ファムズベビーとワセリンはどちらが良いの?実体験からご紹介

ワセリンとファムズベビー

おむつかぶれや肌荒れなど、赤ちゃんの肌トラブルで小児科を受診する多くの場合ワセリンを処方されるため、赤ちゃんの保湿=ワセリンのイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。私(さくら)も、1人目の時は赤ちゃんの保湿にはワセリンがベストな選択なのだと思っており、ワセリン信者の一人でした。

でも、最近赤ちゃんのおむつかぶれや肌荒れ、アトピーなどが改善されたと話題になっているファムズベビーが雑誌で見てから気になるようになり、実際に試してみました。

ファムズベビーとワセリンは、どちらが赤ちゃんの肌トラブルに効果的なのか、使ってみた本音を交えてご紹介します。

ワセリンとファムズベビー、2つの特徴をご紹介

ワセリンは肌にフタをして皮膚が乾燥するのを防いでくれるタイプの保湿剤です。肌に負担がなく安心して使えるのが1番のメリットですね。

ただ、ワセリンは使用感がベタつくので使用感が良くなかったり、季節によっては使いにくかったするのがデメリットです。ワセリンはベタつくわりに意外と落ちやすいため、1日に数回塗り直す必要もあります

ファムズベビーも肌をバリアして、皮膚の乾燥を防ぐタイプの保湿剤という点ではワセリンと共通しています。

ファムズベビーのメリットは、バリア効果が8時間持つという点と、泡で出てくるタイプの保湿剤なので伸びがよく、塗った後はベタつきが全くないのでサラサラしているという点です。

デメリットは、もちろん赤ちゃんに特化した商品なので安全性にも気を使われていますが、市販品なので防腐剤が少量ながら含まれているという点です。多くの赤ちゃん用保湿剤にも使用されている防腐剤なのですが、ワセリンと比べると防腐剤のリスクは気になるかもしれません。

ワセリンとファムズベビー、実際に使いやすかったのは…?

ワセリンとファムズベビーの2つの特徴を踏まえた上で、私(さくら)が実際に子供たちと使ってみて良かったと思ったのはファムズベビーでした。

やはりワセリンのベタベタした使用感を子供が嫌がった事と、ベタベタしている割に効果が見られなかったので、ファムズベビーを使うという選択を取りました。

実はワセリンは石油由来の保湿剤です。100%天然の石油が原料なので、成分的には100%天然成分という扱いになってしまうのでが、はっきり言えばワセリンは敏感肌の間では懸念される鉱物油でできています。それも100%鉱物油です。

大人用の化粧品でさえも、鉱物油不使用がスタンダードになっている時代に、赤ちゃんの肌に鉱物油を毎日たっぷり使うのは正直心配もあります。私はそういう安心の面でもワセリンよりファムズベビーを選びました。

特におむつかぶれやアトピー肌には、ファムズベビーのサラサラしている使用感と、バリア効果の長さは助かっています。

ファムズベビーは、授乳や食べこぼしで子供の口の周りが荒れるのを予防したりにも使えて用途が広いので、個人的には赤ちゃんの肌荒れにはファムズベビーを使っています。

ファムズベビーはワセリンと併用しても大丈夫?

私はファムズベビー単体で使う機会が多かったですが、中にはワセリンを病院で処方されてファムズベビーとワセリンを併用したいという方もいますよね。

ファムズベビーとワセリンは併用しても問題ありません。ただ、上記でも述べたようにファムズベビーもワセリンも肌の表面を覆ってバリアするタイプの保湿剤なので、二重使いすることに大きな意味はないかもしれません。

私がファムズベビーに出会う前に、皮膚科に子供を連れて行った時に医師に言われたのは、「子供の肌を守るためには必ずしも処方薬を使う必要はなくて、市販の保湿剤で肌をコントロールできるならそっちの方がいいんだよ。」という言葉でした。

肌のバリア機能を守るという観点から考えれば、ワセリンとファムズベビーを重ねて塗るのであれば、外的刺激から守る役割はどちらかに絞って、肌の内側を潤わせて肌のバリア機能をアップさせる方法をとった方が、肌はキレイになると思います。

何よりも2つも付けたら面倒ですよね。同じ2ステップなら、役割の異なる2ステップの方が効率的ですよね。

もちろんワセリン独特のベタつき具合が潤っている感じがして好き!という方もいますし、子供でもベタつきを気にせずに過ごせる子もいます。そういった方は無理してファムズベビーを使う必要はなく、ワセリンで肌をバリアしてあげれば十分だと思います。

あくまでファムズベビーは「塗り直し回数は少ない方がいい」「乾燥は嫌だけどベタつくのも避けたい」という方向けのバリア保湿フォームです。

 

ファムズベビーもワセリンも肌をバリアして乾燥を防ぐタイプの保湿剤ですが、使用範囲の広さと不快感のない使用感という面で、ファムズベビーが気に入っています。もちろん個人の好みもあると思いますが、ツヤ肌先生の子供たちはベタベタした使用感の塗り薬を使うと機嫌が悪くなるので、ファムズベビーは助かります。

ファムズベビーの泡を塗る時が気持ちがいいようで、塗ると機嫌がよくなるのは嬉しい効果の一つですね。何度も塗り直す必要もないので、外出時にも便利です。

以上のような理由から、個人的にはワセリンよりファムズベビーの方が使いやすくて好きです。

ワセリンかファムズベビーかは、あなたと赤ちゃんの使用感の好みと、生活スタイルで選ぶのが良いと思います。

>>赤ちゃん肌を長時間のバリア!ファムズベビーの気になる効果はこちら【体験談】