メディプラスゲルって夏の肌にも効果的なの?【メディプラスゲル体験談】

保湿やエイジングケアに効果があると話題のメディプラスゲルですが、保湿のイメージが強すぎて夏には使いにくいイメージがあるという声もあります。せっかくなら季節にあった基礎化粧品を使って、常にきれいな肌でいたいですので疑惑を持つのは当然です。

メディプラスゲルは夏の肌にも効果があるのかご紹介します。

メディプラスゲルの夏の肌への効果は?

夏の肌のダメージをケア

夏は紫外線など、肌への刺激が大きい季節です。目に見えなくても、毎日の紫外線で肌は炎症を起こしています。メディプラスゲルには、カワラヨモギエキスなどの肌の炎症を抑える効果の高い成分や、グリコシルトレハロースなど、肌を紫外線からバリアし守る成分も含まれています。

そのため、夏のお肌のダメージの回復にも効果があります。

夏の疲れた肌に優しい成分

夏は毎日のダメージで、肌がデリケートになっています。そのため、普段は刺激とならないものでも肌に負担のなってしまうことがあります。夏は肌に優しい成分の化粧品で肌をいたわってあげると、夏が終わった時の肌のダメージが全く違ってきます。

メディプラスゲルは敏感肌にも優しい化粧品なので、夏の肌にも安心して使うことができます。

夏の肌の乾燥をケア

夏は蒸し暑い日が続くので、肌の乾燥への意識が無防備になりがちです。しかし、夏はエアコンや扇風機の風などで肌が乾燥しやすい季節なのです。

夏こそ保湿が大切です!メディプラスゲルは、ベタつくことなく肌の奥まで保湿してくれますので、夏には使いやすい保湿化粧品だと思います。

メディプラスゲルは美白にも効果があるの?

メディプラスゲルには、多くの美白化粧品に含まれている「アスコルビルエチル」というビタミンCが含まれていますし、肌のターンオーバーを整える成分もたくさん含まれていますので、美白効果も期待できます。

ただ、メディプラスゲルは肌を元気にすることで美白もしていくという化粧品なので、直接的に美白していくタイプの化粧品ではありません。もし、夏の美白をメインに考えるのであれば、美白に重きを置いた基礎化粧品を使った方が、効果が早く見られるかもしれませんね。

メディプラスゲルで毛穴をキュッと引き締め【夏のメディプラスゲル活用法】

私は夏もメディプラスゲルを使っていますが、メディプラスゲルを夏に使うと特に毛穴がキュッと引き締まります。メディプラスゲルは毛穴を引き締めのに必要な成分も入っていますが、そのおかげではなく夏限定のメディプラスゲルの使い方のおかげで毛穴が引き締まっています

特にもったいぶるつもりはありません。夏限定のメディプラスゲルの使い方と言うのは、冷蔵庫で保管するというものです。他の化粧水でもやりそうな簡単な方法なのですが、メディプラスゲルを冷蔵庫に入れるからこそ毛穴ケア効果が高まります。

夏は毛穴が気になりやすくメイクも落ちやすいですが、朝洗顔後に冷蔵庫から出してのメディプラスゲルを顔につけると、ひんやりしてキュキュッと毛穴が引き締まります。冷蔵庫に入れた化粧水を使ってもすぐに体温で温まりますが、メディプラスゲルはゲル状なのでひんやりが持続しやすいです。

そしてメディプラスゲルのゲルの硬さが絶妙なんです。固めのゲルだと冷蔵庫で冷えてさらに固くなってしまうので肌への浸透が悪くなりますが、メディプラスゲルの固さは冷蔵庫に入れてから使っても肌へはちゃんと浸透するので、スキンケア後のメイクもしやすいです。

私はメディプラスゲルを使う前は、夏は毛穴を引き締めるためにスキンケア後に保冷剤で肌を冷やしてからメイクをしていました。でも今は保冷剤を準備しなくてもメディプラスゲルがスキンケアと毛穴の引き締めを同時にしてくれるので朝の時短に役立っています。ぜひ、この感動をあなたにも感じてみて欲しいです。

>>メディプラスゲルを7年使っています!美容好きの私がメディプラスゲルを辞めない理由【体験談】

美白化粧品もいいけど…まずは夏肌ダメージの回復が最優先

夏用の化粧品を選ぶ時についつい美白化粧品を選びたくなりませんか?紫外線が気になる季節ですし、この夏の紫外線ダメージを肌に残したくありませんし、新たなシミなんて言語道断ですからね。

確かに美白化粧品もいいのですが、まずは夏のダメージケアに注力すべきかなと思います。ダメージケアに最も必要なのは保湿です。小手先の保湿ではありません。肌のセラミド量を増やし、表面だけなく肌の奥の奥も乾燥していない本当の保湿が必要です。

私も美白化粧品に頼っていた時期がありますが、美白化粧品の使用感って夏に使うことが多いからか軽めのテクスチャーのものが多いです。もっと言えばエアコンがガンガン効いた部屋にいると、肌はちょっと乾燥すると言うか…。せっかく美白成分が入っていても、肌が乾燥してしまっては肌は美白成分を生かすことができません。肌に美白成分を与えたいならば、まずは肌がたくさん水分をため込めるだけの力をつける必要があるんですね。

健康な肌にはダメージを受けた肌を自分で修復する力があります。しかし年齢と共にこの修復作用が低下するので日焼けが残りやすかったり、シミになったりしてしまうのです。

もちろん紫外線ダメージは受けないようにする必要がありますので、日焼け止めや日傘、帽子などで紫外線をさえぎる努力は必要です。でも、それと同時に肌の奥をプルプルに潤わせて、自己防衛機能を最大限に発揮できる環境を作ってあげる必要があります。

まとめ

メディプラスゲルは、夏のダメージケア・保湿にぴったりな肌に優しい化粧品です。ポンプ式の手軽さも、スキンケアが億劫になりがちな夏には使い易いです。

ただ、美白という観点からみると少々弱い部分があるかもしれません。夏は美白をメインにスキンケアを行っていきたい方は、敏感肌でも使える美白化粧品を使ってみると、満足いく美白効果が得やすいと思います。

>>【安心成分】妊娠中・産後のスキンケアランキング