赤ちゃんの背中の湿疹を改善する方法!赤ちゃんの背中を救え

赤ちゃんの背中は湿疹ができやすく、悩んでいるママも多いものです。ねんねの時期の赤ちゃんは特に湿疹ができやすいものです。そうは言っても、湿疹は赤ちゃんも不快なはずなので、早く何とかしてあげたいですね。

赤ちゃんの背中の湿疹の主な原因は次の通りです。

ピンクのチェックマーク あせも

ピンクのチェックマーク 乾燥性湿疹

ピンクのチェックマーク アトピー性湿疹

それぞれの原因別の、赤ちゃんの背中の湿疹の改善方法をまとめてみました。

赤ちゃんの背中の湿疹を改善する方法!

ピンクのチェックマーク あせも


赤ちゃんは汗腺は大人の汗腺の数はほとんど変わりません。小さなからだに大人と同じ数の汗腺があるため、赤ちゃんはとても汗っかきです。
そして、まだ汗腺が出来上がっていない状態なので、汗が汗腺に詰まりやすい状態です。
そのため、汗が肌の上に留まる時間が長く、炎症を起こして湿疹ができてしまいます。特に背中は汗をかきやすく、ねんねの時期のあかちゃんは背中が蒸れやすく湿疹もできやすいものです。

あせもの改善方法は、肌を清潔に保つことです。

皮膚に汗が残った状態では、肌にもともといる表皮ブドウ球菌が増殖してしまいますので、まめに汗を拭き取り肌を清潔にすることで、あせもを軽減させることができます

吸水性の良い肌着を着せてあげ、夏は風通しのよい服装にしたり、エアコンをつかって快適な環境をつくってあげましょう。

ただ、赤ちゃんの肌は薄くデリケートなので、汗を拭く時にゴシゴシこすってしまうと肌の炎症がひどくなってしまいますので、優しくケアをしてあげましょう。

 

ピンクのチェックマーク 乾燥性湿疹


赤ちゃんの皮膚は薄く、肌をバリアしている層も薄いためとても乾燥しやすものです。乾燥した肌は、肌着が肌に触れる少しの刺激でも、肌にとって大きな負担となってしまい、炎症が起きて湿疹ができてしまいます

乾燥性湿疹の改善方法は、背中の保湿をしてあげる事です。背中は保湿を忘れがちな場所なのですが、入浴後には背中もしっかりと保湿してあげて下さい。ママと一緒に使える保湿剤を使うと、赤ちゃんの保湿ケアとママのスキンケアが一緒にできるので、入浴後のケアがとっても楽ですよ。

赤ちゃんから使える保湿入浴剤などで、保湿ケアをしてあげるのも効果的です。

ツヤ肌先生さくらは1人目の子供の時に、ずっと「あせも」だと思っていた湿疹が、実は乾燥が原因で保湿をしたらすぐに治ったという経験があります。赤ちゃんの湿疹は乾燥が原因の場合も意外と多いで、注意が必要ですね。

 

ピンクのチェックマーク アトピー性湿疹


自宅でケアしているのに、なかなか湿疹が良くならない場合、アトピー性皮膚炎の可能性もありますので、長引く場合は小児科を受診しましょう。

 


ツヤ肌先生さくらのまとめ

赤ちゃんの肌は、汗をかきやすく乾燥しやすいので、気を抜くとすぐに肌トラブルが起きてしまいます。特に背中は湿疹ができやすく、ねんね期の赤ちゃんの場合は治りにくい場所でもあります。

ツヤ肌先生さくらの子供たちも背中の湿疹がよくできていましたが、清潔と保湿を心がけることで、改善されました。入浴時に保湿入浴剤を使って清潔&保湿し、お風呂上がりはママと一緒に赤ちゃんにも使える保湿剤でケアすると、治りが良くママの負担も少なくてすみました

赤ちゃんは肌がデリケートなので、あせもを治すために背中を清潔にした後も、保湿してあげないとすぐに乾燥性湿疹ができてしまいますかゆい湿疹は赤ちゃんだって辛いはずです。適切なケアで早く治してあげたいですね。

>>赤ちゃんから使える自然派保湿入浴剤はこちら
>>赤ちゃんとママが一緒に使える保湿化粧品はこちら

 

  関連記事

 

ピンク矢印乳児湿疹は乾燥も原因!赤ちゃんのスベスベお肌を守る方法

ピンク矢印子供の目の周りのカサカサ対策!ママと一緒にスキンケア

ピンク矢印乳児の乾燥肌に保湿クリームは使っていいの?

ピンク矢印赤ちゃんの肌質は親から遺伝するの?

ピンク矢印授乳で乳頭が痛いのをどうにかしたい!乳頭トラブル対策

ピンク矢印出産で老けるは本当?出産老けの真相とは