顔・体・頭皮の赤ちゃんの湿疹!保湿クリームよりもよかったのは○○でした

さくら

こんにちは、さくらです。今回は、生後1ヶ月の息子さんの乳児湿疹に悩まれたエミさんの体験談をご紹介します。赤ちゃんの最初のトラブルは乳児湿疹という場合も多いほど、乳児湿疹にお悩みのママさんはたくさんいます。ぜひ参考にしてみてください。


息子は生後2週間頃から、湿疹がほっぺに出てきました。出産した病院で「黄色のプツプツなら皮脂が多いためにできている湿疹で問題ありませんので様子を見てください」と指導されていたのですが、湿疹の色は赤。どうすべきなのは慌てふためきながら、改善策を模索していました。

顔・体・頭皮の乳児湿疹に戸惑う母

1か月検診受ける頃、最初は顔の数カ所だけだった湿疹が、顔中がニキビみたいにプチプチ赤くなってしまいました。痒がったりしてないみたいでしたが、日に日に増えていく湿疹が心配でした。プチプチの赤みは増していきますし、どうにかしなくてはと焦ってましたが、生まれたばかりの赤ちゃんを病院に連れて行くのもはばかられ、ついつい1ヶ月健診まで待ってしまいました。

1ヶ月健診の時に小児科の先生に相談したところ、乳児湿疹との診断を受け、弱いステロイド処方されて保湿をしっかりするように言われました。

私も初めての育児だったので心配で仕方がなかったのですし、赤ちゃんにステロイドのお薬を使うことにも抵抗がありました。当時は湿疹と保湿が自分の中で結びつかなかったので、保湿することで湿疹が悪化してしまわないのか心配でしたが、先生に言われた通り薬を塗って、保湿を心がけるようにしました。

最初は保湿はワセリンを使っていたのですが、次第に息子の乳児湿疹は頭皮や全身に広がってしまいました。中でも驚いたのは頭皮で、髪の毛の中に体液のような物が乾燥して固まってるように見えました。この時の私の悩みは「頭皮の保湿ってどうすればいいのだろう…?」ということ。顔や体のようにワセリンを塗るとフサフサ髪の息子は髪の毛がベタベタになってしまいます。

悩んだ末に、入浴の時にはカミツレの入浴剤を使うようにして、頭も入浴剤入りのお湯でケアしました。カミツレは私自身が肌荒れやかぶれた時には使っていた入浴剤だったですが、同じ血を引くだけあって息子にも効果てき面でした。

入浴剤で保湿をするようになって1ヶ月、頭皮にできた塊もなくなり、新たな乳児湿疹も頭皮にはできなくなりました。頭皮の乳児湿疹は、顔や体の湿疹よりも改善するのも早かったです。

>>新生児から使える100%カミツレ入浴剤の体験談はこちら

保湿を続けて半年!やっと乳児湿疹卒業しました

しつこいぐらいに保湿するように心がけるようになって、生後半年過ぎたあたりから肌きれいになっていきました。ヨダレが多い時や体調が悪い時は、たまに湿疹ができることもありましたが、顔全体ひどくできることはなく心底安心しました。

乳児湿疹の対処法としては、やっぱり保湿が一番良いと思ったのを覚えています。そしてお風呂でしっかり洗うことも大切でした。最初は石鹸で息子の顔を洗うのが怖かったのですが、石鹸を使って顔を洗うようにしてから、乳児湿疹の治りがよくなりましたので、石鹸を使って洗うことをお勧めします。

もちろん個人差あると思いますが、保湿クリームで乾燥を防ぐこと、病院で塗り薬を処方されたらちゃんと使うことで乳児湿疹はよくなります。乳児湿疹で悩む方にぜひ試してもらいたいです。

赤ちゃんのケアも大切だけどママ自身のケアも忘れずに

そしてママ自身のスキンケアも手を抜かないようにした方がいいと感じました。私は子育て忙しく、自分自身は放りっぱなしの状態でしたが、肌荒れがひどくて改善までに時間がかかってしまいました。

朝起きればせっけんなどを利用して顔を洗ってみたり、化粧はクレンジングでしっかり落としたり、お風呂に入る時間がなくても1日おきくらいは湯船にゆっくり入ったりなど、日々の体メンテナンスが大切だと痛感しました。

赤ちゃんは軽い湿疹にうちであれば、朝晩きれいに洗ったり拭いたりし、保湿剤を塗ってあげれば湿疹は改善します。できれば、なるべく早い段階で対策を初めてあげて欲しいです。私はひどくなってから病院に連れて行ったので、完全に治るまでに半年もかかってしまいました。私を反面教師にして、赤ちゃんの早期の湿疹ケアをして頂ければ幸いです。

さくら

いかがでしたか?赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、すぐに湿疹ができてしまいます。皮膚も薄くデリケートなので、肌への刺激が湿疹や赤みの原因になることもあるので、ケアにも注意が必要です。赤ちゃんの様子を見ながら、肌に優しいケアをしてあげたいですね。

>>【安心成分】妊娠中・産後のスキンケアランキング