産後のクマが治らない!!頑固なクマを改善する方法

産後は慣れない育児や睡眠不足から目の下のクマができやすくなりますね。クマは老けた印象も与えがちです。

ゆっくり寝たくてもそうも行かない時期。鏡に映るクマのできた顔に、悲しくなってしまう事もありますね。

産後の忙しい時でもクマの改善ができる方法をご紹介しています。

 

産後のクマは3種類ある!?産後にクマを改善させる方法

 

「クマ」と一括りにされがちな目の下のクマですが、クマには3種類あります。原因によって改善策が変わってきますので、まずは自分のクマがどのタイプか見分けましょう。

 

1-1 青クマ


目尻を横に引っ張るとクマが薄くなるのが特徴です。

目の下の静脈が透けて見えているクマで、血行が悪くなることで起きています。マッサージが効果的なのが青クマです。

産後は睡眠不足によって血流が悪くなりがちなので、産後に突然現れたクマは、この青クマが多いですね。

スキンケアをするときに、目頭からこめかみに向かって目の周り上下を優しくさすってみてください。産後の忙しい時期に、マッサージクリームを使って本格的にマッサージをすることはハードルが高いですが、毎日のスキンケアの時に1つの動きをプラスするだけでも違ってきます。

クマを抱く赤ちゃん

 

2-1 黒クマ


目尻を横に引っ張ってもクマが薄くならず、上を向くとクマが薄くなるのが特徴です。

皮膚のたるみによってできているクマです。目の下の肌のハリを取り戻してあげることが大切です。

ハリを保つためには肌の保湿が重要ですので、肌の奥から保湿できる保湿化粧品を使うのが近道です。

また、年齢とともに出てくるクマはこの黒クマが多いため、顔の皮膚やお肉が下がらないよう表情筋を意識して使いましょう。色々なエクササイズがありますが、一番簡単で効果も高いのが笑顔です。赤ちゃんもママの笑顔が大好きです。

保湿と笑顔で黒クマを撃退しましょう。

 

3-1  茶クマ


目尻を横に引っ張るとクマが薄くならず、上を向いてもクマが薄くならないのが特徴です。

目の下の色素沈着が原因のクマです。妊娠中はホルモンの影響でメラニンの生成が活発になっていました。そのツケが今でてきているのかもしれません。

まずは新しい細胞を活性化させ、色素沈着を徐々に薄くしていきましょう。そのために肌にたっぷりと潤いを与えてあげることを心がけましょう。

そして、朝の洗顔後はすぐに日焼け止めをつけて、悪化の予防に努めましょう。

 

 


matome

目の下のクマには3種類あります。青クマ、黒クマ、茶くま・・・自分がどれに該当するのかチェックしてみましょう。自分のクマに合った改善策をとることで、クマの治りがずっと良くなります。

常識とされてきた「クマができたらマッサージ」は、全てのクマに効く方法ではなかったのですね。

目の下のクマがない、若々しいママでいたいですね!