紫外線対策のスキンケアってどんなものがいいの?

美肌の敵とも言える紫外線。

日焼け止めを塗って日傘をさしていても、日常生活の中で完全には防ぐことができないのが紫外線でもあります。

紫外線は、体内では作ることができないビタミンDを合成し、健康に一役買っているもの事実ですが、必要以上紫外線を浴びる事は、美容にも弊害がでますし、もっと深刻になると皮膚ガンになるとも言われています。

紫外線が肌に及ぼす影響は、大きく2つあります。

 

ピンクのチェックマーク メラニンの生成を促進しシミの原因となる
ピンクのチェックマーク 光老化によってシワをつくる

 

紫外線を対策する上では、この2つの肌トラブルを防ぐことができる化粧品でスキンケアをすることが大切です。

紫外線対策のスキンケア

ポイント1 メラニンを作らせないスキンケア


もともと、皮膚には紫外線から身を守るための防御機能があります。

皮膚に紫外線を浴びると、紫外線の一部は皮膚の凹凸に跳ね返されて拡散します。そして、皮膚の内部に入った紫外線は、シミの元として有名なメラニンによって防がれます。

つまり、メラニンは皮膚を紫外線から守っている防衛隊なのです。

問題はこのメラニンが上手く排出されない事です。子供の頃は肌のターンオーバーが正常な状態でどんどん新しい細胞ができていたので、紫外線を浴びてもシミはできにくいです。しかし、年齢とともに肌のターンオーバーが乱れ、作られたメラニンが溜め込まれていきます。

つまり、シミ予防には年齢と共に、メラニンを作らせない化粧品を使用して行くことが大切なのです。

メラニンはメラノサイトという細胞で作られ、メラニンはチロシンというアミノ酸が基となって作られています。そして、メラニン生成にはチロシナーゼという酵素が必要です。つまり、チロシナーゼが無ければメラニンを生成できないという事です。

そのため、紫外線のシミ対策には、チロシナーゼとチロシンを結合させない成分が含まれた化粧品を使うことが有効です。

また、同時に肌のターンオーバーを整え、メラニンの排出を促進できる事も大切です。

 

ポイント2 光老化のシワを作らせないスキンケア


紫外線を浴びるとシワが目立つと感じる事も多いですよね。

「紫外線で肌が疲れているからかな?」と、シミに比べると軽視されがちなシワですが、光老化と言われる症状で、その都度対処していかないとシワはなかなか改善できません。

光老化の特徴は深いシワです。次第に色が黒く、皮膚はゴワゴワした感触になります。

光老化は、紫外線の影響で皮膚のコラーゲンが分解されることで起こります

最近の研究では、紫外線だけでなく可視光や赤外線もコラーゲンの合成を低下させるという事も言われています。まだ実験段階でこの説には諸説あるようですが、これが本当なら赤外線を用いた美顔器などはコラーゲンの生成能力が低下してしまう可能性もありますね。ツヤ肌先生さくらも赤外線を用いた美顔器を持っていますので、他人事ではありません。

光老化のシワを防ぐには、紫外線の影響で分解された分、新しいコラーゲンの生成を促す事が重要です

コラーゲンの生成を促進する成分が配合された化粧品で、失われたコラーゲンを補充してあげましょう。

 

 


ツヤ肌先生さくらのまとめ

紫外線はシミやシワの原因になります。

紫外線が強くなる5月~9月くらいの間は、紫外線の肌ダメージを最小限に留める事ができる化粧品を使う事が有効だと思います。

季節によって化粧品を使い分けるのは少々面倒ではありますが、今後のお肌の事を考えると紫外線を浴びた後は、しっかりとアフターケアしてあげたいですね。

また、最近の紫外線対策の化粧品は優秀ではありますが、あくまでアフターケアです。まずは浴びる紫外線の量を減らすために、日焼け止めの使用も忘れないようにしましょう。

>>メラニンとシワを作らせない!敏感肌用美白化粧品はこちら

 

 

 

  関連記事

 

ピンク矢印夏の肌をベタベタさせない基礎化粧品ランキング

ピンク矢印夏の乾燥とニキビをまとめて解決!夏のニキビ対策

ピンク矢印夏の乾燥でかゆみがある!夏の乾燥肌対策

ピンク矢印日焼け止め使用時の化粧直しの方法は?コレで簡単解決!

ピンク矢印夏の乾燥にもクリームが必要?夏にぴったりの保湿化粧品

ピンク矢印赤ちゃんの虫除けはやっぱり無添加!肌に優しい虫除けは?