化粧品の消費期限ってどのくらい?効果や安全性は変わるの?

基礎化粧品の消費期限

化粧品を使っていると、消費期限が気になる時ってありますよね。

頂き物の化粧品をしばらく保管していた時や、化粧水を使いかけだけど違う化粧品を試したくなる時など、化粧品を使って大丈夫なのか考えてしまいます。

今回は化粧品の消費期限についてご紹介します。

化粧品の消費期限は?

一般的に市販されている化粧品の消費期限は、未開封のものなら3年くらい持ちます。

開封後の化粧品の場合は、1シーズン〜1年が目安とされています。

ただ注意したいのは、上記はデパートやドラッグストアなど、店頭で買える化粧品の場合であることです。

肌に優しい無添加の化粧品やオーガニックの化粧品の場合には、消費期限がこれよりも短い可能性もあります

特に、防腐剤を一切使用せず、作りたてをすぐに送るため通販のみで販売をしているこだわり化粧品などは消費期限もみじかい傾向にありますので、購入するときには確認してしておきましょう。

消費期限が短い化粧品は肌にも優しい!

肌に優しいスキンケア

上記でも少し触れましたが、消費期限が短い化粧品は防腐剤を使っていない化粧品です。

そういった化粧品は、長期保管には向きませんが、通常ペースで化粧品を使っていれば消費期限内に余裕を持って持って使い終わるようにできています。

通常の化粧品は、あちこちの流通経路を辿って店頭に並ぶため、どうしても長期保管に耐えられるだけの防腐剤を入れる必要があるのです。

海外メーカーの化粧品などは、その最たる例ですね。

防腐剤フリーの、肌に優しく安全性の高い化粧品は店頭に並んで回りにくいので知名度は低いものが多いですが、インターネットワークを除いてみると「使ってみるとその違いは明らか!」な隠れた名品もたくさんあります。

インターネットの場合、注文を受けてから出荷作業に入るとことが可能なので、その分フレッシュな化粧品が手元に届きます

店頭に並んでいる化粧品は、正直製造されてから時間が経ってしまったものも結構ありますので注意が必要です。

 


ツヤ肌先生さくらのまとめ

もし、あなたが化粧品の消費期限の長さよりも、肌への優しさと安全性を求めるのであれば、インターネットで無添加化粧品を選ぶのも1つの方法です。

ツヤ肌先生さくらは、最初はネットで化粧品を買うことに抵抗があったのですが、店頭では買えない防腐剤フリー100%植物由来成分100%美容成分医学会認定の超レアな優秀化粧品に出会ってからは、虜になっています。

このビックリな肌の違いを、あなたもぜひ違いを体験してみて下さい!

>>100%植物由来・美容成分!?の凝縮濃厚化粧品の詳細こちら

 

 

関連記事 関連記事