赤ちゃんとママ

育児で忙しいママを突如として襲う、産後の肌荒れ。すぐに治るはずと思っていると、いつまでたっても良くならずストレスもたまるばかりですよね。
独身時代なら行けたはずのエステにも行っている時間はありませんし、育児が忙しくて自宅でのスキンケアにもなかなか時間がさけません…。

さくらさくら

私も長男を出産後から肌荒れに悩み、鏡を見るたびに憂鬱な日々を送っていましたが、正しいケアとアイテムで見事肌を復活させることに成功しました!


今回は、産後の肌荒れが治らない時の、自宅ケアを成功させる3つのポイントをご紹介します。

産後の肌荒れが治らない時の自宅ケア【3つのポイント】

さくらさくら

私は1人目の出産後の肌荒れがひどく、当時はまだ知識もなかったのでどうしていいか分からず皮膚科を受診しました。その時に医師に言われたのが、今回のポイントです。
2人目、3人目出産後も肌荒れしましたが、このポイントを意識して自宅ケアを行うことで早めに克服することができました。

まずはとにかく清潔と保湿を意識

肌はもともと自らを守る力と修復する力を持っています。あれこれ手をかけるよりも、肌本来の力を取り戻してあげることが産後の肌荒れケアには大切です。

肌力回復には、清潔と保湿が欠かせません。皮膚科の先生曰く、「ひどいアトピー肌でも清潔と保湿で肌は良くなる」とのことでした。

クレンジングには、メイクを落とす働きのほか、余分な皮脂や酸化した脂を落とす働きもあります。肌荒れが気になる時には、メイクをしていない時にも、夜はクレンジングを使うといいですね。オイルクレンジングは肌の負担になるので、ジェルクレンジンやミルククレンジングを使うとさらにGOOD

ダブル洗顔不要のクレンジングを使うと忙しい産後の時短になります。

さくらさくら

洗顔後や入浴後は5分以内に保湿するのがポイントです。

肌と健康にいい食事

 

短時間でも良質な睡眠

肌荒れ対策には良質な睡眠が欠かせません。世の中の多くの人が言うのが、『長時間の睡眠を取ることが肌のためにはいい』という意見ですが、実はコレは間違いです

肌荒れに対策に必要なのは、睡眠時間の長さではなく睡眠の質

産後のママは赤ちゃんのお世話で夜中に何度も起きる必要があり、長時間の睡眠なんて夢のまた夢…。でも大丈夫!睡眠の質をあげれば短時間の睡眠でも肌荒れケアの効果を発揮してくれますし、短時間睡眠でも動ける体をつくれます。

睡眠の質を上げるコツ

部屋の温度と湿度に気をつける

睡眠の質を上げるには部屋の温度と湿度も大切です。湿度は50〜60%、室温は夏は25℃前後、冬は22℃前後にすると快適に眠ることができます。これは、赤ちゃんが快適に過ごせる温度と湿度でもありますので、ぜひ1つ温湿度計を用意してみてください。

横になる前の軽いストレッチ
布団に横になる前に、軽くストレッチをすると適度な疲れでぐっすり眠ることができます。時間がある時には入念にストレッチをするのも良いですが、時間がない時や疲れている時には手足と股関節のストレッチをするだけで違ってきます。
手首は手のひらを上に向けて手を伸ばし、反対の手で指を下に押すだけ。足首はくるくる回すだけです。
股関節のストレッチのやり方は、あぐらの姿勢になり両足の足裏を合わせかかとを股に近づけます。そのまま膝を床方向に軽く30回ほど押せば全身の血行が良くなります。

布団に入ったら深呼吸
布団の中に横になったら、深呼吸をします。大きく鼻から吸って息をゆっくり口から吐きます。意識を呼吸に集中させ、酸素を足先や指先に行き渡らせるイメージで呼吸をします。10回ほど繰り返せばリラックス状態で睡眠に入ることができます。10回より前に眠気がきたらそのまま寝てしまってもOKです。

睡眠はストレス対策にも有効

赤ちゃんのペースで育児をしていると、どうしてもイライラしてしまうこともあります。小さなストレスをためていくと、いつか大きな反動となって返ってくることもありますので注意が必要です。

良質な睡眠は肌荒れ対策だけでなく、ストレス対策にも効果的ですので、ぜひ今日から睡眠の質も意識してみてください。

産後の肌荒れが治らない時に試して欲しい【肌荒れ克服アイテム】

【10秒でスキンケア完成】高保湿アイテム

育児雑誌にも掲載されていた24時間湿潤美容でおなじみの【メディプラスゲル】。敏感肌の方が負担なく保湿ケアできるように開発されただけあって、肌に負担のある成分は極力減らし肌にいい成分をギュッと凝縮させたゲルです。

ポンプ式なので、洗顔後や入浴後の肌にサッとつけられます。ケアの時間はわずか10秒!赤ちゃんと一緒にお風呂に入ると、ママのスキンケアができないという問題もコレなら解決します。

いまなら2ヵ月分2,790円(税抜)で試せます。継続でも割引があり月2,000円以下で使えてコスパもGOOD。30日間返金保証あり

>>メディプラスゲルでの10秒ケアで産後の肌荒れを克服しました【体験談】

【100%ボタニカル】抗炎症入浴剤

華密恋 入浴剤

色々な入浴剤を試して行き着いたのが、100%カミツレエキス(ジャーマンカモミール)の入浴剤【華密恋】です。カモミールは抗炎症作用や保湿効果が高く、アレルギー性の肌荒れの方にも愛用者が多い実力派の入浴剤です。

産後の肌荒れでの肌の炎症も優しくケアしてくれ、お風呂に入るだけでしっとり保湿肌に。オーガニックなので赤ちゃんの肌にも安心です。

カモミールの優しい香りには気持ちを落ち着かせる効果もあり、ママと赤ちゃんのリラックス効果も。うちの子たちは、この入浴剤を使うと夜の寝つきが良くて助かりました。

>>100%オーガニック成分の肌荒れ克服入浴剤を使っています【体験談】

産後のママのお肌にはこんなことが起きている!?

出産後のママの体は、出産で全ての力を出し切って疲れています。体の調子を整える事に精一杯で、肌の事まで気にかけていられない状況にあります。

そして、ママの体は出産を機に、母乳を出し、昼夜問わずの赤ちゃんのお世話に追われるようになります。そのため、睡眠不足の状態に。体が元気な状態でも、睡眠不足は肌にダメージを与えてしまいがちです。産後の弱っている体には、睡眠不足のダメージは肌に顕著に表れやすいため、産後は肌が荒れがちになります

中でも乾燥肌になる方が多いのは、肌を守る力がなくなると、適度に皮脂を出すこともできず、肌の水分はどんどん外に出ていく為です。

産後の肌荒れを解消するには、意図的に外から潤いを与えてあげるのが近道です

産後は忙しく、ゆっくりとスキンケアをしている時間はないものです。簡単に肌に潤いを与えてられるオールインワンゲルを使用するのも良いですね。ツヤ肌先生さくらは、出産を機にメディプラスゲルというオールインワンゲルを使い始めました。ポンプ式で手軽ですし、最近のオールインワンゲルは保湿効果も高いので助かっています。

余裕が無い時は、ゆっくりスキンケアをするのは、もう少し体が落ち着いてから!と割り切ると気持ちが楽だったりもします。手抜きだけど効果は高い、自分に合う化粧品を探してみるといいですね。

肌荒れ克服アイテムで治らない場合には受診も…

肌荒れ克服のポイントとアイテムを実践しても肌荒れが治らない場合には、一度皮膚科を受診してみてください。ただの肌荒れだと思ったのに、実はアレルギー症状だったというケースもあります。元々アレルギーはなくても、妊娠出産で体質が変化してアレルギーが発症するのは、意外とよくあることです。

今回ご紹介した方法を1ヶ月続けてみても改善する傾向が全くみられない場合には、皮膚科を受診してみると安心できると思います。

【産後の肌荒れはみんな通る道】ストレスをためないで!

産後の肌荒れは多くのママが経験しています。キレイでイキイキ育児をして見えるあのママさんだって、人知れずケアを頑張っているのかもしれません。

産後の肌荒れは一生懸命妊娠中からわが子を育てているから起きるもの。あなたが頑張っている証拠です。肌荒れはケアをすればだんだん良くなりますので、どうか肌荒れに悩み、ストレスをためるようなことは避けて欲しいと思います。

ストレスはママから笑顔を奪います。ママの笑顔が少なくなれば、赤ちゃんだって悲しい気持ちになります。肌荒れは落ち着きますので、ぜひ悩みを深くされないようにしてください。

さくらさくら

私は長男種産後の肌荒れがひどくストレスがたまってしまい、なかなか笑うことができなくなってしまいました。その頃から長男の機嫌が悪いことが多くなり、私のストレスが子供の情緒に影響を与えていることに気がつきました。

まとめ

産後はママの体も疲れていて、肌本来の力も落ちています。肌の力を取り戻すためにも、身体のケアをしつつ、しっかりと保湿ケアをしてあげましょう。
肌荒れは辛いですが、オールインワンゲルなども上手に利用して賢く効率的にケアをしていきたいですね。