出産後そばかす出現!今が大切そばかす3ヶ条

出産後そばかすができやすい時期です。今までそばかすが無かったのに、突然出てきたそばかすに戸惑っている方も多いのではないでしょうか。

妊娠中のホルモンの影響で、メラニン色素が発生しやすい状況になっていました。そのメラニン色素が、出産後そばかすとなって表面に現れてくるのです。
原因は妊娠中にあったのですが、その時はなかなか気づくことは難しいため、出産後にそばかすができる方が多くなります。

これ以上そばかすを増やさず、今あるそばかすを改善していくためには「そばかす3か条」が大切です。

1-1  ストレスを改善
2-1  紫外線対策
3-1  肌のターンオーバーを促進(保湿・栄養)

では、具体的にご紹介していきたいと思います。

そばかす改善のためのそばかす3か条

1-1  ストレスを改善


ストレスは体の新陳代謝を悪くすることが知られています。また、さらに血行も悪くなり、ホルモンバランスも乱れがちになります。まさに、ストレスはそばかすの敵です!

心当たりがある場合は、ストレスの改善から始めると、肌のターンオーバーが整いやすくなり、結果的にそばかすを薄くすることに繋がります。

出産後は特に忙しく睡眠不足にもなりがちです。そんな状況でストレスフリーで生きろ!というのは難しいことだと思います。でも、「今はこんな時期」と受け入れることで、気持ちの余裕が持てることもあります。

軽い運動はストレスを軽減させるのに効果的です。お散歩など外の空気を吸うだけでも気持ちが切り替わることもあります。上手にリフレッシュすれば、ママの心にも肌にも良いことづくしですね。

 

2-1  紫外線対策


そばかすの一番の原因は紫外線です。これ以上そばかすが増えないように、そして今あるそばかすが濃くならないようにするためには、紫外線対策は外せません。

朝は、カーテンを開ける前に洗顔・保湿をして日焼け止めを塗ることを心がけて下さい。

強い日焼け止めはベタつくから避けたいという方もいるでしょう。日常生活に使うものでしたら、SPF20・PA++くらいの日焼け止めで大丈夫です。長時間外にいる場合でもSPF30・PA+++あれば十分です。

太陽

そもそもSPFは紫外線の種類の1つであるUVBを防ぐことできる時間を表しています。数値1当たり20分です。つまり、SPF20ならば6時間以上、SPF30で10時間UVBを防ぐことが可能という意味になります。

SPF50などの日焼け止めのありますが、日本の日照時間を考えたらそこまで強い日焼け止めは必要ありません。それどころか、強すぎる日焼け止めは肌に刺激になり逆効果になる可能性もありますので注意しましょう。

日焼け止めには、ひとつの指標PAがあります。PAは、紫外線の種類のUVAを防げるレベルを表しています。日常生活ではPA++、長時間外にいる場合でもPA+++で十分です。

強い日焼け止めが良い訳ではなく、肌の負担も考えて賢く日焼け止めを使い分けましょう。

 

3-1  肌のターンオーバーを正常にする


そばかすを改善していき、新しいそばかすを作らないためには、肌のターンオーバーが大切です。

ターンオーバーは皮膚が再生するサイクルのことで、早すぎも遅すぎても肌トラブルになります。ターンオーバーの理想は28日と言われています。28日周期でターンオーバーした肌はハリのある健康な肌になります。短すぎても、長すぎても良くありません。

そばかすを改善するには、紫外線を吸収して皮膚にメラエン色素が色素沈着してしまったそばかす部分の皮膚の細胞を再生していく必要があります。そのためには、周期の整ったターンオーバーが重要なのです。

肌を周期の整ったターンオーバーに導くためには、肌の保湿が欠かせません。肌を保湿することによって、肌は本来の力を取り戻していきます。逆に乾燥した肌は、ターンオーバーを乱しそばかすは一向に改善されません

また、食事から保湿へ導く肌作りをすることも重要です。外から頑張って保湿しても限界がありますので、食事で再生されやすい肌を作っていきましょう。

肌の保湿に効果的とされているのは、ビタミンAです。ビタミンAは、サバなどの青魚や、うなぎに多く含まれています。さらに、βカロテンは体内でビタミンAに変わるので、βカロテンを摂ることも効果的です。βカロテンはブロッコリーやニンジンなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

サプリメントなどを利用して、栄養素を補うのも良いですね。妊娠中に飲まれていた方も多い葉酸サプリは、産後の肌をきれいにするのにも使えます。授乳中の場合、赤ちゃんの健康のためにもなるので、余っていたらぜひ飲んでみましょう。

>>葉酸サプリは肌荒れにも効果があるの?

肌の外と内から、ターンオーバーが整った保湿肌を作っていきましょう。

 


matome

出産後にできてしまった「そばかす」を改善するには、ストレス対策紫外線対策肌の保湿が大切です。

出産後は肌が乾燥に傾いている時期で、なかなか思った肌にならないかもしれません。でも、今のケアが落ち着いた時に大きな差として現れますので、少しずつケアしていきたいですね。

忙しい生活の中でも、簡単にできる保湿化粧品を選ぶなどして、あなたにあった賢いそばかす対策をしていきましょう。

>>手軽にそばかす対策!肌に優しい保湿化粧品はこちら

 

しみ対策ランキング

 

カサカサ肌

 

  関連記事

 

ピンク矢印産後の肌荒れ!ママのお肌にはこんなことが起きている

ピンク矢印産後の乾燥肌対策!つるすべ肌を取り戻す3つのポイント

ピンク矢印産後のクマが治らない!!頑固なクマを改善する方法

ピンク矢印妊娠中・産後の肌のかゆみから解放される6つのポイント

ピンク矢印出産で伸びた皮を戻す6つのポイント

ピンク矢印出産こそエイジングケアのタイミング