妊婦はハトムギ化粧水を控えるべき?みんなの声もご紹介

ハトムギ化粧品は肌を整えてくれる強い味方。特にイボのケアに定評がある成分です。でも、妊娠中はハトムギの摂取を控えた方がいいとされていますので、ハトムギ化粧品の使用も控えた方がいいのか気になりますよね。

ハトムギ化粧品は妊婦も使っていいのかご紹介します。

妊婦もハトムギ化粧水は使って大丈夫?

美容と健康にいいとされるハトムギ。

ハトムギ化粧水は昔から多くの女性の美肌を作ってきました。特にハトムギはイボにいいとされ、薬を使いわずにイボのケアをしたいという女性にも愛されてきました。

妊娠中はホルモンのバランスが変わるため、突然イボができたと悩まれる妊婦さんは少なくありません。妊娠中はむやみに薬を使うわけにもいきませんし、「ハトムギ化粧水はどうだろう!?」と思われる妊婦さんが多いようです。

また、何なく妊娠中は自然派の化粧品を使った方がいいような気がしますし、ハトムギ化粧水はぴったりな気もしますよね。

でもハトムギは流産を引き起こしやすくなるとされていますので、妊婦さんはハトムギ化粧水の使用も注意が必要です。

化粧品お茶などのように直接体に入れるものではありませんが、肌からも化粧水の成分は吸収されますので、ハトムギを主要成分としている化粧水は避けておくのが無難です。

もちろんハトムギ化粧水を使ったらすぐに流産する訳ではありませんし、絶対に流産する訳もありません。実際に妊婦の間はずっとハトムギ化粧水を使っていたけれど無事に出産した方もいます。

ただ、何があるかわからない妊娠期間中は、安心のためにもハトムギ化粧水の使用は控えておいた方がいいですね。化粧品の中のたくさんの美容成分の1つとしてハトムギが入っているくらいならば、私は問題ないという考え方です。あくまでハトムギが妊婦によくないのは多量に摂取した場合です。

妊婦はハトムギを控えた方がいい?流産しやすいってほんと?<

ハトムギは漢方でもよく使われています。漢方では「ヨクイニン」と呼ばれているのがハトムギです。最近ではハトムギのサプリメントなどが出ているほど、イボや肌荒れに効果があるとされています。

ハトムギには消炎作用や、体内の水分のバランスを整えて肌を健やかに保つ働きがあり、肌荒れに悩む方やイボに悩む方に処方されます。

効果だけ見れば妊婦にこそぴったりな成分なのですが、漢方ではハトムギ(ヨクイニン)の余分なものを体外に排出する働きは、赤ちゃんも余分なものとみなしてしまうことがあります。

また、ハトムギにはホルモンバランスを整える作用や、子宮の働きを正常にする作用もあります。

妊娠中はホルモンバランスも妊娠前とは違っていますし、子宮ももちろん違っています。これを通常の状態(妊娠前の状態)に戻そうとする働きが作用することによって、流産の危険性が増すとされているのです。

漢方では、妊娠中の女性のハトムギ(ヨクイニン)の摂取は禁忌とされています。

ハトムギは十六茶や爽健美茶などの健康茶にも入っていますので、妊婦さんは飲み物にも気を使いましょう。

>>妊娠中も安心の飲み物は?実際に飲んでいたおすすめベスト5

ハトムギ化粧品を使っていたママさんもいました。みんなの評価は?

笑う2

妊娠してから敏感肌になって今まで使っていた化粧水が合わなくなったので、ハトムギ化粧水を使っていました。妊娠8ヶ月くらいの時にハトムギ化粧水は妊婦はやめた方がいいって知ってやめるまで使ってたけど、特に問題なく出産できました。

笑う

ハトムギ化粧水とニベアの青缶で肌が蘇りました。

悲しむ1

妊娠中にハトムギ化粧水を使ってみたけど、全然潤わない。水をつけてるみたいで残念でした。

笑う

妊娠中のスキンケアは、ハトムギ化粧水+メディプラスゲル が私の中では最強でした。

妊婦の間もハトムギ化粧水を使っていたという方は結構いました。化粧水に合う合わないがあるように、顕著に化粧水の成分が体に影響を与えてしまう人と、そうでない人がいます。

ご紹介したように妊婦さんでもハトムギ化粧水を使っていた方もいます。ただ、安心を求めるならば妊婦さんはハトムギ化粧水の使用は控えておいた方がいいかもしれません。何かあっては大変なので、気を使いすぎも疲れてしまいますが、できる範囲で気を配って置きたいですね。

メディプラスゲルを実際に試す前に<b “>知っておきたいデメリットも包み隠さず暴露していますので、妊娠中のスキンケア選びの参考にして頂ければ嬉しいです。『たまひよ』などの雑誌でも話題のメディプラスゲルを徹底調査しました。「肌に優しいのに攻めている」という噂は本当か?7年使っているからわかるメリット・デメリットをご紹介しています。

ハトムギ化粧水は授乳中なら使用しても大丈夫

産後であればハトムギ化粧水を使っても大丈夫です。ハトムギのホルモンバランスを整える作用や子宮を戻す作用も、産後は有効に働いてくれます。授乳中でもハトムギ化粧水の使用はOKです。

イボのケアでハトムギ化粧水は使いたい方は、産後まで待ってみてください。

ただ、妊娠中も産後も肌はデリケートな状態なので、ハトムギ化粧水に含まれている防腐剤などには注意が必要です。

パラベンフリーと書かれているハトムギ化粧水であっても、実際には「○○パラベン」などパラベンの仲間の防腐剤が配合されていることが多いです。妊娠中・産後は「○○パラベン」と書かれた成分も配合されていない化粧品を選ぶと、肌トラブルに悩むことが少ないので注意して成分をチェックしてみてください。

また、香料が使ってある化粧水にも注意しましょう。香料は気持ちをリラックスさせてくれる効果もありますが、肌には刺激になります。妊娠中や産後は香料不使用の化粧品を使う方がいいですね。

>>妊婦さんも安心成分の超保湿オールインワン美容液を使っています

>>【安心成分】妊娠中・産後のスキンケアランキング