グロースファクターはエイジングケアに効果的?副作用や化粧品も気になる

さくら

エイジングケア化粧品を見ていると、「グロスファクター」や「グロースファクター」という言葉をよく見かけます。細胞再生因子なんて書かれていたりして、「何かよくわからないけど凄そう」とついつい興味をそそられてしまいますよね。


でも、そもそもグロスファクターって何なのか、気になりませんか?この記事では、グロスファクターの謎、そしてエイジングケアへの効果をご紹介します。

グロースファクターって何?

グロースファクター(グロスファクター)は誰でも持っている、体内で作られるたタンパク質の一種です。主に細胞の分裂や再生をコントロールする働きをしています

実は、グロースファクターと一言に言っても、たくさんの種類があります。

そのうち一番有名なのが「EGF」と呼ばれるグロースファクターです。多くのエイジングケア化粧品でその名前を見かけるようになりました。「EGF」は1962年にアメリカのコーエン博士によって発見され、1986年にノーベル生理学医学賞を受賞しています。

当時は、再生医療の1つとして期待され、やけどを負った患者さんの皮膚の再生などのために使われていました。元々は、医療のために生まれた成分だったのですね。

日本では2005年に厚生労働省の認可がおり、化粧品への使用が開始されましたが当時はまだまだ高額の成分で配合されている化粧品の数はごくわずかで、値段も数万円していました。その後研究が進み、医療だけではなく化粧品分野でも使用されるようなり、最近はだいぶ価格も落ち着き、様々な化粧品で使用されるようになってきました。

グロースファクターはもともと人間の体の中にあるものです。グロースファクターの生成が活発な時期は肌の老化を感じません。しかし、体内で作られるグロースファクターの量は18歳を境に減少していきます。もっと厳密に言えば、18歳以降は肌の細胞増殖因子は減少傾向にあり、老化がはじまるということです。

18歳から老化がはじまるなんて恐ろしいですね。

グロースファクターのエイジングケア効果は?

なぜ、エイジングケア化粧品にグロースファクターが配合されているのか?」そもそもの疑問はそこからではないでしょうか。

それは、グロースファクターを肌に浸透させることにより、コラーゲンやエラスチンを自分の力で増やしていく手助けができるから美容クリニックでも、ヒアルロン酸注射に変わり、グロースファクター注射がエイジングケアの主力になってきています。若返りのためにヒアルロン酸注射なんて、もう古い時代に突入しているのですね。

年齢とともに自力でグロースファクターが作れなくなってしまうのは、仕方がない部分もあります。でも、減っているものを意識的に補うことで、シワやたるみを改善していくことができるので、外側から積極的に補給して行きたいですね。

最強のグロースファクター補給とも言われる幹細胞培養液が配合された化粧品も増えています。幹細胞はどんな細胞にもなれる細胞の元になる細胞。幹細胞を培養した培養液にも同じように肌の細胞を再生させる効果があることが分かっています。

最新医療から生まれた幹細胞コスメで、グロースファクターを補い年齢不詳の肌を手に入れられたら嬉しいですね。

グロースファクターの副作用は?

エイジングケアに効果的なグロースファクターですが、気になるのが副作用。

グロースファクターはもともと私たちの体の中にあるタンパク質の一種なので、化粧品で使っている限りは副作用を起こすことはありません。厚生労働省からも認可された、再生医療・再生美容に効果的な成分です。

ただ、気をつけたいのが美容外科などで行われているグロースファクター注射です。シワ対策やハリアップのための施術としてメジャーだったヒアルロン酸注射に代わり、グロースファクター注射が人気になってきています。

グリースファクター注射はヒアルロン酸注射よりも効果が長持ちして、ハリ感もアップしていいことづくし…のように見えますが、実際にはグロースファクター注射をした箇所が膨らみすぎてしまうという相談も多いのが現状です。

原因は、注射したグロースファクターはすぐに徐々に浸透するので、浸透までにしこりのようになってしまったり、細胞を形成する際にいびつな形で余計な組織ができてしまったりすることです。

ヒアルロン酸注射にも共通することですが、グロースファクター注射も注射する量の見極めが大切になります。グロースファクター注射を検討する時には、熟練した技術を持った医師の元で施術をしてもらうことが大切です。

化粧品のように肌の外からのグロースファクターによるアプローチであれば、肌の中に異常組織が作られる心配はないので、まずはグロースファクターが配合さえた化粧品で効果を確かめてからグロースファクター注射を選択肢に加えるのがいいかもしれません。

実力派グロースファクターの化粧品3選

実力派のグロースファクター化粧品を3つご紹介します。1つは本格派エイジングケアライン、1つは正統派グロースファクター美容液、もう1つは話題のヒト幹細胞美容液です。私も使ってみましたが、どれも実力は確かなエイジング化粧品ですので、ぜひチェックしてみてください。

【新発想】マネジメント型エイジングケア化粧品

グロースファクターで本格的なエイジングケアを始めようと思っているなら、知っておきたいのがアンプルールのエイジングケアライン「De-Age」です。

化粧水に配合されている話題の成分「ライス発酵液」が保湿の質を高め、美容液に配合されている「植物幹細胞」と「4種類のグロースファクター」のための肌の土台を作ってくれます。「De-Age」はグロースファクターを肌に浸透させるだけではなく、グロースファクターが働きやすい環境も整えてくれるので、一般的な化粧品と同じ3ステップのケアでもエイジングケア効果がよりアップします。

「エイジングケアに良いものなんでも入ってます!」的な、私の中での最強エイジングケア化粧品です。

アンプルールの化粧品は、使ってみると「確かにいい!」と納得できるのですが、基本の3ステップを揃えると3万円オーバーの高級化粧品なので、効果を知らない状態で試すにはちょっと高すぎるのが難点でした。でも、【De-Age】は1週間トライアルセットが用意されているので、気軽に試すことができます。

今なら9,220円(税込)相当のトライアルセットが2,100円(税込)送料無料で試せます。アンプルール【De-Age】を1週間ライン使いしてみると、肌のハリ感や弾力が違ってくるのを感じます。

こっそり、自分へのクリスマスプレゼントにもおすすめです。

>>アンプルール【De-Age】トライアルセットの詳細はこちら

 

全国のエステで愛用!?正統派グロースファクター美容液

透輝の滴

エステサロンで限定発売されていた、知る人ぞ知る美容液が「透輝の滴」。人気が高まり一般販売されるようになりました。8種類のグロースファクターに加え、医学分野でも研究される特殊な水Gri-Xを使ったαGri-Xが配合された、100%美容成分の美容液です。

お得に試せるトライアルもありますので、まずはあなたの肌で実力をチェックしてみてください。

>>透輝の滴の詳細はこちら(愛用レビュー)

 

 

帝国ホテルのクリニックでも!再生医療から生まれた幹細胞美容液

再生医療を得意とする、帝国ホテルのクリニックの美肌エステで採用されている幹細胞美容液が「ジェイセル」です。日本人由来の幹細胞培養液を使用している数少ない美容液。日本人の肌のためだけに開発された秘蔵っ子です。

500種類以上のグロースファクターが入っているとされる幹細胞培養液を贅沢に使用し、肌そのものの力を発揮させることに重きをおいた美容液です。1度使うと忘れられないハリ感が特徴です。「幹細胞ってちょっと怖い」とイメージもあるかと思いますが、ジェイセルは国立大学で採取され、再生医療センターで管理された幹細胞培養液を使っているので安心感もあります。

トライアルがなく、4回の購入条件があるのが難点ですが、4ヶ月しっかり使うことで肌が変わっていくのが実感できます。肌の表面だけでなく、肌そのものを細胞レベルで本格的にケアしていきたい人向けの美容液です。
>>ジェイセルの詳細はこちら(愛用レビュー)

まとめ

グロースファクターは体内で作られるものですが、年齢と共に生成量は減り、それに伴いコラーゲンやエラスチンの生成量も減っていきます。コラーゲンやエラスチンは化粧品からも与えることができますが、実際に浸透するのは少量です。

最も効果的なエイジングケアは、肌自身がコラーゲンやエラスチンを作れる肌にしていく事です。それを可能にしてくれるのが、グロースファクターなのですね。

本気でエイジングケアを考えるなら、グロースファクターは外せないと感じています。美容クリニックでの注射は少し抵抗がありますが、化粧品ならハードルが低いので助かります。

グロスファクターでシワやたるみの無い肌を目指していきましょう。

>>肌を再生する!?グロースファクターたっぷりの幹細胞美容液はこちら