化粧品代を節約したい!1ヶ月14,000円を節約した方法

子供がいると独身時代や夫婦二人の時とは段違いに出費がかさみます。子供が小学校高学年くらいからは、塾やら習い事やらで家計のやりくりは大変です。

そんな時に実は大幅節約につながりやすいのが化粧品代です。実際に月万円の節約に成功した化粧品の節約方法をご紹介します。

化粧品代を節約!節約しても肌プルプルは可能でした

我が家にはお金のかかる小学校高学年と中学生、まだまだ手のかかる2歳児がいます。高学年の真ん中っ子が、あるスポーツの強い中学校を受験したいと言い出したから大変。しかも寮に入りたいとのことですので、塾代や私立中学・高校の授業料や生活費を工面しなくてはいけなくなりました。

しかも、末っ子が体調を崩しやすい子なので、私は一旦仕事をやめて専業主婦です。まさかこの状態で追い討ちを食らうとは思いもよりませんでしたが、泣き言を言ってもお金はたまりませんので、私の趣味でもある化粧品代を極限まで減らしてみました。

ただ、化粧品代をケチるのではなく、節約するのにも自分自身に条件をつけました。

化粧品節約の条件
  • 肌のうるおいは妥協しない
  • コストは削るがパフォーマンスは維持
  • 肌には負担をかけない

簡単に言えば、いいものをいかに安く使うかということです。色々と試したみた結果、これが今の私のベストと言えるものに落ち着いていますのでご紹介します。

節約のために化粧水は自分で作る!

”作る”と聞くと難しそうと感じるかもしれませんが、私は面倒くさがりなので面倒なことはしませんので安心してください。私が激推しなのは『グリセリン化粧水』です。

グリセリンと水と混ぜて100円ショップで買ったスプレーに入れて肌にシュッシュと吹きかけるだけなのですが、これが嘘のようにいいです。

水は水道水ではなく、精製水を使います。精製水はコンタクトケア用品としてドラッグストアに置いてあります。「コンタクト用を化粧水に使って大丈夫なの?」と心配になるかもしれませんが、精製水を使う用途がコンタクトの洗浄のために使われることが多いだけで、中身は市販の化粧水を作る時に使われている精製水と全く同じです。心配な場合には、成分表示を確認してみてください。1ml中 精製水1mlと記載されているはずです。精製水以外は何も入っていないという意味ですね。

グリセリンは保湿成分で多く(99.9%くらいの)の保湿化粧水に入っている成分です。肌にも優しく敏感肌の方にも安心して使えます。そして入手も簡単で、近所のドラッグストアで売っています。

簡単化粧水の作り方

<材料>

  • 精製水…100ml
  • グリセリン…10ml
  • 100mlスプレー容器

<作り方>

アルコール消毒をした100mlスプレーに90mlの精製水を入れます。その中に10mlのグリセリンを追加して、フタをよく締めてフリフリすれば出来上がりです。

*どの大きさのスプレー容器でも作れますが、100ml容器が一番作りやすいと思います。持ち運びにも便利な大きさです。

防腐剤として無水エタノール(こちらもドラッグストアに置いてあります)を入れる方法もありますが、肌への負担を考え、私は入れません。その代わり市販の化粧水よりも傷みやすいので、作ってから1週間以内に使い切ります。夏場は冷蔵庫で保管しておくと、傷みにくいし、冷たくて毛穴も引き締まるしいいですよ

節約化粧水の値段は?

節約手作り化粧水100mlを作るのにかかったお金は、なんと61円です。初回のみスプレー容器の100円がかかりますが、それを入れても160円って…。

内訳は以下の通りです。

精製水500ml…95円。(精製水500mlで5.5回分の化粧水が作れます。)

グリセリン50ml…214円。(グリセリン50mlで5回分の化粧水が作れます。)

精製水やグリセリンは医薬品の扱いになるので、ドラッグストアの割引キャンペーンなどを使うと安く購入できます。

私は顔の他にも全身にこの化粧水を使っていますので、1ヶ月に5本分くらい使いますが、それでも1ヶ月309円です。ふんだんに使っても300円ってすごいです。

実は手作り化粧水を使う前はアベンヌウォーターを愛用していたのですが、ドラッグストアでアベンヌウォーターをかと1本1800円くらいします。いいけど、やっぱり高いです。

手作り化粧水でもアベンヌウォーターに引けを取らないくらい肌はしっとりしますし、これだけで1ヶ月1500円の節約になりました。

手作り化粧水の活用方法

ブースターとして

私が最初に使用していたのはアベンヌウォーターの代わりに使う、ブースター化粧品として役割でした。これは申し分なく、かなり使えます。手作りなら安いので気兼ねなくたくさん使えるので、アベンヌウォーターを使っていた時よりも使用頻度が増えて、肌は乾燥知らずで調子がいいです。

化粧水として

もちろん化粧水としても使えます。肌に負担になる成分が入っていないので敏感肌の方にもおすすめです。ブースター代わりにシュシュっとして肌に馴染ませたあとに、再度重ねて浸透させるのと保湿効果アップです。

重ねづけをするだけで、高い化粧水を使った後に負けいないくらい肌がモチモチになります。

メイクの上から

メイクの上からもシュッシュするだけ、肌の乾燥も防ぐことができます。私は冬場はいつもバッグの中にこの化粧水を忍ばせています。水だけだと乾いた時に乾燥してしまいますが、グリセリンが入っているので乾いた後も保湿してくれます。

寝グセ直しに

グリセリンは髪の保湿効果もあるので、寝ぐせ直しにも効果的です。手作り化粧水は精製水が使われているので、水道水に含まれる薬品で髪が痛む心配もありません。

子供の顔の汚れ落としやおしりふきにも

意外と使えるのが子供の顔が汚れた時や、おしりをふく時でした。子供の肌ってデリケートなのでゴシゴシこするとすぐに赤くなってしまいますが、手作り化粧水を吹きかけてからガーゼやおしりふきで拭くとあっと言う間にキレイになります。小さい子の肌にも安心の成分で作ってありますので、市販の保湿剤よりも安心ですし、肌の保湿もできて一石二鳥です。

美容液は100円ショップを活用、クリームはニベアがコスパ◎

化粧水だけではスキンケアは完了しません。乳液や美容液、クリームなども必要ですよね。化粧水は手作りで安く済ませても美容液やクリームでお金をかけてしまっては意味がありません。しかも、美容効果もしっかり欲しいもの。

私は手作り化粧水の他に美容液とクリームを使用していますが、どれも安いものばかりです。

まず美容液は、ダイソーの人気美容液を使っています。4種類ありますが、私はプラセンタとコラーゲンの2種類を使っています。どちらも朝晩使っていますが、1本で1ヶ月は持ちます。ダイソーの美容液は100円だとあなどれない程の実力です。2種類たっぷりと使えば3000〜5000円クラスの美容液にも負けないかなぁと感じています。

よって、美容液代は月216円です。

私は美容液のあとに保湿のためにクリームを使いますが、クリームはニベアを使っています。ニベアの実力は雑誌でも有名ですが、某高級クリームと成分が似ていることでも知られています。169g入っている青缶なら、ドラッグストアで380円くらいで購入できます。容量もたくさん入っているので、顔だけでなく体にも惜しみなく使えます。

【関連記事】

ニベアの成分を徹底検証!妊娠中も安心??

ニベアは伸びがイマイチで白くなりやすいので、手の温度で馴染ませてから顔につけるようにするのがポイントです。この一手間でニベアが3000円クラスのクリームの使用感に大変身します。

私の基本のスキンケアは、手作り化粧品+100円美容液+ニベアですが、節約する前は毎月1万5,000円くらいは化粧品代にかけていました。それが今は1ヶ月905円でスキンケアができています。1万4,000円の節約です。これは家計にはありがたいです。

1ヶ月1000円以下と言うことは、ドラッグストアで購入する化粧水1本分よりも安い値段で全てのスキンケアが完了していることになります。

安いスキンケアをしているのだから肌もそれなりなんでしょ?」と思われるかもしれませんが、私の実感としては今の方が肌が元気です。下手に色々なものを与えすぎて肌を甘やかしていないせいか肌の修復力が上がったように感じますし、保湿はしっかりするように心がけていますので、シワやほうれい線はほぼ目立たなくなりました。驚くことに、保湿さえ徹底すればシワやほうれい線などの年齢肌サインは消えます。

今まではいい化粧品は高いものだと思い込んでいましたが、キレイな肌作りは値段ではないのだと、自分の肌を通じて実感しています。しっとり肌のおかげでメイク乗りもよくなり、安いファンデーションでも対応できるようになりました。メイク用品も入れれば月2万円弱の節約になっています。

少し奮発するならオールインワンを賢く使う

化粧品代を極力節約しつつ肌の質も落とさない方法をご紹介しましたが、もしかしたらあなたは「100円の美容液は信用できない!」「もう少しくらいは化粧品代にかけられる」と思うかもしれませんね。

そんなあなたには、オールインワンゲルを賢く使うことをおすすめします。私もちょっと奮発したい時や自分へのご褒美にオールインワンゲルを使います。でも、オールインワンゲルならなんでもいい訳ではありません。やはり成分には気をつけたいですし、ただ高いだけのオールインワンゲルは無駄なので絶対に使いません。

化粧品を趣味にしていた時にたくさんのオールインワンゲルを試しましたが、肌に優しくて値段以上の効果を感じることができると自信を持って言えるのが【メディプラスゲル】というオールインワンゲルです。月あたり1500円以下で使うことができ、セラミドやコラーゲン、プロテオグリカン、様々な植物エキスなど、美容成分が60種類以上も詰め込まれたオールインワンゲルです。

敏感肌に悩んでいた社長さんが作ったオールインワンゲルなだけあって、肌への優しさもその辺りのオールインワンゲルとは違います。私はこのゲルだけは節約生活に入って今でもたまに使っています。普段は節約スキンケアで、季節によって肌に疲れを感じた時にはメディプラスゲルで肌を労ってあげるようにしています。

最近は色々なオールインワンゲルが登場していますので、あなたに合ったゲルを1つ選んでおくと、節約スキンケアでもいつも肌がキレイでいられると思います。

まだお気に入りの1つが見つかっていないなら、一度メディプラスゲルを試してみてもいいと思います。私は7年以上メディプラスゲルにお世話になっていますが、肌に感じた効果の体験談をまとめてみましたのでのぞいてみてください。

>>1ヶ月1500円以下で使える高保湿ゲル体験談【7年リピートの理由】