスです。パパやママがパソコンで仕事をしていると、電磁波の影響で女の子が生まれやすいらしいらしいです。

主人も私もパソコン仕事でしたが第一子は男の子でした。同じ環境で第二子は女の子、第三子は男の子でした。ご両親とも美容師さんのママ友にも聞いてみましたが、「あんまりパソコンは使ってなかったけど、うち四姉妹だよ…」と笑っていました。う〜ん、あまり当たらないのかな?

ちなみに、パソコンの電磁波はお腹の赤ちゃんにもあまりよくないと聞き、電磁波を防ぐエプロンをしてパソコン仕事をしていました。第二子、第三子の時には別に気にせず普通に仕事をしていましたが…苦笑

↑こんな感じのエプロンです。懐かしい。HI調理器具からも電磁波が出ているようなので、心配な方はエプロンを電磁波防止仕様にしておくのもいいと思います。最近は可愛いデザインのエプロンも出ていました。

お腹の赤ちゃんの性別!ママの「感」はあたる?

私(さくら)個人的には、性別に関するママの”カン”はあると思っています。

実際に、私の3人の子供達は、妊娠初期から予感していた性別でした。無意識に妊娠時期などから推測していたのかもしれませんが、お腹の子に教えられているような気がしていました。

助産師さんにこの話をすると、よく肌質と性別の関係について聞かれることがあるそうなのですが、確かに医学的な根拠はないけど、お母さんには何か感じる不思議な力もあるんじゃないかなぁと思うこともよくあるとおっしゃっていました。

そんなママの”カン”が肌荒れと結びついて、特徴とされる症状に目が行きやすくなっているのかもしれませんね。

そんな楽しみの1つにもなる妊娠中の肌荒れですが、妊娠中の肌あれを放っておくと、産後の肌トラブルがひどくなってしまいます。産後は思っているよりも肌へのダメージが大きく肌の再生能力も落ちますので、後で後悔しないため妊娠中からしっかりと肌荒れケアをしておくことが大切です。

妊娠中に使用する化粧品の成分は胎児の成長に影響を与える事もありますので、安心な成分の化粧品を選ぶことが必要です私は、1人目の妊娠中に肌荒れを「それほど酷くなから大丈夫」と放っておいた結果、産後は驚愕のボロボロ肌になってしまいました。あのショックは一生忘れないと思います。

2人目・3人目は妊娠中からしっかりケアしたので産後も肌トラブルには悩まされずにすみ、妊娠中からのケアの大切さを実感しました。ぜひ、この機会を化粧品と向き合うきっかけにしてみてください。

>>『たまひよ』掲載の低刺激ゲルの保湿力が神!?体験記はこちら

まとめ

医学的には根拠はなくても、肌荒れ症状や体調の変化で、お腹の赤ちゃんの性別を想像するのは楽しいものです。

噂に一喜一憂するのではなく、赤ちゃんの誕生を心待ちにする楽しみの1つとして「肌荒れ性別予報」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

そして、肌荒れ自体は嬉しいものではないので、しっかりとケアするもの忘れずに

妊娠中は肌荒れを起こしやすい時期ですが、産後はもっと肌荒れに悩む方が増えます。妊娠中からしっかりとしたケアをする事が、産後の肌を美しく保つためには重要です。

また、妊娠中は化粧水の成分は、胎児へ影響を与えると言われていますので、ママにもお腹の赤ちゃんにも安心な基礎化粧品を使用したいですね