ボタニカル化粧品って何!?究極のボタニカル化粧品をこっそりご紹介

最近、美容業界をにぎあわせているのがボタニカル。ファッションやシャンプー、化粧品など、空前のボタニカルブームが到来していますよね。ドラッグストアに足を踏み入れれば、『ボタニカル』と銘打たれた商品がズラリと並んでいます。

数年前に登場したボタニカルですが、最近になって化粧品業界もボタニカルに力を入れている企業が増えてきました。雑誌でもよくボタニカルという言葉を目にします。

「ふーん。ボタニカルね。」と、なんか体に優しそうなイメージはあるものの、ボタニカルって何なのかよく知らなかったりもします今さら聞きづらいボタニカルの意味と、究極のボタニカル基礎化粧品をご紹介します。

ボタニカルって何?どういう意味?

ボタニカル(Botanical)とは、「植物の、植物から採った」という意味です。

ボタニカルファッションと言えば、植物柄のファッションアイテムを取り入れたファッションですし、ボタニカルのシャンプーや化粧品の特長は、植物エキスや植物由来成分の割合が従来のものよりも多いことにあります。

自然派の美容ブームにのって、モデルや芸能人やセレブの間でボタニカルは大人気になっているのです。

ボタニカルのシャンプーや化粧品って本当にいいの?

さて、ボタニカルの意味はわかりました。でもボタニカルのシャンプーや化粧品って、本当に良いのか気になるところですよね。

注意して欲しいところは、ボタニカルというおしゃれな言葉に惑わされないで欲しいという事です。

植物由来だから全て肌に優しいわけではありませんし、正直ボタニカルという言葉にあやかっているだけで、フタを開けると大したことのないシャンプーや化粧品も存在しています。

もちろん原料にこだわり、効果も研究し尽くされたシャンプーや化粧品も多くあります!言葉だけでなく、中身を見て選ぶ賢さが消費者に求められているのです。

ボタニカルとオーガニックは何が違う?

「ボタニカルが植物原料を使っているのはわかったけど、同じように植物原料のイメージがあるオーガニックとは何が違うの?」と疑問に思いませんか?

ボタニカルには基準がありせん。同じようにオーガニックと銘打つのにも必要な基準はありません。つまり、ボタニカルもオーガニックも使おうと思えば誰でも使える名前です。あえて違いを言えば、オーガニック化粧品の場合は原料となる植物に農薬を使わないなど、地球のエコも考えている原料であるというイメージを与える言葉です。

オーガニック化粧品にはフランスのオーガニック認証機関エコサートをはじめとする、オーガニック認証機関が存在します。認証機関では植物性の原料の割合が何パーセント以上であるとか、農薬の使用に関する厳しい基準などがあり、それをクリアした化粧品でないとエコサート認証のオーガニック化粧品だと名乗ることはできません。

本当の意味で植物原料の商品を使いたいならば、ボタニカルというおしゃれな言葉に惑わされずに、ちゃんと認証を受けたオーガニック化粧品を使う方が安心です。個人的には、しっかりとした基準を持たないボタニカルという言葉は、とても中途半端でミーハーな印象を捨て切れません。

みんな知らない!?究極のボタニカル化粧品

ボタニカルを謳った化粧品が次から次に登場していますが、100%天然オーガニック処方の化粧品もあります。初めてボタニカル化粧品を使う方、オーガニック化粧品に敷居の高さを感じている方にも抵抗なく使えるオーガニック化粧品です。

最近多くの雑誌でも特集されている『HANAオーガニック』という化粧品なのですが、ブルガリア産の高級ダマスクローズをたっぷり使っているので、香り豊かで使うとお姫様気分になれちゃいます。もちろん肌への効果もバッチリ。最近体調が思わしくないな…と感じている方がHANAオーガニックを使ったら、肌に透明感が生まれたのはもちろん、生理不順も改善されたという声もあります。ローズは女性ホルモンに働きかける効果もありますので、化粧品でたっぷりのローズを使ったことによって、体調の改善にも役立ったケースです。

植物の力で肌だけでなく体全体のバランスを整えてくれるって、これこそ究極のボタニカルですよね!

もしボタニカルの化粧品を試すならば、ボタニカルという言葉だけを語った中途半端な化粧品ではなくて、原料と効果を研究尽くされた本物のボタニカルを試して見てください。

衝撃を受ける事間違いナシです。

>>100%天然成分処方!7日間トライアルが56%OFFの詳細はこちら

まとめ

ボタニカル化粧品には基準はありません。その化粧品でもボタニカルを名乗ることができてしまうので、ちょっと植物原料が入っているだけでボタニカル化粧品と名乗っているものもあります。ボタニカルと書いてあって肌に優しそうだなぁと裏の成分を見ると、肌に負担のある防腐剤がバリバリ入っているものも見たことがあります。

肌に優しい本物の植物原料の化粧品を探すなら、ボタニカルよりもしっかりとしたオーガニック化粧品を使う方が安心です。

ボタニカルよりも香りが深くて、厳選された植物原料のパワーを感じられるはずですよ。日本人は特にカッコイイ言葉に翻弄されやすい性質を持っているので仕方がありませんが、化粧品は大切なあなたの肌に直接つけるものなので、本質を見て化粧品を選びたいですね。

 

関連記事 関連記事