夏の乾燥でかゆみがある!夏の乾燥肌対策

乾燥肌は冬のイメージが強いですが、実は夏も肌が乾燥します。夏は汗をかきやすいので、乾燥した肌は汗が刺激になりかゆみを伴いやすい状態になります。

夏の肌の乾燥の主な原因は、エアコンでの乾燥紫外線によるダメージ汗が蒸発することによる肌の乾燥です。また、夏はベタつきなどが気になってお手入れにかける時間が短くなり、肌の保護がよくできていない事も原因になります。

夏の乾燥でかゆみが気になる方の、夏の乾燥肌対策をご紹介します。

かゆみ解消!夏の乾燥肌対策

ピンクのチェックマーク まずは肌の保湿!


かゆみ肌には、なんといっても肌の保湿は欠かせません。

ただ、かゆみがある肌は、乾燥の他に炎症を起こしている可能性があります。できれば夏の入浴の時には、抗炎症作用のある保湿入浴剤を使うとかゆみ肌が落ち着きます

夏はベタつくから保湿系の入浴剤は好みではないという方は、植物エキス100%の保湿入浴剤が使いやすいです。

一般的なミルキーな保湿入浴剤と違い、変に体にまとわり付く感じはなく、自然な感じで保湿と肌の炎症を抑えてくれるので夏でも抵抗なく使えます。入浴時に化粧水のようにお顔につければ、お顔の肌の炎症も抑えてくれます。日中の紫外線ダメージをケアしたり、夏にできやすいニキビを抑えてくれたり、夏の肌トラブルにはかなり重宝します。

入浴後は、忘れずにスキンケアをします。夏はスキンケアが面倒に感じる季節ですが、エアコンなどで肌が乾燥しているのでしっかりとケアしましょう。

夏のかゆみが伴う乾燥肌には、日中の紫外線ダメージをケアしながら、肌の奥まで保湿できる化粧品が効果的です。また、かゆみがある肌はデリケートなので、肌に優しい化粧品でケアできると良いですね。

 

ピンクのチェックマーク 外出時の日焼け止めにも注意


夏は紫外線が強いので、日焼け止めを使用します。

しかし、紫外線を避けたいからとSPFやPAの数値の高い日焼け止めを使用すれば良いという訳ではありません。むしろ、数値の高すぎる日焼け止めは肌に負担になり、肌のかゆみを増してしまう危険性があります

肌にかゆみがある時は、外にいる時間が長い場合でも「SPF30 PA+++」程度のもので十分です。SPF30=10時間効果があるということですが(SPF 1=20分)、汗などで流れてしまいますので、2~3時間程度に1回塗りなおすと良いですね。

SPF30程度のものは、成分も肌に優しい成分でできているものが多いです。かゆみを抑えながら肌を守るには、肌に優しい日焼け止めを一日数回塗ることが大切です。

 


ツヤ肌先生さくらのまとめ

冬ほど意識されていませんが、夏は肌が乾燥するので肌へのダメージが蓄積されやすい季節です。

夏や冬のように、外気温と室内温度の差が激しい季節は肌が乾燥しやすくなります。夏のかゆみに適した化粧品を使用したり、正しい日焼け止めの知識を持つことで、肌に負担のない状態を作って、かゆみのない生活を送りましょう。

 

>>>夏のかゆみ肌をケアする敏感肌用化粧品!レビューはこちら

 

 

  関連記事

 

ピンク矢印乾燥肌にも良い化粧品は?試供品を試してみるならコレ!

ピンク矢印夏の乾燥とニキビをまとめて解決!夏のニキビ対策

ピンク矢印日焼けの炎症・ほてりを抑えたい!日焼けの応急処置方法

ピンク矢印日焼け止め使用時の化粧直しの方法は?コレで簡単解決!

ピンク矢印紫外線が目から入るとシミになる!?目のUV対策が大切な理由

ピンク矢印夏の乾燥とニキビをまとめて解決!夏のニキビ対策

ピンク矢印夏の乾燥にもクリームが必要?夏にぴったりの保湿化粧品