産後のシミに効果的な化粧品って?技アリ化粧品をご紹介

産後、突然シミが増えた!」という方多いですよね。

これは妊娠中に増加したエストロゲンがシミ原因であるメラニンの生成を活発にしてしまうからです。

そして妊娠にできたシミの元が、産後にシミとなって現れます。

そうは言っても、シミができるのは歓迎できることではありません。

ひどくなる前にしっかりとケアしていく必要があります。

産後のシミ対策に効果的な化粧品のポイントは2つです。

ピンクのチェックマーク 敏感肌でも使えること
ピンクのチェックマーク 美白だけでなく保湿も行えること

この2つの条件が満たされた美白化粧品を使う事で、産後のシミは改善されます。

では、詳しくご紹介していきます。

産後シミ対策化粧品選び!なぜ2つのポイントが?

ピンクのチェックマークなぜ敏感肌でも使える必要があるの?

別に私は敏感肌じゃないんだけど・・・という方もいるはず。

でも、その考え方はちょっと待って下さい!

産後は隠れ敏感肌になっていることも多いのです。

 

産後の肌はホルモンバランスが急激に変化し、肌の状態が大きく変わります。

そして、肌のバリア機能が落ちているため、少しの刺激で肌への負担となります。

つまり、敏感肌の状態に傾いているのです。

産前は敏感肌でなかったあなたも、産後の今も敏感肌という意識はないあなたも、実は肌の力が落ちています

美白化粧品は一般的に、シミに効果はあるけれど肌への負担になる成分を用いているものが多いです。

そのため、敏感肌の状態で美白化粧品を使ってしまうと、肌の負担になり更にシミを生むという事態になることも・・・。

産後のシミに効果のある化粧品を選ぶ時には、「敏感肌でも安心して使える美白化粧品」を選ぶことが大切です。

ピンクのチェックマークなぜ保湿も必要なの?

産後のシミの改善には、肌のターンオーバーを整えて新しい肌の細胞を作っていくことが必要不可欠です。

正常な肌のターンオーバーの周期は28日です。

でも、産後のターンオーバー周期は約40日くらいになってしまうと言われています。

肌のターンオーバーを正常に保つには、肌が潤っていることが必要です。

肌はしっかりと保湿されているからこそ、正常な働きをすることができるのですね。

効果的にシミ対策をしたいなら、保湿は絶対に欠かすことができない要素です。

産後のシミに技アリ化粧品は?

電球【王道なのに革新的!?】理想の産後シミケア化粧品

ツヤ肌先生さくらがたくさんの基礎化粧品を使っている中で見つけた、産後のシミに効果的な化粧品はディセンシアの「サエル」です。

サエル トライアルセット

「サエル」は、産後のシミ対策に必要な2つの条件【敏感肌でも使える事しっかり保湿ができる事】を見事に満たした化粧品だと思います。

敏感肌専門メーカーの美白化粧品なので、敏感肌の方に特化した成分構成で肌に負担がありません

また、保湿効果も高く、1つでシミと乾燥肌を解決してしまう、まさに産後の肌にはぴったりの化粧品だと感じました。

もっと早くこういう化粧品があれば、産後のシミから救われる方が多かったのではないかと感じています。科学と技術の進歩に感謝です。

 

>>あなたの肌を守りながらシミをケア!?【サエル】の詳細はこちら

電球【邪道!?】産後のシミを○○○でスピーディーにケアするシミ化粧品

産後のシミ対策には、肌への優しさを最優先に考える必要があるという考え方は変わりません。そのためには、少し時間も必要です。
 
でも、「同窓会がある」「職場復帰が近い」など、シミをなるべく早く解決しなければならない状況の方もいますよね。
 
そんな方にオススメなのが、ビーグレンの「ホワイトケア」です。
ビーグレンホワイトケア
医学会認定の化粧品として知られるビーグレン。
 
ビーグレンのホワイトケアには、ハイドロキノンが配合されており、スピーディーなシミ対策が期待できます。
 
ハイドロキノンは、メラニン色素の生成を抑えると同時に、メラニン色素の元であるメラノサイトを破壊する成分です。
多くの美白化粧品で使用され、高い効果がありますが肌への負担も大きいことでも有名です。
 
本来なら、産後のデリケート肌でハイドロキノン配合の化粧品を使うのはおすすめできません
でも、ビーグレンのシミ対策化粧品は、独自技術で肌に負担をかけない形でハイドロキノンを使うことができるんです。
 
ビーグレンの化粧品は、「QuSome®(キューソーム)」という独自技術で、皮脂に似た成分で有効成分をコーティングすることにより、肌に負担のない形での肌の深部までハイドロキノンを届けることが可能です。
もちろん独自技術で、保湿効果もバッチリです。
 
ビーグレンは、産後のデリケート肌に安心して使える唯一のハイドロキノン配合化粧品だと感じています。
実際に使ってみても、ハイドロキノン配合なのにヒリヒリ感は全くありませんでした。
 
ただ、ハイドロキノンを使っている時の肌は、通常よりも紫外線の負担を受けやすくなります。
 
ハイドロキノン配合の化粧品を使用している時には、いつも以上に紫外線対策に気をつけましょう。

 


ツヤ肌先生さくらのまとめ

産後のシミ対策には、「敏感肌でも使える」「保湿もできる」この2つの条件が揃った化粧品を使うことが改善の近道です。

産後の肌はデリケートなので、化粧品選びも気を使いたいですね。

この2つをキーワードに、あなたに合ったシミ対策化粧品を探してみて下さい。

 

>>理想的な産後シミ対策「サエル」の公式サイトはこちら

>>即効性重視の産後シミケア「ビーグレン ホワイトケア」の公式サイトはこちら

 

しみ対策ランキング

 

カサカサ肌

関連記事 関連記事