秋の肌のお手入れが老け肌の明暗を分ける・・・!?

秋の女性

秋の肌は、夏に浴びた紫外線のダメージを引きずりながら、空気の乾燥にも対応しなければならない状況。

実は、本当に過酷な状況にさらされているのです。

夏に美白対策をしたり、冬に乾燥対策をする方は多いのではないでしょうか。

しかし、夏の疲れをリセットして冬の乾燥肌に備える、秋のスキンケアの重要性を知らないのはもったいな過ぎます。

真冬の厳しい寒さと乾燥に向けて、秋の時期にしっかりと肌をリセットしておかないと、お肌は老化の一途を辿ることになってしまうのです。

キレイな肌を作る秋の肌のお手入れについてご紹介します。

秋の肌のお手入れで最も気をつけたいのは・・・

秋のスキンケアで最も需要なのは、肌力の強化です。

スポーツも体力がなければ試合を戦うことができませんよね。

それと同じで、肌だって肌体力がなければ冬の肌には立ち向かえません。

夏のダメージを回復しつつ、次の試練に立ち向かう準備をするのが「秋のお手入れ」なのです。

肌体力を上げるには保湿!

肌は保湿をしてあげるだけで、かなり回復します。

秋のお手入れでは、保湿を心がけてあげましょう。

夏用の美白化粧品などが残っている場合は、プラスワンで保湿に特化した化粧品を入れてあげるといいですね。

ただし、注意したいのは肌を甘やかし過ぎる保湿は逆効果になる事もある点です。

冬の乾燥に耐えれる肌というのは、肌の機能が100%有効に働いている肌です。

肌には元々肌を健康に維持する機能があります。

しかし、「高保湿化粧品」をバンバン使ってしまうと、肌が化粧品に甘えてしまい、本来持っている保湿機能が退化してしまいます。

これでは非常にもったいない!!

だからこそ、秋の化粧品選びが重要になってくるのです。

>>秋のお手入れにぴったりの化粧品・・・こっそり教えちゃいます!

 

秋のスキンケアの選び方

ポイント1敏感肌でも使えるものを選ぶ

秋のスキンケアは、敏感肌でも使える化粧品を選びましょう。

普段は敏感肌を感じない人であっても、秋の肌はとてもデリケートな状態です。

そのため、いつもの調子でスキンケアを選ぶと、肌が付いていけない場合も多いもの。

 

ポイント2守るケアではなく攻めのケアを選ぶ

保湿と聞くと肌を労わるイメージがありますよね。

ただ、冬に備えるための秋のお手入れは、守るだけでなくキレイな肌でいるために攻めて欲しいところです。

と、言うのも、秋の肌はお手入れ方法さえ間違えなければ、1年で一番美しい肌の状態を保つこともできる時期なのです。

ツヤ肌先生さくらは、「秋に美肌を手に入れず、いつ手に入れるんだ!」を信条にスキンケアに励んでいます。

攻めのスキンケアをするためには、肌をワンランクアップするための成分が配合されていることが絶対条件です。

>>雑誌で話題の攻める敏感肌化粧品って・・・?

 


ツヤ肌先生さくらのまとめ

保湿をしながら、肌力を上げる化粧品で上手にお手入れをすることで、秋の肌はどんどんキレイになっていきます。

美肌を作るなら今がチャンスです。

逆に、今の時期にスキンケアを誤ると肌の老化は進みやすい・・・ということです。

冬に後悔しなくないから、秋のお手入れはちょっと頑張ってみませんか?

>>秋美肌を作る、攻める敏感肌化粧品の詳細はこちら