産後の生理再開で肌荒れ!?【産後老け】には理由があった

さくら

産後の肌荒れは、生理が再開する頃に治まってくると言われています。でも、実際には産後の生理再開をきっかけに肌荒れや乾燥肌が悪化する方もいます。

なぜなのでしょうか?

この記事では、産後の生理再開で肌荒れしたママのために、肌荒れした理由と改善方法をご紹介しています。

産後の生理再開で肌荒れはどうしておきた?

産後の生理が再開することで、ホルモンが妊娠前に近い状態に戻ってくるため、乾燥肌や肌荒れも落ち着いてくる傾向にあります。でも、中には生理再開によって肌荒れがますます気になるようになったという声も聞かれます。

ホルモンバランスの変化

産後の約1年間はママの体を回復させる時期。そのため、ホルモンの影響で肌荒れや乾燥肌になりやすい時期でもあります。それによって産後は肌荒れが起きやすくなります。

生理再開によってホルモンバランスが整ってくると肌荒れが改善され、逆にホルモンバランスが崩れると肌荒れが起きやすくなります。

産後の生理再開で肌荒れが改善したという方は、生理の再開時期が比較的早い方に多い傾向があるようです。

生理再開までに時間がかかった場合、時間をかけて自然に元に戻ってきたホルモンバランスが、生理再開によって再び変化します。

生理生理の再開によって乾燥肌が悪化するのは、産後落ち着き始めていたプロゲステロンという女性ホルモンが再び増加したからだと考えられます。プロゲステロンは生理前や妊娠中に乾燥肌を引き起こしていたホルモンです。

プロゲステロンは妊娠の継続には重要な役割をしているため、妊娠中に増加していましたが出産をきっかけに急激に減少し、時間と共に分泌量のバランスも整っていました。しかし、生理の再開によりプロゲステロンが再び増加し、体が過剰に反応してしまい肌荒れが起きてしまったと考えられます。

また、産後に生理が再開しても排卵はしていない事も多いです。体が完全に回復し排卵を伴う生理が回復するまでは、体はホルモンバランスを調整している途中なのです。ホルモンバランスの調整時期は、肌荒れが悪化するケースもあります。

睡眠不足

産後に生理が再開する時期は、赤ちゃんの夜泣きがはじまったりする時期でもあります。夜泣きが始まるとママは睡眠不足になってしまいます。

また、育児にも慣れてきて気持ちに余裕ができるとついつい無理をしてしまいますが、ママの体にはまだ出産のダメージが残っていますし、育児の疲労も溜まってきている時期です。

「夜中の授乳が少しラクに感じてきた」「睡眠時間が短くても結構動けるな」と感じるときは要注意。

慢性的な睡眠不足は、肌荒れの大きな要因となります。

昼間赤ちゃんがお昼寝しているときにママも一緒に横になったり、パパにも協力してもらって休日の昼間にお昼寝させてもらうなど、コマ切れ睡眠時間の確保を心がけてみてください。

産後の生理再開での肌荒れの対策は?

一番の対策は、やっぱり肌の保湿を徹底することです。育児に追われてスキンケアが少し雑になったりしていませんか?肌の保湿をしっかりすると肌のターンオーバーが整い、肌荒れもキレイになっていきます。

そんなときには、オールインワンゲルやシートマスクなど、手軽にスキンケアができるグッズを試してみるのもおすすめです。オールインワンゲルやシートマスクって手抜きのイメージがあるかもしれませんが、いまや育児中のママの多くがオールインワンゲルやシートマスクで時短しながらスキンケアをする時代です。

化粧品もどんどん良くなっているので、オールインワンゲルだから、シートマスクだからと言って保湿効果もバカになりません。

じっくりと時間をかけてスキンケアは素晴らしいですが、それよりも毎日しっかりと保湿を続けることの方が結果が見えるのが早いです。

肌荒れが気になりだすと、「ビタミンC誘導体がいいかな?」なんて考えがち。確かにビタミンC誘導体は肌にいい効果を与えますが、配合濃度が高くなればなるほど肌が乾燥しやすくなるというデメリットもあります。肌トラブルには、まずは保湿です。ビタミンC誘導体で肌の活性化やシミのケアがしたい場合には、肌を手の平で押すと吸い付くくらいまで保湿ができるまでは我慢です。

産後の生理が再開した肌はデリケート

産後の生理が再開すると、目に見えなくても肌の状態は変化していることも多いです。肌はデリケートになっているので、産後の肌荒れを改善するために使ったはずの化粧品が、逆に悪影響を与えてしまっていることもあります。

私の友人は、

悲しむ

出産直後に肌荒れが気になってきたので、奮発して海外ブランドの化粧品を使うようになったけれど、生理が再開したら化粧品が合わなくなって肌がボロボロだよ…。

となげいていました。

肌荒れを感じると肌荒れを改善するために、有名ブランドの化粧品を使ってみたり、攻めに転じたくなります。でも、肌荒れを感じたときには、まずは肌を健康な状態に戻してあげることが大切です。

私の友人のように海外ブランドを使用すること自体が悪いわけではありません。攻めのアイジングケアをするのが悪いわけではありません。ただ、今はそのタイミングではなかっただけ。

肌を健やかな状態に戻してから、攻めのケアをすることで化粧品が合わないというリスクも軽減させることができますし、化粧品の効果も感じやすくなります。肌荒れを感じたら、成分が肌に負担のない化粧品を選ぶようにしたいですね

特に美容意識の高い方は、高級化粧品を使って肌荒れを対策しようとされる方もいます。高い化粧品と安い化粧品の違いを知ると納得できるのですが、化粧品は値段が高ければいい化粧品というわけではありません。あなたの肌の状態にぴったりな化粧品を選ぶことが、肌荒れ改善の最短距離です。

高い化粧品と安い化粧品の違いについてもご紹介していますので、興味がある方は読んでみてください。

>>安い化粧品と高い化粧品の違いって何?

授乳中は水分摂取も大切

授乳中の方は水分不足にも気をつけてください。母乳の原料はママの血液なので、授乳中はいつもこまめな水分摂取が必要なのですが、生理再開時は特に水分を多めに水分摂取を心がけてください。

生理の経血もママの血液からできていますので、授乳と生理のダブルパンチで血液を消費します。

体の水分分配も母乳と生理に傾いていますので、肌はすぐにカラカラの状態になってします。肌がカラカラの砂漠状態になると肌のバリア機能も低下するので、肌荒れはひどくなるばかり。

妊娠中から飲んでいるお気に入りのお茶など、リラックスの時間もかねて水分を摂るようにしてください。美肌は水分不足では作れません。

 

生理が再開しても体が回復したとは限りません。排卵が始まるまでは体はまだまだ調整中。この調整期間中は、乾燥肌も悪化しやすい時期です。産後の生理再開で肌荒れが気になるようになったら、肌の保湿を心がけながら、ゆったりとした気持ちで体の回復を待つことも重要です。今しているお手入れは無駄ではありません。今スキンケアをするかしないかが、今後体調が落ち着いてきた時の肌の違いとなって現れますので、しっかりと保湿をしておきたいですね。

 

>>【安心成分】妊娠中・産後のスキンケアランキング