産後のお腹に引き締めジェルやクリームは効果があるの?

産後のお腹を引き締めたいというのは、誰でも願うことだと思います。お腹を引き締める方法を考えた時に一番取り掛かりやすいのが引き締めジェルやクリームではないでしょうか?

ツヤ肌先生さくらも、最初に思いついたのが引き締めジェルでした。でも、産後は肌も敏感になっていますし、どんな引き締めジェルやクリームを使ってよいのかわかりませんでした。そもそも引き締めジェルって本当に効くの?と疑問も持っていました。

そこで、産後のお腹に引き締めジェルやクリームは効果があるのかまとめてみました。

産後のお腹に引き締めジェルやクリームは効果的?

引き締めジェルやクリームは、もちろん商品それぞれの引き締め成分が入っています。温感成分で温めて脂肪燃焼を助けるものや、植物成分で引き締めるものなど様々です。

産後のお腹に引き締めジェルやクリームは効果的か?という疑問には、「効果的」という回答になると思います。でも、本当にどんな引き締めジェルやクリームでも効果的なのかという部分には疑問が残ります。

「何を言っているの?」と思われるかもしれません。引き締めジェルが効果的だと判断する理由、そこに疑問が残る理由を1つ1つ詳しくご説明させて頂きます。

引き締めジェルが効果的だと思う3つの理由

1 マッサージ効果


お腹を引き締めジェルやクリームで優しくマッサージをすることで、脂肪を分解しやすい形に変えることは可能です。

脂肪を燃焼しやすくするには、硬い脂肪から柔らかい脂肪に変化させる必要があります。エステサロンで揉み出しをするのはこのためです。毎日引き締めジェルやクリームで軽くマッサージをすることで、脂肪を燃焼しやすい形に変えることができるのです。

 

2-1  意識が向く効果


ジェルやクリームをお腹に塗るためにはお腹に触れますので、意識をお腹に向けることになります。毎日1度はお腹に意識が向くのです。

人間の体は意識を向けた場所の筋肉を効果的に使うことができますので、お腹を引き締めることに繋がっていくと思います。

運動をしてお腹を引き締める時にも、ぜひお腹の筋肉を意識しながら運動してみましょう。これはプロのアスリートも行っている方法なので、効果が全く違ってきますよ。

 

3-1 保湿効果


実は産後に限らず、引き締めを行うなら肌の保湿は必須です。皮膚には元々引き締めようとする働きがあります。しかし、十分に保湿されていない肌は、新しい皮膚を作っていく力や肌を柔軟に保つ力が落ちているので、引き締めができなくなります。

引き締めジェルやクリームのほとんどに、「保湿」という言葉が使われているのはそのためです。

産後の肌はホルモンバランスの変化によって敏感になります。お腹も思っているよりも乾燥します。つまり、通常よりも保湿に重点を置かないと、引き締め効果が落ちてしまうという事です。

産後にぴったりの引き締めジェル・クリームは?

冒頭にもお話しましたが、産後は肌が敏感です。

ツヤ肌先生さくらもいくつか引き締めジェルを試しましたが、中にはお腹にかゆみが出てしまった物もありました。そうならない為にも、いつもより成分に気を使って選ぶことが重要です。

そう思って引き締めジェルやクリームの成分を1つ1つ見たとき、あることに気が付きました。引き締めジェルやクリームの成分って、妊娠線クリームや基礎化粧品とほとんど変わらないのです

保湿・たるみケア・ハリ・・・これって、基礎化粧品の得意分野です。特にエイジングケア用の基礎化粧品は、まさにこのための化粧品です。

肌にも優しく保湿効果も高いので、かゆみがでることもありませんでしたし、なにより引き締めジェルやクリームを使っている時よりも、皮膚にハリが出てきました

基礎化粧品には、温感成分などは入っていないことが多いです。でも、この温感成分は体の表面が少し暖かくなるだけなので、気休めに過ぎません。お風呂でじっくり温まりながら、お腹をマッサージする方がずっと効果が高いです。

今は優秀なオールインワン化粧品がでていますので、それらを利用すれば引き締めジェルやクリームよりも、時間の短縮につながると思います。価格も、引き締めジェルやクリームよりも安価なのも嬉しいですね。

引き締めクリームなどはちょっと試しにくい時には、オールインワン化粧品を利用してみるもの良い方法ですよ。

 


ツヤ肌先生さくらのまとめ

オールインワンゲルを産後の引き締めジェルやクリームの代わりに使用するというのは、知る人ぞ知る裏ワザです。気を使っている人には、ボディケアも基礎化粧品で行う方が多いですね。

敏感肌の方でも安心して産後マッサージを行えますし、入浴後はスキンケアとボディケアが1本で完結するのも魅力です。もちろん、スキンケアはお気に入りの基礎化粧品を利用して、ボディケアのみオールインワン化粧品を使用する方もいますね。

また、妊娠腺クリームも効果的ですので、妊娠中に使っていたものが残っていたら使用することをオススメします。ただ、新しく購入となると、お顔と一緒に使えて残った時にも無駄にならないオールインワンゲルの方が、使いやすいかもしれませんね。

「引き締めは引き締めジェルの仕事」という固定概念を外すことで、もっと効果のあるものに出会えることもあります。柔軟な考え方こそ、美しさへの近道なのかもしれないですね。日々精進していきたいです。

 

>>引き締めジェル以上の引き締め効果!保湿化粧品はこちら

 

カサカサ肌

 

 

  関連記事

 

ピンク矢印出産で伸びた皮を戻す6つのポイント

ピンク矢印産後の肌荒れ!ママのお肌にはこんなことが起きている

ピンク矢印産後の乾燥肌対策!つるすべ肌を取り戻す3つのポイント

ピンク矢印妊娠・出産で目の周りが乾燥!カサカサおめめを救え

ピンク矢印葉酸サプリは授乳中にも飲んだ方がいいの?

ピンク矢印出産こそエイジングケアのタイミング

ピンク矢印肌の乾燥で背中がカサカサ!背中の乾燥肌対策

ピンク矢印保湿をするとリフトアップ効果もあるらしい!?