温泉水が肌に与える効果は?知らないと損する温泉水の驚くべき効果

温泉に行くと肌がツルツルになると言いますよね。

美人の湯と言われ昔から女性に愛される温泉もあり、美容に良いとされて日本人に親しまれてきた温泉水。

温泉水には一体どんな肌に良い効果があるのでしょうか?

美容に敏感なあなたなら、知らないと損する温泉水の効果をご紹介します。

温泉水が肌に与える効果

温泉水が肌に与える効果は大きく分けて2種類あります。

なんとなく「温泉は肌がキレイになる!」と思い込んでいませんでしたか?

温泉水の美肌効果には理由があるんです。

ピンクのチェックマーク肌の保湿効果

スキンケアする女性

温泉水にはミネラルがたくさん含まれています。

そのミネラルのバランスが体のミネラルバランスと似ている温泉水は、肌への浸透が良く、保湿効果を上げる働きをしてくれます

化粧品に含まれている温泉水は、数多い温泉水から体に近いミネラルバランスの物が使用されています。

温泉水は、肌に必要なミネラルと潤いを与えるにはぴったりなのです。

ピンクのチェックマーク肌のピーリング効果

温泉に入る女性

ピーリングと聞くと、敏感肌の方には少し抵抗があるかもしれませんね。

そんなあなたも大丈夫!

温泉水は肌に負担のある普通のピーリングとは違い、肌に優しく「余分な角質だけ」を落とす効果があります。

アルカリ性の温泉水と酸性の温泉水で肌への効果が違う!?

全ての温泉がどの方の肌にも効果的とは限りません。

温泉水の性質を知った上で、賢く使用して美肌を手に入れましょう。

 

温泉に入る女性

 

温泉水には、アルカリ性の温泉水と酸性の温泉水があります。

これらは得られる効果が違うことをご存知ですか?

 

【 温泉水の区別 】
酸性泉pH3未満
弱酸性泉pH3~6未満
中性泉pH6~7.5未満
弱アルカリ性泉pH7.5~8.5未満
アルカリ性泉pH8.5以上

 

ピンクのチェックマークアルカリ性の温泉水の肌への効果

アルカリ性の温泉水は、肌の古い角質を柔らかくして毛穴に詰まった汚れを浮かせたり、メラニンの分解を促進したりする性質を持っています。

そのため温泉に入ると肌がすべすべする感じがします。

しかし、アルカリ性が強いと肌がヒリヒリしたり、肌荒れの原因に・・・。

特に敏感肌の方は、あまり強いアルカリ性の温泉水を使用するのは控えましょう。

肌に優しくピーリング効果も発揮してくれるのが「弱アルカリ性」の温泉水です。

温泉水を使用する時は、弱アルカリ性のものを選ぶと安心です。

ピンクのチェックマーク酸性の温泉水の肌への効果

酸性の温泉水には肌の殺菌作用があり、アトピーやニキビに効果的です。

また、皮膚の表面をを溶かして肌の自然治癒力を促進する働きもあります。

一般的に、硫黄の香りがする温泉は酸性の温泉が多いです。

酸性が強いと敏感肌の方は肌を痛めてしまう可能性があるので、酸性の温泉水を使う場合は「弱酸性」の温泉水がいいですね。

肌は弱酸性なので弱酸性の温泉水は肌に負担がなく、敏感肌の方にも安心して使用できます。

酸性の温泉水は付けた後に、水で洗い流すことが必要になります

酸性の温泉水は殺菌効果やピーリング効果などがありますが、肌に付けたままにしておくと必要な肌の成分まで落としてしまい肌の負担になることもあります。

そのため、保湿化粧品には酸性の温泉水を使用する事はほとんどありません。

酸性の温泉に行った時も、シャワーで流して出るようにしましょう!

 


matome

温泉水は古くから愛されている美肌のための化粧水です。

ただし、泉質によっては肌に負担をかけてしまうので、温泉水入りの化粧水を選ぶ時にも気をつけましょう。

自然の力を借りて綺麗な肌を手に入れたいですね。

 

>>【驚愕の浸透力が980円!?】温泉水配合95.8%美容成分の化粧水はこちら

 

 

エイジングケアランキング

緑の矢印差がつく前に・・・数年後を変える今のケア【エイジングケアランキング】

 

 

関連記事 関連記事