敏感肌はシワ・シミの原因になる!敏感肌の方が気をつけたい行動

敏感肌の方はシワ・シミのリスクが、通常肌の方に比べて高まることをご存知ですか?

敏感肌の方は、肌への刺激を受けやすく肌への負担が増え、シワやシミなどができやすいと言われています。

女性は妊娠や出産がきっかけで敏感肌になりやすくなりますので、特に注意が必要ですね。

敏感肌の方がシミ・シワのリスクを減らすためには、肌への刺激を減らすことが大切です。

肌への刺激を減らすために気をつけたい行動をご紹介します。

敏感肌の方が気をつけたい行動

point1-2 肌をこする


敏感肌の方は肌への刺激に敏感なため、ちょっとした刺激が肌のかゆみや違和感に感じます。そのため、肌を掻いてしまったり、こすってしまいがちです。掻く、こするの刺激は大きので、すぐに肌がダメージを受けてしまいます。

肌に違和感を感じても不用意に掻いたり、こすったりしないようにしましょう

また、アトピーなどの皮膚疾患を持つ方には、ほおずえなど肌に触れる癖を持っている方が多いそうです。肌には、なるべく触れないことが重要です。

 

point2-2 紫外線対策


敏感肌の方は、紫外線のダメージにも弱い傾向にあります。そのため、通常の方よりも多くメラミンを形成し、色素沈着が起こりやすく場合もあります。これがシミの大きな原因となっています。

敏感肌の方は、特に紫外線対策には気を遣いましょう。朝は洗顔後に日焼け止めを塗ることを習慣にしたいですね。ただし、強すぎる日焼け止めは、敏感肌の方にとってはダメージになってしましますので、注意が必要です。長時間外にいる場合でも、SPF30 PA+++くらいで十分です。日常生活ならもっと優しいものでよいでしょう。

 

point3-2 肌に優しいスキンケア


洗顔の時のお湯の温度は、32℃がベストです。

38℃以上のお湯は、肌への負担になるので要注意です。

洗顔石鹸はよく泡立て、泡でなでるように洗います。

泡は洗い残しがないよう、しっかり流しましょう。タオルで拭くときも、優しくタオルを押し当てるようにして拭きましょう。決してこすってはいけませんよ。

スキンケアは洗顔後できるだけ早く行います。肌に負担の少ない成分でできている化粧品を使うと安心ですね

 


matome

敏感肌はシワ・シミになるリスクが高いです。

シワ・シミのリスクを下げるため、肌になるべく負担をかけない生活を心がけたいですね。

クセになっている事が、無意識に肌へダメージを与えている可能性もありますので、一度自分の生活を見つめ直すところから始めてみましょう。

>>敏感肌にも安心の基礎化粧品はこちら

敏感肌ランキング

 

  関連記事

 

ピンク矢印グロスファクターって何?もはやエイジングケアの常識!?

ピンク矢印化粧品が合わない!?化粧品で肌荒れした原因は?

ピンク矢印ほうれい線は笑うとできるの??

ピンク矢印エイジングケアランキング!使って良かったエイジングケア化粧品

ピンク矢印目元の老化を防ぐには?目元対策は早めのケアが肝心