こんにゃくにはセラミドがいっぱい?こんにゃくの保湿効果

セラミドの高い保湿効果が話題になり、セラミドが配合されている化粧品も続々と増えています。肌の保湿機能を底上げできるセラミドは、保湿界の救世主となっています。

セラミドは、もともと肌の中にある水分をため込む働きのある成分です。セラミドのすごい所は、肌をバリアする働きもあることです。肌の中から保湿して、外の刺激からも肌を守ってくれるのですから、セラミドが人気のワケですね。

セラミドは、化粧品など肌の外からだけでなく、体内に摂取することで保湿効果がアップします。その中でも、セラミドがたくさん含まれていると話題なのが「こんにゃく」。こんにゃくのセラミド量はとても豊富です。

こんにゃくのセラミド効果、そしてこんにゃくの他にセラミドを含む食材をご紹介します。

 

こんにゃくのセラミド効果は?

 

こんにゃくに含まれるセラミドの量は、米に含まれるセラミド量の7倍~15倍とも言われています。

特に「生芋こんにゃく」はセラミドの宝庫です。100gの摂取で1日の必要量が摂取できてしまいます。

こんにゃくは小麦や米に比べ、アレルギーの心配も少ない食材です。また、こんにゃくはコラーゲンの生成を促すことが知られています

正にこんにゃくは、セラミドを摂取でき、コラーゲンの生成を助ける美肌食材なのです。

 

セラミドを含む食材

 

セラミドは、こんにゃくの他に小麦、大豆、キビ、ほうれんそう、米などにも含まれています。

こんにゃくに続いてセラミドが豊富とされているのが、黒豆、小豆、ひじき、わかめ、ごぼう、そばなどの「黒色」をした食材です。

日本人の主食の米に、豆類、ごぼうとこんにゃく、ひじきを使った煮物など、日本食にはセラミドがいっぱいです。

バランスの良い食事が、体内のセラミドの生成を助けると言われていますので、セラミドが含まれた食材を使いながら、バランスの良い食事を目指していきたいですね。

 


ツヤ肌先生さくらのまとめ

こんにゃくを始め、日本食にはセラミドがいっぱい含まれています。妊娠中や授乳中などの時でも、食事からセラミドが摂取できれば安心ですね。こんにゃくは、セラミドが多いだけでなく食物繊維も豊富で、便秘解消にも効果があります。

ヘルシーでセラミドがいっぱい、便秘解消効果もあり、家計にも優しい「こんにゃく」はまさに女性の強い味方ですね!!

こんにゃく料理を1品加えて、乾燥知らずの肌に繋げていきたいですね。

 

 【関連記事】

緑色の右矢印天然セラミド効果でツヤツヤお肌!【バランシングゲル】のレビュー