葉酸サプリのおすすめは?葉酸サプリの選び方3つのポイント

妊娠中に葉酸は欠かせない栄養素です。

病院で葉酸サプリをすすめられたり、マタニティ雑誌で目にした事がありますよね?

厚生労働省が5年に1度改訂している「日本人の食事摂取基準」の中でも、妊娠中・授乳中は葉酸を多く取ることが推奨されています

 

妊娠中・授乳中以外の18歳~49歳までの女性の葉酸必要量は200(μg/日)ですが、妊娠中の葉酸必要量は400(μg/日)、推奨量は440(μg/日)です。

そして、あまり知られていませんが、授乳期の葉酸必要量は280(μg/日)で、推奨量は300(μg/日)とされています。

 

つまり妊娠中の体は葉酸が2倍必要で、授乳中も1.5倍必要なのです。

 

葉酸は食事だけでは不足しがちな栄養素なので、サプリを賢く利用するのが有効な方法です。

たくさんの葉酸サプリがありますが、葉酸サプリを選ぶポイントは3つです。

ポイント1 原料の安全性

ポイント2 葉酸以外の必要栄養素もカバーできる

ポイント3 妊娠中・産後の肌荒れにも効果的な成分が配合されている

 

なぜ3つのポイントが重要なの?

ポイント1 原料の安全性


葉酸サプリは赤ちゃんとママの健康のために飲むのですから、安全性は大切です。

葉酸サプリは、野菜やハーブなどの植物から葉酸を抽出して、サプリメントにしたものです。

そのため、原料の野菜類が確かなものである事が選ぶ時の必須項目となります。

原料にこだわった良い物を選ぶようにしましょう。

 

ポイント2 葉酸以外の必要栄養素もカバーできる


妊娠中・授乳中は葉酸以外のビタミンやミネラルも多く必要になります。

そのため、食事で補いにくい栄養素を葉酸と一緒に摂取できるサプリが良いですね。

例えば、妊娠中・授乳中に多い貧血対策には、葉酸と一緒にビタミンB12が必要になります。

これらの成分を葉酸と一緒に摂取することで、体調管理に効果があります。

 

ポイント3 妊娠中・産後の肌荒れにも効果的な成分が配合されている


妊娠中・産後はどうしても肌荒れが起きやすい時期です。

これはホルモンの影響なので、避けては通れないものですが、症状を軽減し肌の回復を早めることはできます。

そのためには、この時期の肌に不足しがちな美容成分を、体の中から補うことも大切になります。

美容成分が含まれている葉酸サプリを利用することによって、健康と美容のサポートが可能です。

そして、妊娠期・授乳期用の葉酸サプリは、胎児や赤ちゃんに危険のある美容成分は使用されておらず、安全で効果のある成分を厳選して使用しています

美容のみを目的としているサプリとは、この点が大きく異なります。

実際に飲んでみて良かった葉酸サプリランキング

3つのポイントを踏まえて選んだ葉酸サプリの中で、実際に飲んでみて良かったと感じたものランキングでご紹介します。

 

1位ベルタ葉酸サプリ

 

ベルタ葉酸サプリ

価格3,980円(税込)
特徴無添加にこだわった葉酸サプリです。

葉酸の他、27種類のビタミン・ミネラル、鉄分、カルシウムの他、コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなどの美容成分も摂取できる、オールマイティーな葉酸サプリです。

1位の理由は、成分の多さはもちろん、小さめの錠剤なので飲みやすいからです。

妊娠中はつわりなどで大きな錠剤は飲みにくかったりもするので、小さめ錠剤は助かりました。

>>ベルタ葉酸サプリの詳細はこちら

 

2位ベジママ

 

ベジママ

価格2,750円(税別)
特徴原料となる「アイスプラント」という野菜を、クリーンな環境で栽培することにこだわっている葉酸サプリです。

葉酸の他に、ルイボスティーの原料であるルイボスや、ピニトールや、ビタミンB12などの必要ビタミンも配合されいる新しい視点の葉酸サプリです。

 

無期限の全額返金保証もついているので、気軽に試す事ができます。

>>ベジママの詳細はこちら

 

ツヤ肌先生さくらが良かったと感じた葉酸サプリをご紹介しましたが、マタニティ雑誌を見ても今はたくさんの葉酸サプリがあります。

葉酸サプリの選び方のポイント3つを使って、是非あなただけのお気に入りの葉酸サプリを見つけみて下さい。

ベルタ葉酸サプリ!他の葉酸サプリとの違いは?効果をレビュー

 関連記事

 

ピンク矢印葉酸サプリは肌荒れにも効果があるの?

ピンク矢印葉酸サプリは授乳中にも飲んだ方がいいの?

ピンク矢印妊娠での肌荒れでサプリは飲める?妊娠中の肌荒れ対策サプリ

ピンク矢印妊娠中に使う化粧品は赤ちゃんに影響はないの?

ピンク矢印妊娠中はなぜ乾燥するの?原因を徹底解説